朗読カフェSTUDIO 二宮隆朗読 森鴎外「牛鍋」


青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO 二宮隆朗読 森鴎外「牛鍋」
牛鍋

森鴎外

 鍋なべはぐつぐつ煮える。
 牛肉の紅くれないは男のすばしこい箸はしで反かえされる。白くなった方が上になる。
 斜に薄く切られた、ざくと云う名の葱ねぎは、白い処が段々に黄いろくなって、褐色の汁の中へ沈む。
 箸のすばしこい男は、三十前後であろう。晴着らしい印半纏しるしばんてんを着ている。傍そばに折鞄おりかばんが置いてある。
 酒を飲んでは肉を反す。肉を反しては酒を飲む。
 酒を注いで遣やる女がある。
 男と同年位であろう。黒繻子くろじゅすの半衿はんえりの掛かった、縞しまの綿入に、余所行よそゆきの前掛をしている。
 女の目は断えず男の顔に注がれている。永遠に渇しているような目である。
 目の渇かわきは口の渇を忘れさせる。女は酒を飲まないのである。
 箸のすばしこい男は、二三度反した肉の一切れを口に入れた。
 丈夫な白い歯で旨うまそうに噬かんだ。
 永遠に渇している目は動く※(「月+咢」、第3水準1-90-51)あごに注がれている。
 しかしこの※(「月+咢」、第3水準1-90-51)に注がれているのは、この二つの目ばかりではない。目が今二つある。
 今二つの目の主ぬしは七つか八つ位の娘である。無理に上げたようなお煙草たばこぼん盆に、小さい花簪はなかんざしを挿している。
 白い手拭てぬぐいを畳んで膝ひざの上に置いて、割箸を割って、手に持って待っているのである。
 男が肉を三切きれ四切食った頃に、娘が箸を持った手を伸べて、一切れの肉を挟もうとした。男に遠慮がないのではない。そんならと云って男を憚はばかるとも見えない。
「待ちねえ。そりゃあまだ煮えていねえ。」
 娘はおとなしく箸を持った手を引っ込めて、待っている。
 永遠に渇している目には、娘の箸の空むなしく進んで空しく退いたのを見る程の余裕がない。
 暫しばらくすると、男の箸は一切れの肉を自分の口に運んだ。それはさっき娘の箸の挟もうとした肉であった。
 娘の目はまた男の顔に注がれた。その目の中には怨も怒もない。ただ驚がある。
 永遠に渇している目には、四本の箸の悲しい競争を見る程の余裕がなかった。
 女は最初自分の箸を割って、盃洗はいせんの中の猪口ちょくを挟んで男に遣った。箸はそのまま膳の縁に寄せ掛けてある。永遠に渇している目には、またこの箸を顧みる程の余裕がない。
 娘は驚きの目をいつまで男の顔に注いでいても、食べろとは云って貰もらわれない。もう好い頃だと思って箸を出すと、その度毎に「そりゃあ煮えていねえ」を繰り返される。
 驚の目には怨も怒もない。しかし卵から出たばかりの雛ひなに穀物を啄ついばませ、胎を離れたばかりの赤ん坊を何にでも吸い附かせる生活の本能は、驚の目の主ぬしにも動く。娘は箸を鍋から引かなくなった。
 男のすばしこい箸が肉の一切れを口に運ぶ隙すきに、娘の箸は突然手近い肉の一切れを挟んで口に入れた。もうどの肉も好く煮えているのである。
 少し煮え過ぎている位である。
 男は鋭く切れた二皮目で、死んだ友達の一人娘の顔をちょいと見た。叱しかりはしないのである。
 ただこれからは男のすばしこい箸が一層すばしこくなる。代りの生なまを鍋に運ぶ。運んでは反す。反しては食う。
 しかし娘も黙って箸を動かす。驚の目は、ある目的に向って動く活動の目になって、それが暫らくも鍋を離れない。
青空文庫より

2015年11月24日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です