2017年12月

  • 宮沢賢治「耕耘部の時計」喜多川拓郎朗読

    12.88
    Oct 26, 2017

    耕耘部の時計

    宮沢賢治

    一、午前八時五分

    農場の耕耘部かううんぶの農夫室は、雪からの反射で白びかりがいっぱいでした。
    まん中の大きなかまからは湯気が盛んにたち、農夫たちはもう食事もすんで、脚絆きゃはんを巻いたり藁沓わらぐつをはいたり、はたらきに出る支度をしてゐました。
    にはかに戸があいて、赤い毛布けっとでこさへたシャツを着た若い血色のいゝ男がはひって来ました。
    みんなは一ぺんにそっちを見ました。
    その男は、黄いろなゴムの長靴ながぐつをはいて、脚をきちんとそろへて、まっすぐに立ってひました。
    「農夫長の宮野目さんはどなたですか。」
    「おれだ。」
    かゞんで炉に靴下を乾かしてゐたせいの低い犬の毛皮を着た農夫が、腰をのばして立ちあがりました。
    「何か用かい。」
    「私は、今事務所から、こちらで働らけと云はれてやって参りました。」
    農夫長はうなづきました。
    「さうか。丁度いゝ所だった。昨夜はどこへ泊った。」
    「事務所へ泊りました。」
    「さうか。丁度よかった。この人について行ってれ。玉蜀黍きみの脱穀をしてるんだ。機械は八時半から動くからな。今からすぐ行くんだ。」農夫長は隣りで脚絆を巻いてゐる顔のまっ赤な農夫を指しました。
    「承知しました。」
    みんなはそれっきり黙って仕度しました。赤シャツはみんなの仕度する間、入口にまっすぐに立って、へやの中を見まはしてゐましたが、ふと室の正面にかけてある円い柱時計を見あげました。
    その盤面ダイアルは青じろくて、ツルツル光って、いかにも舶来の上等らしく、どこでも見たことのないやうなものでした。
    赤シャツは右腕をあげて自分の腕時計を見て何気なく低くつぶやきました。
    「あいつは十五分進んでゐるな。」それから腕時計の竜頭りゅうづを引っぱって針を直さうとしました。そしたらさっきから仕度ができてめづらしさうにこの新らしい農夫の近くに立ってそのやうすを見てゐた子供の百姓が俄かにくすりと笑ひました。
    するとどう云ふわけかみんなもどっと笑ったのです。一斉にその青じろい美しい時計の盤面ダイアルを見あげながら。
    赤シャツはすっかりどきまぎしてしまひました。そしてきまりの悪いのを軽く足ぶみなどをしてごまかしながらみんなの仕度のできるのを待ってゐました。

    二、午前十二時

    る、る、る、る、る、る、る、る、る、る、る。
    脱穀器は小屋やそこら中の雪、それからすきとほったつめたい空気をふるはせてまはりつゞけました。
    小屋の天井にのぼった人たちは、器械の上の方からどんどん乾いた玉蜀黍たうもろこしをはふり込みました。
    それはたちまち器械の中で、きれいな黄色の穀粒と白い細長いしんとにわかれて、器械の両側に落ちて来るのでした。今朝来たばかりの赤シャツの農夫は、シャベルで落ちて来る穀粒をしゃくって向ふに投げ出してゐました。それはもう黄いろの小山を作ってゐたのです。二人の農夫は次から次とせはしく落ちて来る芯を集めて、小屋のうしろの汽罐室きくゎんしつに運びました。
    ほこりはいっぱいに立ち、ひるちかくの日光は四つの窓から四本の青い棒になって小屋の中に落ちました。赤シャツの農夫はすっかりちりにまみれ、しきりに汗をふきました。
    にはかにピタッとたうもろこしの粒の落ちて来るのがとまりました。それからもう四粒ばかりぽろぽろっところがって来たと思ふとあとは器械ばかりまるで今までとちがった楽なやうな音をたてながらまはりつゞけました。
    「無くなったな。」赤シャツの農夫はつぶやいて、も一度シャツのそででひたひをぬぐひ、胸をはだけて脱穀小屋の戸口に立ちました。
    「これで午だ。」天井でも叫んでゐます。
    る、る、る、る、る、る、る、る、る、る。
    器械はやっぱり凍ったはたけや牧草地の雪をふるはせてまはってゐます。
    脱穀小屋のひさしの下に、貯蔵庫から玉蜀黍のそりをいて来た二ひきの馬が、首を垂れてだまって立って居ました。
    赤シャツの農夫は馬に近よってくびを平手でたたかうとしました。
    その時、向ふの農夫室のうしろの雪の高みの上に立てられた高い柱の上の小さな鐘が、前後にゆれ出し音はカランカランカランカランとうつくしく雪を渡って来ました。今までじっと立ってゐた馬は、この時一緒に頸をあげ、いかにもきれいに歩調を踏んで、うまやの方へ歩き出し、からのそりはひとりでに馬について雪を滑って行きました。赤シャツの農夫はすこしわらってそれを見送ってゐましたが、ふと思ひ出したやうに右手をあげて自分の腕時計を見ました。そして不思議さうに、
    「今度は合ってゐるな。」とつぶやきました。

