青空文庫名作文学の朗読 「最小人間の怪」海野十三


朗読カフェSTUDIO
青空文庫名作文学の朗読
西村俊彦朗読「最小人間の怪」海野十三

最小人間の怪

――人類のあとを継ぐもの――

海野十三

この秘話ひわをしてくれたN博士も、先々月この世を去った。今は、博士の許可を得ることなしに、ちょっぴり書き綴つづるわけだが、N博士の霊魂なるものがあらば、にがい顔をするかもしれない。
以下は、N博士の物語るところだ。
私は大正十五年十二月二十六日の昼間、霧島の山中において、前代未聞の妖怪に出会った。
当時私は、冬山における動物の生態研究をつづけていたのだ。
私はキャンプを張り、幾週間も山中で起き伏ふしていた。あたりはかなり深い山懐で、木樵きこりも見かけず、猟師にさえ会わなかった。私ひとりでこの深山しんざんを占有しているような気持がし、私の心は暢々ちょうちょうとしていた。
或る朝、起きてキャンプを出てみると、外は真白になっていた。降雪こうせつが夜のうちにあったのだ。そしてその日、妖怪に出会ったのである。
その妖怪は雪どけの水が落ちて、水溜を作っているそのそばにいた。はじめは蛙かえるの子がうごめいているように思ったが、蛙の子にしてはすこし変なので、よく見ると、それはふしぎにも人間の形をしたものであった。が、人間ではない。背丈が二三センチに過ぎなかった
青空文庫より

2015年10月14日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です