青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO 別役みか朗読 泉鏡花「山の手小景」

青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェ別役みか朗読 泉鏡花「山の手小景」

 

山の手小景

泉鏡花

矢來町やらいちやう

「お美津みつ、おい、一寸ちよつと、あれい。」とかた擦合すりあはせて細君さいくんんだ。旦那だんなふは、しま銘仙めいせんあはせ白縮緬しろちりめんおびしたにフランネルの襯衣シヤツ、これを長襦袢ながじゆばんくらゐ心得こゝろえひとだから、けば/\しく一着いつちやくして、羽織はおりず、洋杖ステツキをついて、紺足袋こんたび山高帽やまたかばういたゞいてる、たか人物じんぶつ
なんですか。」
一寸ちよつと横顏よこがほ旦那だんなはう振向ふりむけて、ぐに返事へんじをした。細君さいくんが、またたゞちに良人をつとくちおうじたのは、けだめづらしいので。……西洋せいやうことわざにも、能辯のうべんぎんごとく、沈默ちんもくきんごとしとある。
れば、神樂坂かぐらざかきがけに、前刻さつき郵便局いうびんきよくまへあたりで、水入みづいらずの夫婦ふうふ散歩さんぽたのに、あまはなしがないから、
美津みつ下駄げたうてやるか。)とつてたが、だまつて返事へんじをしなかつた。貞淑ていしゆくなる細君さいくんは、品位ひんゐたもつこと、あたか大籬おほまがき遊女いうぢよごとく、廊下らうか會話くわいわまじへるのは、はしたないとおもつたのであらう。
(あゝん、のさきの下駄げたはうえゝか、おまへすきところへ、あゝん。)とねんれてたが、矢張やつぱりだまつて、爾時そのときは、おなじ横顏よこがほ一寸ちよつとそむけて、あらぬところた。
丁度ちやうど左側ひだりがはを、二十はたちばかりのいろしろをとことほつた。旦那だんなやゝにごつたこゑ調子高てうしだかに、
(あゝん、うぢや。)
いやですことねえ、)となにともかぬことをつたのであるが、其間そのかん消息せうそくおのづか神契しんけい默會もくくわい
(にやけたやつぢや、國賊こくぞくちゆう!)とこゝろよげに、小指こゆびさきほどな黒子ほくろのあるひらた小鼻こばなうごめかしたのである。ふまでもないが、のほくろはきはめて僥倖げうかうなかばひげにかくれてるので。さて銀側ぎんがは懷中くわいちう時計どけいは、散策さんさくさいはなさず、くだんおび卷着まきつけてあるのだから、とき自分じぶんにもあきらかであらう、さき郵便局いうびんきよくまへとほつたのが六時ろくじ三十分さんじつぷんで、かへみち通懸とほりかゝつたのが、十一時じふいちじ少々せう/\ぎてた。

2015年12月25日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です