    三、午后零時五十分

    ひるの食事が済んでから、みんなは農夫室の火を囲んでしばらくやすんで居ました。炭火はチラチラ青いほのほを出し、窓ガラスからはうるんだ白い雲が、額もかっと痛いやうなまっ青なそらをあてなく流れて行くのが見えました。
    「お前、郷里くにはどこだ。」農夫長は石炭函せきたんばこにこしかけて両手を火にあぶりながら今朝来た赤シャツにたづねました。
    「福島です。」
    「前はどこに居たね。」
    六原ろくはらりました。」
    「どうして向ふをやめたんだい。」
    「一ペん郷国くにへ帰りましてね、あすこも陰気でいやだから今度はこっちへ来たんです。」
    「さうかい。六原に居たんぢゃ馬は使へるだらうな。」
    「使へます。」
    「いつまでこっちに居る積りだい。」
    「ずっと居ますよ。」
    「さうか。」農夫長はだまってしまひました。
    一人の農夫が兵隊の古外套ふるぐゎいたうをぬぎながら入って来ました。
    「場長は帰ってゐるかい。」
    「まだ帰らないよ。」
    「さうか。」
    時計ががちっと鳴りました。あの蒼白あをじろいつるつるの瀬戸でできてゐるらしい立派な盤面ダイアルの時計です。
    「さあぢき一時だ、みんな仕事に行って呉れ。」農夫長が云ひました。
    赤シャツの農夫はまたこっそりと自分の腕時計を見ました。
    たしかに腕時計は一時五分前なのにその大きな時計は一時二十分前でした。農夫長はぢき一時だと云ひ、時計もたしかにがちっと鳴り、それに針は二十分前、今朝は進んでさっきは合ひ、今度は十五分おくれてゐる、赤シャツはぼんやりダイアルを見てゐました。
    にはかにたれかがクスクス笑ひました。みんなは続いてどっと笑ひました。すっかり今朝の通りです。赤シャツの農夫はきまり悪さうに、急いで戸をあけて脱穀小屋の方へ行きました。あとではまだみんなの気のよささうな笑ひ声にまじって、
    「あいつは仲々気取ってるな。」
    「時計ばかり苦にしてるよ。」といふやうな声が聞えました。

    四、

    日暮れからすっかり雪になりました。
    外ではちらちらちらちら雪が降ってゐます。
    農夫室には電燈が明るくき、火はまっ赤におこりました。
    赤シャツの農夫は炉のそばの土間に燕麦オートわらを一束敷いて、その上に足を投げ出して座り、小さな手帳に何か書き込んでゐました。
    みんなは本部へ行ったり、停車場まで酒をみに行ったりして、へやにはたゞ四人だけでした。
    (一月十日、玉蜀黍きみ脱穀)と赤シャツは手帳に書きました。
    「今夜積るぞ。」
    「一尺は積るな。」
    帝釈たいしゃくの湯で、くま又捕れたってな。」
    「さうか。今年は二疋目だな。」
    その時です。あの蒼白い美しい柱時計がガンガンガンガン六時を打ちました。
    わらの上の若い農夫はぎょっとしました。そして急いで自分の腕時計を調べて、それからまるで食ひ込むやうに向ふの怪しい時計を見つめました。腕時計も六時、柱時計の音も六時なのにその針は五時四十五分です。今度はおくれたのです。さっき仕事を終って帰ったときは十分進んでゐました。さあ、今だ。赤シャツの農夫はだまって針をにらみつけました。二人の炉ばたの百姓たちは、それを見て又面白さうに笑ったのです。
    さあ、その時です。いままで五時五十分を指してゐた長い針がにはかにいなづまのやうに飛んで、一ぺんに六時十五分の所まで来てぴたっととまりました。
    「何だ、この時計、針のねぢが緩んでるんだ。」
    赤シャツの農夫は大声で叫んで立ちあがりました。みんなもも一度わらひました。
    赤シャツの農夫は、窓ぶちにのぼって、時計のふたをひらき、針をがたがた動かして見てから、盤に書いてある小さな字を読みました。
    「この時計、上等だな。巴里パリ製だ。針がゆるんだんだ。」
    農夫は針の上のねぢをまはしました。
    「修繕したのか。うな、時計屋に居たな。」炉のそばの年老としとった農夫が云ひました。若い農夫は、も一度自分の腕時計に柱時計の針を合せて、安心したやうに蓋をしめ、ぴょんと土間にはね降りました。
    外では雪がこんこんこんこん降り、酒呑みに出掛けた人たちも、停車場まで行くのはやめたらうと思はれたのです。

