吉川英治

  • 青空文庫名作文学の朗読
    岡田慎平朗読「三国志」桃園の巻 黄巾賊五吉川英治


    岡田慎平朗読「三国志」桃園の巻吉川英治流行る童歌


    三国志

    桃園の巻
    吉川英治
    黄巾賊こうきんぞく

     後漢ごかんの建寧けんねい元年のころ。
     今から約千七百八十年ほど前のことである。
     一人の旅人があった。
     腰に、一剣を佩はいているほか、身なりはいたって見すぼらしいが、眉まゆは秀ひいで、唇くちは紅あかく、とりわけ聡明そうめいそうな眸ひとみや、豊ゆたかな頬をしていて、つねにどこかに微笑をふくみ、総じて賤いやしげな容子ようすがなかった。
     年の頃は二十四、五。
     草むらの中に、ぽつねんと坐って、膝をかかえこんでいた。
     悠久ゆうきゅうと水は行く――
     微風は爽さわやかに鬢びんをなでる。
     涼秋の八月だ。
     そしてそこは、黄河の畔ほとりの――黄土層の低い断きり岸ぎしであった。
    「おーい」
     誰か河でよんだ。
    「――そこの若い者ウ。なにを見ているんだい。いくら待っていても、そこは渡し舟の着く所じゃないぞ」
     小さな漁船から漁夫りょうしがいうのだった。
     青年は笑えくぼを送って、
    「ありがとう」と、少し頭を下げた。
     漁船は、下流へ流れ去った。けれど青年は、同じ所に、同じ姿をしていた。膝をかかえて坐ったまま遠心的な眼をうごかさなかった。
    「おい、おい、旅の者」
     こんどは、後ろを通った人間が呼びかけた。近村の百姓であろう。ひとりは鶏の足をつかんでさげ、ひとりは農具をかついでいた。
    「――そんな所で、今朝からなにを待っているんだね。このごろは、黄巾賊こうきんぞくとかいう悪徒が立ち廻るからな。役人衆に怪あやしまれるぞよ」
     青年は、振りかえって、
    「はい、どうも」
     おとなしい会釈えしゃくをかえした。
     けれどなお、腰を上げようとはしなかった。
     そして、幾千万年も、こうして流れているのかと思われる黄河の水を、飽あかずに眺めていた。
    (――どうしてこの河の水は、こんなに黄色いのか?)
     汀みぎわの水を、仔細に見ると、それは水その物が黄色いのではなく、砥石といしを粉にくだいたような黄色い沙すなの微粒びりゅうが、水に混まじっていちめんにおどっているため、濁にごって見えるのであった。
    「ああ……、この土も」
     青年は、大地の土を、一つかみ掌てに掬すくった。そして眼を――はるか西北の空へじっと放った。
     支那の大地を作ったのも、黄河の水を黄色くしたのも、みなこの沙の微粒である。そしてこの沙は中央亜細亜アジアの沙漠から吹いてきた物である。まだ人類の生活も始まらなかった何万年も前の大昔から――不断に吹き送られて、積り積った大地である。この広い黄土こうどと黄河の流れであった。
    「わたしのご先祖も、この河を下くだって……」
     彼は、自分の体に今、脈うっている血液がどこからきたか、その遠い根元までを想像していた。
     支那を拓ひらいた漢民族も、その沙の来る亜細亜の山岳を越えてきた。そして黄河の流れに添いつつ次第にふえ、苗族びょうぞくという未開人を追って、農業を拓ひらき、産業を興おこし、ここに何千年の文化を植えてきたものだった。
    「ご先祖さま、みていて下さいまし。いやこの劉備りゅうびを、鞭むち打って下さい。劉備はきっと、漢の民を興します。漢民族の血と平和を守ります」
     天へ向って誓うように、劉備青年は、空を拝していた。
     するとすぐ後ろへ、誰か突っ立って、彼の頭からどなった。
    「うさんな奴やつだ。やいっ、汝は、黄巾賊こうきんぞくの仲間だろう?」
    青空文庫より

  • 朗読カフェSTUDIO、岡田慎平朗読「三国志」桃園の巻吉川英治黄巾賊三

    ゆるやかに、江を下ってくる船の影は、うすずを負って黒く、徐々と眼の前に近づいてきた。ふつうの客船や貨船とちがい、洛陽船はひと目でわかる。無数の紅い龍舌旗りゅうぜつきを帆ばしらにひるがえし、船楼せんろうは五さいに塗ってあった。
    「おうーい」
    劉備りゅうびは手を振った。
    しかし船は一個の彼に見向きもしなかった。
    おもむろにかじを曲げ、スルスルと帆をおろしながら、黄河の流れにまかせて、そこからずっと下流の岸へ着いた。
    百戸ばかりの水村すいそんがある。
    今日、洛陽船を待っていたのは、劉備ひとりではない。岸にはがやがやと沢山な人影がかたまっていた。をひいた仲買人の群れだの、鶏車チイチャーと呼ぶ手押し車に、土地の糸や綿を積んだ百姓だの、獣の肉や果物をかごに入れて待つ物売りだの――すでにそこには、洛陽船を迎えて、いちが立とうとしていた。
    なにしろ、黄河の上流、洛陽の都には今、後漢ごかんの第十二代の帝王、霊帝れいてい居城きょじょうがあるし、珍しい物産や、文化のすいは、ほとんどそこでつくられ、そこから全支那へ行きわたるのである。
    幾月かに一度ずつ、文明の製品を積んだ洛陽船が、この地方へも下江かこうしてきた。そして沿岸の小都市、村、部落など、市の立つところに船を寄せて、交易こうえきした。

