新美南吉「飴だま」朗読カフェ 小宮千明朗読

新美南吉「飴だま」朗読カフェ 小宮千明朗読

飴だま

新美南吉

 春のあたたかい日のこと、わたしぶねにふたりの小さな子どもをつれた女の旅人たびびとがのりました。
ふねが出ようとすると、
「おオい、ちょっとまってくれ。」
と、どての向こうから手をふりながら、さむらいがひとり走ってきて、舟にとびこみました。
ふねは出ました。
 さむらいは舟のまん中にどっかりすわっていました。ぽかぽかあたたかいので、そのうちにいねむりをはじめました。
 黒いひげをはやして、つよそうなさむらいが、こっくりこっくりするので、子どもたちはおかしくて、ふふふとわらいました。
 お母さんは口に指をあてて、
「だまっておいで。」
といいました。さむらいがおこってはたいへんだからです。
 子どもたちはだまりました。
 しばらくするとひとりの子どもが、
「かあちゃん、あめだまちょうだい。」
と手をさしだしました。
 すると、もうひとりの子どもも、
「かあちゃん、あたしにも。」
といいました。
 お母さんはふところから、紙のふくろをとりだしました。ところが、あめだまはもう一つしかありませんでした。
「あたしにちょうだい。」
「あたしにちょうだい。」
 ふたりの子どもは、りょうほうからせがみました。あめだまは一つしかないので、お母さんはこまってしまいました。
「いい子たちだから待っておいで、向こうへついたら買ってあげるからね。」
といってきかせても、子どもたちは、ちょうだいよオ、ちょうだいよオ、とだだをこねました。
 いねむりをしていたはずのさむらいは、ぱっちりをあけて、子どもたちがせがむのをみていました。
 お母さんはおどろきました。いねむりをじゃまされたので、このおさむらいはおこっているのにちがいない、と思いました。
「おとなしくしておいで。」
と、お母さんは子どもたちをなだめました。
 けれど子どもたちはききませんでした。
 するとさむらいが、すらりとかたなをぬいて、お母さんと子どもたちのまえにやってきました。
 お母さんはまっさおになって、子どもたちをかばいました。いねむりのじゃまをした子どもたちを、さむらいがきりころすと思ったのです。
あめだまを出せ。」
とさむらいはいいました。
 お母さんはおそるおそるあめだまをさしだしました。
 さむらいはそれをふねのへりにのせ、刀でぱちんと二つにわりました。
 そして、
「そオれ。」
とふたりの子どもにわけてやりました。
 それから、またもとのところにかえって、こっくりこっくりねむりはじめました。

2020年8月8日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です