  • 夏目漱石「こころ」下 43 44 山口雄介朗読

    13.00
    Oct 25, 2017

    四十三

    「そのころ覚醒かくせいとか新しい生活とかいう文字もんじのまだない時分でした。しかしKが古い自分をさらりと投げ出して、一意いちいに新しい方角へ走り出さなかったのは、現代人の考えが彼に欠けていたからではないのです。彼には投げ出す事のできないほどたっとい過去があったからです。彼はそのために今日こんにちまで生きて来たといってもいいくらいなのです。だからKが一直線に愛の目的物に向って猛進しないといって、決してその愛の生温なまぬるい事を証拠立てる訳にはゆきません。いくら熾烈しれつな感情が燃えていても、彼はむやみに動けないのです。前後を忘れるほどの衝動が起る機会を彼に与えない以上、Kはどうしてもちょっと踏みとどまって自分の過去を振り返らなければならなかったのです。そうすると過去が指し示すみちを今まで通り歩かなければならなくなるのです。その上彼には現代人のもたない強情ごうじょうと我慢がありました。私はこの双方の点においてよく彼の心を見抜いていたつもりなのです。
    上野うえのから帰った晩は、私に取って比較的安静なでした。私はKがへやへ引き上げたあとを追い懸けて、彼の机のそばすわり込みました。そうして取り留めもない世間話をわざと彼に仕向けました。彼は迷惑そうでした。私の眼には勝利の色が多少輝いていたでしょう、私の声にはたしかに得意の響きがあったのです。私はしばらくKと一つ火鉢に手をかざしたあと、自分の室に帰りました。ほかの事にかけては何をしても彼に及ばなかった私も、その時だけは恐るるに足りないという自覚を彼に対してもっていたのです。
    私はほどなく穏やかな眠りに落ちました。しかし突然私の名を呼ぶ声で眼を覚ましました。見ると、間のふすまが二しゃくばかりいて、そこにKの黒い影が立っています。そうして彼の室にはよいの通りまだ燈火あかりいているのです。急に世界の変った私は、少しのあいだ口をく事もできずに、ぼうっとして、その光景をながめていました。
    その時Kはもう寝たのかと聞きました。Kはいつでも遅くまで起きている男でした。私は黒い影法師かげぼうしのようなKに向って、何か用かと聞き返しました。Kは大した用でもない、ただもう寝たか、まだ起きているかと思って、便所へ行ったついでに聞いてみただけだと答えました。Kは洋燈ランプを背中に受けているので、彼の顔色や眼つきは、全く私には分りませんでした。けれども彼の声は不断よりもかえって落ち付いていたくらいでした。

