田中貢太郎「白い小犬を抱いた女」朗読カフェ 小宮千明朗読

田中貢太郎「白い小犬を抱いた女」朗読カフェ 小宮千明朗読

白い小犬を抱いた女

田中貢太郎

某夜あるよ、某運転手が護国寺の墓地を通っていると、白い小犬を抱いた女が来て車を停めた。そこで運転手は女の云うままに逢初あいそめ橋まで往くと、女が、
「ちょっと待っててね」
 と云って、犬を抱いたままおりて、そばの立派な門構もんがまえの家へ入って往ったが、一時間近くなって出て来ないので、運転手はしかたなしにその家へ往った。すると一人の老婦人が出て、
「私の家には、女の子はいないのですが」
 と云った。運転手はそれまでは[#「それまでは」はママ]乗り逃げをせられたのかと思いながら、やるともなしに土間へ眼をやった。土間には彼女の抱いていた小犬がちょこなんと坐っていた。
「この犬を抱いて来た方ですよ」
 すると老婦人の顔色が変った。
「この犬を、この犬ですって」
 そこで運転手は一とおりその女の容貌を話した。みるみる老婦人の眼に涙が湧いた。
「それでは、やっぱりうちの娘でございますよ、明日が一周忌になりますから、それで帰って来たものですよ」
 老婦人はそれから土間へおりてその小犬を抱きあげた。

2020年8月8日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です