    青空文庫より

    朗読カフェSTUDIO、岡田慎平朗読「三国志」桃園の巻吉川英治 黄巾賊四


    「持っております」
    彼は、懐中ふところ革嚢かわぶくろを取出し、銀や砂金を取りまぜて、相手の両掌りょうてへ、惜しげもなくそれを皆あけた。
    「ほ……」
    洛陽の商人は、の上の目量めかたを計りながら、
    「あるねえ。しかし、ぎんがあらかたじゃないか。これでは、よい茶はいくらも上げられないが」
    「何ほどでも」
    「そんなに欲しいのかい」
    「母が眼を細めて、よろこぶ顔が見たいので――」
    「お前さん、商売は?」
    むしろすだれを作っています」
    「じゃあ、失礼だが、これだけのかねをためるにはたいへんだろ」
    「二年かかりました。自分の食べたい物も、着たい物も、節約して」
    「そう聞くと、断われないな。けれどとても、これだけの銀と替えたんじゃ引合わない。なにかほかにないかね」
    「これも添えます」
    劉備りゅうびは、剣のにさげている※(「王+干」、第3水準1-87-83)ろうかんの珠を解いて出した。洛陽の商人は琅※(「王+干」、第3水準1-87-83)などは珍しくない顔つきをして見ていたが、
    「よろしい。おまえさんの孝心に免じて、茶と交易してやろう」
    と、やがて船室の中から、すずの小さいつぼを一つ持ってきて、劉備に与えた。
    黄河は暗くなりかけていた。西南方に、妖猫ようびょうの眼みたいな大きな星がまたたいていた。その星の光をよく見ていると虹色のかさがぼっとさしていた。
    ――世の中がいよいよ乱れる凶兆きょうちょうだ。
    と、近頃しきりと、世間の者がこわがっている星である。
    「ありがとうございました」
    劉備青年は、錫の小壺を、両掌りょうてに持って、やがて岸を離れてゆく船の影を拝んでいた。もうまぶたに、母のよろこぶ顔がちらちらする。
    しかし、ここから故郷の※(「さんずい+(冢-冖)」、第3水準1-86-80)県楼桑村たくけんろうそうそんまでは、百里の余もあった。幾夜の泊りを重ねなければ帰れないのである。
    「今夜は寝て――」と、考えた。
    彼方かなたを見ると、水村すいそんが二つ三つまたたいている。彼は村の木賃きちんへ眠った。

    青空文庫より

  • 朗読カフェSTUDIO 田中智之朗読 「 競馬」吉川英治

    競馬場がふえ、競馬ファンもふえてきた。応接間の座談として、競馬が語られる時代がきた。その中で、時々、知人のあいだにも、“楽しみを楽しまざる人”がまま多い。――競馬を苦しむ方の人である。
    このあいだも、某社の、記者としても人間としても、有能な若い人だが、競馬に熱中して、社にも負債を生じ、家庭にも困らせている人があるという話が出て――僕はその若い有能な雑誌記者を惜しむのあまり、その人は知らないが、忠告のてがみを送ろうとおもって、客に、姓名まで書いておいてもらったが、やはり未知の者へ、いきなりそんな手紙をやるのもためらわれ、必ず他にも近頃は同病の士も多かろうとおもって、ここに書くことにした。
    ――といっても、僕自身、競馬は好きなのであるから、単に、競馬のへいを説くのではない。
    しかし、楽しみを楽しむには、害をも、理性にとめていなければなるまい。
    害を、強調する者は、よく、そのために産を破り、不義理をし、家庭をそこね、夜逃げまでするような例をあげて――だから有為な者が、近よるべきでないと云ったりする。
    国営になっても、その社会害は、かわらないという。
    その通りである。だが、私はそれだけを思わない。
    あの競馬場の熱鬧は、そのままが、人生の一縮図だと、観るのである。あの渦の中で、自己の理性を失う者は、実際の社会面でも、いつか、その弱点を、出す者にちがいない。
    あの馬券売場の前で、家庭を賭けたり、自分の信用や前途までを、アナ場へ、突ッこんでしまうものは、世間においても、いつか同じ心理のことをやってしまう危険性のある者にちがいない。なぜならば、その人間に、あきらかに、そうした素質があることを、あのるつぼの試練が、実証してみせるからだ。ただ、競馬場は、それを一日の短時間に示し、世間における処世では、それが長い間になされるという――時間のちがいだけしかない。
    競馬場のるつぼほど、自分の脆弱な意志の面と、いろいろな自己の短所がはっきり、心の表に、あらわれてくるものはない。自分ですら気づかなかった根性が、ありありと露呈してくるものである。それを意識にとらえて、理性と闘わせてみることは、大きな自己反省のくりかえしになる。そして、長い人生のあいだに、いつか禍根となるべき自分の短所を、未然に、矯正することができるとおもう。理性をもって、自由な遊戯心を、撓め正すなんてことは、それ自体、遊びではなくなるという人もあろうが、人生の苦しみをも、楽々遊びうる人ならいいが、そうでない限り、苦しみは遊びではなくなる――という結論はどうしようもない。
    ほんの小費いとして持って行ったものを、負けて帰るさえ、帰り途は、朝のように愉快ではない。だから私は、以前の一レース二十円限度時代に、朝、右のズボンのかくしに、十レース分、二百円を入れてゆき、そのうち、一回でも、取った配当は、左のかくしに入れて帰った。その気もちは、どんな遊戯にも、遊興代はかかるものであるから、あらかじめ、遊興費の前払いとおもう額を、右のポケットに入れて出かけるのである。左のポケットに残って帰る分は、たとえいくらでも、儲かったと思って帰ることなのである。――だから私は、どうです馬券は、と人にきかれると、負けたことはありません、と常に答えた。帰り途も、いつでも、朝の出がけの気もちのまま、愉快に帰るために考えついた一方法である。