    青空文庫より

  • 宮沢賢治「或る農学生の日誌」喜多川拓郎朗読

    40.62
    Oct 23, 2017

    或る農学生の日誌

    宮沢賢治

    ぼくはのう学校の三年生になったときから今日まで三年の間のぼくの日誌にっし公開こうかいする。どうせぼくは字も文章ぶんしょう下手へただ。ぼくと同じように本気に仕事しごとにかかった人でなかったらこんなものじついや面白おもしろくもないものにちがいない。いまぼくが読みかえしてみてさえ実に意気地いくじなく野蛮やばんなような気のするところがたくさんあるのだ。ちょうど小学校の読本の村のことを書いたところのようにじつにうそらしくてわざとらしくていやなところがあるのだ。けれどもぼくのはほんとうだから仕方しかたない。ぼくらは空想くうそうでならどんなことでもすることができる。けれどもほんとうの仕事はみんなこんなにじみなのだ。そしてその仕事をまじめにしているともう考えることも考えることもみんなじみな、そうだ、じみというよりはやぼな所謂いわゆる田舎臭いなかくさいものにかわってしまう。
    ぼくはひがんでうのでない。けれどもぼくが父とふたりでいろいろな仕事のことを云いながらはたらいているところを読んだら、ぼくをけいべつする人がきっと沢山たくさんあるだろう。そんなやつをぼくはたたきつけてやりたい。ぼくは人を軽べつするかそうでなければねたむことしかできないやつらはいちばん卑怯ひきょうなものだと思う。ぼくのようにはたらいている仲間なかまよ、仲間よ、ぼくたちはこんな卑怯さを世界せかいからくしてしまおうでないか

  • 江戸川乱歩 「少年探偵団24「大爆発」」別役みか朗読

    15.40
    Oct 20, 2017

    大爆発

    二十面相は、十一体の仏像のピストルにかこまれ、明智探偵の監視をうけながら、もうあきらめはてたように美術室の中を、フラフラと歩きまわりました。
    「ああ、せっかくの苦心も水のあわか。おれは何よりも、この美術品をうしなうのがつらいよ。明智君、武士のなさけだ。せめて名ごりをおしむあいだ、外の警官を呼ぶのを待ってくれたまえね。」
    二十面相は、早くもそれをさとっていました。いかにも彼の推察すいさつしたとおり、この洋館の外は、数十人の警官隊によって、アリのはいでるすきもなく、ヒシヒシと四ほうからとりかこまれていたのです。
    明智探偵も、怪人のしおらしいなげきには、いささかあわれをもよおしたのでしょう。「さあ、ぞんぶんに名ごりをおしむがいい。」といわぬばかりに、じっともとの場所にたたずんだまま、腕組みをしています。
    二十面相は、しおしおとして、部屋の中を行きつもどりつしていましたが、いつとはなしに明智探偵から遠ざかって、部屋の向こうのすみにたどりつくと、いきなりそこへうずくまって、何か床板をゴトゴトとやっていましたが、とつぜん、ガタンというはげしい音がして、ハッと思うまに、彼の姿は、かき消すように見えなくなってしまいました。
    ああ、これこそ賊の最後の切り札だったのです。美術室の下には、さらに一段深い地下の穴ぐらが用意してあったのです。二十面相は明智のゆだんを見すまして、すばやく穴ぐらのかくしぶたをひらき、その暗やみの中へころがりこんでしまったのです。
    われらの名探偵は、またしても賊のためにまんまとはかられたのでしょうか。このどたん場まで追いつめながら、ついに二十面相をとりにがしてしまったのでしょうか。
    読者諸君、ご安心ください。明智探偵は少しもさわぎませんでした。そして、さもゆかいそうにニコニコと笑っているのです。探偵はゆっくりその穴ぐらの上まで歩いていきますと、あいたままになっている入り口をのぞきこんで、二十面相によびかけました。
    「おいおい、二十面相君、きみは何を血まよったんだい。この穴ぐらをぼくが知らなかったとでも思っているのかい。知らないどころか、ぼくはここをちゃんと牢屋ろうやに使っていたんだよ。よくそのへんを見てごらん。きみの三人の部下が、手足をしばられ、さるぐつわをはめられて、穴ぐらのそこにころがっているはずだぜ。その三人はぼくの仕事のじゃまになったので、ゆうべからそこに引きこもってもらったのさ。その中にひとり、シャツ一枚のやつがいるだろう。ぼくが洋服を拝借したんだよ。そして、つけひげをして、お化粧をして、まんまときみの部下になりすましたのさ。
    ぼくはね、そいつが、大鳥時計店の例の地下道から、にせものの黄金塔をはこびだすのを尾行したんだぜ。そして、きみのかくれがをつきとめたってわけさ。ハハハ……。
    二十面相君、きみはとんだところへ逃げこんだものだね。まるで、われとわが身を牢屋へとじこめたようなものじゃないか。その穴ぐらにはほかに出口なんてありゃしない。つまり地の底の墓場のようなものさ。おかげできみをしばる手数がはぶけたというものだよ。ハハハ……。」
    明智はさもおかしそうに笑いながら、十一体の仏像どものほうをふりむきました。
    「小林君、もうここはいいから、みんなをつれて外へ出たまえ。そして、警官隊に、二十面相を引きとりにくるよう伝えてくれたまえ。」
    それを聞きますと、将軍の号令でも受けたように、十一体の仏像は、サッとれんげ台をとびおりて、部屋の中央に整列しました。仏像が少年探偵団員のきばつな変装姿であったことは、読者諸君も、とっくにお察しになっていたでしょうね。
    団員たちは、うらみかさなる二十面相の逮捕を、指をくわえて見ていることができなかったのです。たとえ明智探偵の足手まといになろうとも、何か一役引きうけないでは、気がすまなかったのです。
    そこで、小林団長のいつかの知恵にならって、賊の美術室にちょうど十一体の仏像があるのをさいわい、そのうす暗い地下室で、団員ぜんぶが仏像にけ、にくい二十面相をゾッとさせる計略を思いたちました。そして小林少年を通じて、明智探偵にせがんだすえ、とうとうその念願をはたしたのです。
    その夜明け、賊の部下に変装した明智探偵のあいずを受け、林の中をかけだした黒い人かげは、ほかならぬ小林少年でした。小林君はそれからしばらくして、少年探偵団員を引きつれ、賊のかくれがにやってきたのでした。
    十一体の仏像は正しく三列にならんで、明智探偵をみつめ、そろって挙手きょしゅの礼をしたかとおもうと、
    「明智先生、ばんざーい。少年探偵団、ばんざーい。」
    と、かわいい声をはりあげてさけびました。そして、まわれ右をすると、小林少年を先頭に、奇妙な仏像の一群は、サーッと地下室をかけだしていったのです。
    あとには、穴ぐらの入り口と、その底とで、名探偵と怪盗とのさし向かいでした。
    「かわいい子どもたちだよ。あれらが、どれほど深くきみをにくんでいたと思う。それはおそろしいほどだったぜ。あたりまえならば、こんなところへ来させるものではないけれど、あまり熱心にせがまれるので、ぼくもいじらしくなってね。それに、相手は紳士の二十面相君だ。血のきらいな美術愛好者だ。まさか危険もあるまいと、ついゆるしてしまったのだが、あの子どもたちのおかげで、ぼくは、すっかりきみの機先きせんを制することができた。仏像が動きだしたときの、きみの顔といったらなかったぜ。ハハハ……、子どもだといってばかにできないものだね。」
    明智探偵は、警官隊が来るまでのあいだを、まるでしたしい友だちにでもたいするように、何かと話しかけるのでした。