  • 青空文庫名作文学の朗読、朗読カフェSTUDIO、岡田慎平朗読「三国志」

    桃園の巻 吉川英治

    黄巾賊こうきんぞく

    後漢ごかん建寧けんねい元年のころ。
    今から約千七百八十年ほど前のことである。
    一人の旅人があった。
    腰に、一剣をいているほか、身なりはいたって見すぼらしいが、まゆひいで、くちあかく、とりわけ聡明そうめいそうなひとみや、ゆたかな頬をしていて、つねにどこかに微笑をふくみ、総じていやしげな容子ようすがなかった。
    年の頃は二十四、五。
    草むらの中に、ぽつねんと坐って、膝をかかえこんでいた。
    悠久ゆうきゅうと水は行く――
    微風はさわやかにびんをなでる。
    涼秋の八月だ。
    そしてそこは、黄河のほとりの――黄土層の低いぎしであった。
    「おーい」
    誰か河でよんだ。
    「――そこの若い者ウ。なにを見ているんだい。いくら待っていても、そこは渡し舟の着く所じゃないぞ」
    小さな漁船から漁夫りょうしがいうのだった。
    青年はくぼを送って、
    「ありがとう」と、少し頭を下げた。
    漁船は、下流へ流れ去った。けれど青年は、同じ所に、同じ姿をしていた。膝をかかえて坐ったまま遠心的な眼をうごかさなかった。

    青空文庫

     


    青空文庫名作文学の朗読、朗読カフェSTUDIO、岡田慎平朗読「三国志」

    桃園の巻 吉川英治

    劉備は、おどろいて、何者かと振りかえった。
    とがめた者は、
    「どこから来たっ」と、彼の襟がみをもう用捨ようしゃなくつかんでいた。
    「……?」
    見ると、役人であろう、胸に県の吏章りしょうをつけている。近頃は物騒ぶっそうな世の中なので、地方の小役人までが、平常でもみな武装していた。二人のうち一名は鉄弓てっきゅうを持ち、一名は半月槍はんげつそうをかかえていた。
    ※(「さんずい+(冢-冖)」、第3水準1-86-80)たくけんの者です」
    劉備青年が答えると、
    ※(「さんずい+(冢-冖)」、第3水準1-86-80)県はどこか」と、たたみかけていう。
    「はい、※(「さんずい+(冢-冖)」、第3水準1-86-80)県の楼桑村ろうそうそん(現在・京広線の北京―保定間)の生れで、今でも母と共に、楼桑村に住んでおります」
    「商売は」
    むしろったりすだれをつくって、売っておりますが」
    「なんだ、行商人ぎょうしょうにんか」
    「そんなものです」
    「だが……」
    と、役人は急にむさい物からのくように襟がみを放して、劉備の腰の剣をのぞきこんだ。
    「この剣には、黄金の佩環はいかんに、※(「王+干」、第3水準1-87-83)ろうかん緒珠おだまがさがっているのではないか、蓆売むしろうりには過ぎた刀だ。どこで盗んだ?」
    「これだけは、父の遺物かたみで持っているのです。盗んだ物などではありません」
    素直ではあるが、りんとした答えである。役人は、劉備青年の眼を見ると、急に眼をそらして、
    「しかしだな、こんなところに、半日も坐りこんで、いったい何を見ておるのか。怪しまれても仕方があるまい。――折も折、ゆうべもこの近村へ、黄巾賊の群れがせて、掠奪りゃくだつを働いて逃げた所だ。――見るところ大人しそうだし、賊徒とは思われぬが、一応疑ってみねばならん」
    「ごもっともです。……実は私が待っているのは、今日あたりこうを下ってくると聞いている洛陽船らくようぶねでございます」
    「ははあ、誰か身寄りの者でもそれへ便乗して来るのか」
    「いいえ、茶を求めたいと思って。――待っているのです」
    「茶を」
    役人は眼をみはった。

    青空文庫