    「フフフ……、二十面相は紳士泥棒か。二十面相は血がきらいか。ありがたい信用をはくしたもんだな。しかしね、探偵さん、その信用もばあいによりけりだぜ。」
    地底の暗やみから、二十面相の陰気な声が、すてばちのようにひびいてきました。
    「ばあいによりけりとは?」
    「たとえばさ……。今のようなばあいさ。つまり、おれはここでいくらじたばたしたって、もうのがれられっこはない。しかも、その頭の上には、知恵でも腕力でもとてもかなわない敵がいるんだ。やつざきにしてもあきたりないやつがいるんだ。」
    「ハハハ……、そこできみとぼくと、真剣勝負をしようとでもいうのか。」
    「今になって、そんなことがなんになる。この家はおまわりにかこまれているんだ。いや、そういううちにも、ここへおれをひっとらえに来るんだ。おれのいうのは、勝負をあらそうのじゃない。まあ早くいえばさしちがえだね。」
    怪盗の声はいよいよ陰にこもって、すごみをましてきました。
    「え、さしちがえだって?」
    「そうだよ。おれは紳士泥棒だから、飛び道具も刃物も持っちゃいない。だから、むかしの侍みたいなさしちがえをやるわけにはいかん。そのかわりにね、すばらしいことがあるんだ。ね、探偵さん、きみはとんでもない見おとしをやっているぜ。
    フフフ……、わかるまい。この穴ぐらの中にはね、二つ三つの洋酒のたるがころがっている。きみはそれを見ただろうね。ところが、探偵さん。このたるの中には、いったい何がはいっていると思うね。
    フフフ……、おれはこういうこともあろうかと、ちゃんとわが身のしまつを考えておいたんだ。きみはさっき、この穴ぐらを墓場だといったっけねえ。いかにも墓場だよ。おれは墓場と知ってころがりこんだのさ。骨も肉もみじんも残さず、ふっとんでしまう墓場だぜ。
    わかるかい。火薬だよ。このたるの中にはいっぱい火薬がつまっているのさ。
    おれは刃物を持っていないけれど、マッチは持っているんだぜ。そいつをシュッとすって、たるの中に投げこめば、きみもおれも、たちまちこっぱみじんさ。フフフ……。」
    そして、二十面相は、その火薬のつまっているというたるを、ゴロゴロと穴ぐらのまんなかにころがして、そのふたをとろうとしているようすなのです。
    さすがの名探偵も、これにはアッと声をたてないではいられませんでした。
    「しまった。しまった。なぜあのたるの中をしらべて見なかったのだろう。」
    くやんでも、いまさらしかたがありません。
    いくらなんでも、二十面相の死の道づれになることはできないのです。名探偵には、まだまだ世の中のために、はたさなければならぬ仕事が、山のようにあるのです。逃げるほかにてだてはありません。探偵の足が早いか、賊が火薬のふたをあけ、火を点じるのが早いか、命がけの競争です。
    明智はパッととびあがると、まるで弾丸だんがんのように、地下室を走りぬけ、階段を三段ずつ一とびにかけあがって、洋館の玄関にかけだしました。ドアをひらくと、出あいがしらに、十数名の制服警官が、二十面相逮捕のために、いま屋内にはいろうとするところでした。
    「いけないっ、賊は火薬に火をつけるのです。早くお逃げなさい。」
    探偵は警官たちをつきとばすようにして、林の中へ走りこみました。あっけにとられた警官たちも、「火薬」ということばに、きもをつぶして、同じように林の中へ。
    「みんな、建物をはなれろ! 爆発がおこるんだ。早く、逃げるんだ。」
    建物の四ほうをとりまいていた警官隊は、そのただならぬさけび声に、みな丘のふもとへかけおりました。どうして、そんなよゆうがあったのか、あとになって考えてみると、ふしぎなほどでした。二十面相はたるのふたをあけるのにてまどったのでしょうか。それともマッチがしめってでもいたのでしょうか。ちょうど人々が危険区域から遠ざかったころ、やっと爆発がおこりました。
    それはまるで地震のような地ひびきでした。洋館ぜんたいが宙天ちゅうてんにふっとんだかとうたがわれるほどの大音響でした。でも、閉じていた目をおずおずとひらいてみると、賊のかくれがは、べつじょうなく目の前に立っていました。爆発はただ地下室から一階の床をつらぬいただけで、建物の外部には、なんの異状もないのでした。
    しかし、やがて、一階の窓から、黒い煙がムクムクと吹きだしはじめました。そして、それがだんだん濃くなって、建物をつつみはじめるころには、まっ赤なかえんが、まるで巨大な魔物の舌のように、どの窓からも、メラメラとたちのぼり、みるみる建物ぜんたいが火のかたまりとなってしまいました。
    このようにして、二十面相はさいごをとげたのでした。
    火災が終わってから、焼けあとのとりしらべがおこなわれたのは申すまでもありません。しかし、二十面相がいったとおり、肉も骨もこっぱみじんにくだけ散ってしまったのか、ふしぎなことに怪盗の死がいはもちろん、三人の部下の死がいも、まったく、発見することができませんでした。

    青空文庫より

  • O・ヘンリー 翻訳 山本ゆうじ「魔女のパン」石丸絹子朗読

    11.75
    Oct 18, 2017

    青空文庫より

  • 夏目漱石「こころ」下 43 44 山口雄介朗読

    13.00
    Oct 25, 2017

  • 宮沢賢治「或る農学生の日誌」喜多川拓郎朗読

    40.62
    Oct 23, 2017

  • 朗読カフェライブ朗読会

    9回目朗読カフェ ライブ朗読会のお知らせ

    9回ライブ朗読会

    朗読カフェライブ朗読会出演メンバー

  • 江戸川乱歩 少年探偵団24「「大爆発」」別役みか朗読

    15.40
    Oct 20, 2017

  • O・ヘンリー 翻訳 山本ゆうじ「魔女のパン」石丸絹子朗読

    11.75
    Oct 18, 2017