別役みか

  • 「猫とモミの木」前編 語り喜多川拓郎 倉沢はすみ作

    「猫とモミの木」後編 語り喜多川拓郎 倉沢はすみ作

    猫とモミの木

    キャスト キャラクター紹介

     

  • 田中貢太郎「貧乏神物語」別役みか朗読

    貧乏神物語

    田中貢太郎

    縁起でもない話だが、馬琴の随筆の中にあったのを、数年前から見つけてあったので、ここでそれを云ってみる。考証好きの馬琴は、その短い随筆の中でも、唐山には窮鬼と書くの、蘇東坡に送窮の詩があるの、また、窮鬼を耗とも青とも云うの、玄宗の夢にあらわれた鍾馗の劈(さ)いて啖(くら)った鬼は、その耗であるのと例の考証をやってから、その筆は「四方(よも)の赤」に走って、「近世、江戸牛天神の社のほとりに貧乏神の禿倉(ほこら)有けり。こは何某(なにのそれがし)とかいいし御家人の、窮してせんかたなきままに、祭れるなりといい伝う。さるを何ものの所為(しわざ)にやありけん。その神体を盗とりて、禿倉のみ残れり」などと云っているが、屁のようなことにも倫理道徳をくっつける馬琴の筆にしては、同じ堅くるしい中にも軽い味がある。
    文政四年の夏であった。番町に住む旗下(はたもと)の用人は、主家の費用をこしらえに、下総にある知行所に往っていた。五百石ばかりの禄米があって旗下としてはかなりな家柄である主家が、その数代不運続きでそれがために何時も知行所から無理な金をとり立ててあるので、とても今度は思うように調達ができまいと思った。その一方で用人は、村役人のしかめ面を眼前(めさき)に浮べていた。
    微曇のした蒸し暑い日で、青あおと続いた稲田の稲の葉がぴりりとも動かなかった。草加(そうか)の宿が近くなったところで用人は己(じぶん)の傍を歩いている旅憎に気がついた。それは用人が歩き歩き火打石を打って火を出し、それで煙草を点けて一吸い吸いながらちょと己(じぶん)の右側を見た時であった。
    旅憎は溷鼠染(どぶねずみぞめ)と云っている栲(たえ)の古いどろどろしたような単衣(ひとえもの)を着て、頭(かしら)に白菅の笠を被り、首に頭陀袋をかけていた。年の比(ころ)は四十過ぎであろう、痩せて頤(おとがい)の尖った顔は蒼黒く、眼は落ち窪んで青く光っていた。
    この見すぼらしい姿を一眼見た用人は、気の毒と思うよりも寧ろ鬼魅(きみ)が悪かった。と、旅僧の方では用人が煙草の火を点けたのを見ると、急いで頭陀袋の中へ手をやって、中から煙管と煙草を執り出し、それを煙管に詰めて用人の傍へ擦り寄って来た。
    「どうか火を貸しておくれ」
    用人は旅僧に傍へ寄られると臭いような気がするので、呼吸(いき)をしないようにして黙って煙管の雁首を出すと旅憎は舌を鳴らして吸いつけ、
    「や、これはどうも」
    と、ちょっと頭をさげて二足三足歩いてから用人に話しかけた。
    「貴君(あなた)は、これから何方(どちら)へ往きなさる」
    「下総の方へ、ね」
    「ああ、下総」
    「貴僧(あなた)は何方へ」
    「私(わし)は越谷(こしがや)へ往こうと思ってな」
    「何処からお出でになりました」
    「私(わし)かね、私は番町の――の邸から来たものだ」
    用人は驚いて眼をみはった。旅僧の来たと云う邸は己の仕えている邸ではないか、用人はこの売僧奴(まいすめ)、その邸から来た者が眼の前にいるに好くもそんな出まかせが云えたものだ、しかし待てよ、此奴はなにかためにするところがあって、主家の名を騙(かた)っているかも判らない、一つぎゅうと云う眼に逢わして置かないと、どんなことをして主家へ迷惑をかけるかも判らないと心で嘲笑って、その顔をじろりと見た。
    「――の邸、おかしなことを聞くもんだね」
    「何かありますかな」
    旅僧は澄まして云って用人の顔を見返した。
    「ありますとも、私はその邸の者だが、お前さんに見覚えがないからね」
    用人は嘲ってその驚く顔を見ようとしたが旅僧は平気であった。
    「見覚えがないかも判らないよ」
    「おっと、待ってもらおうか、私は其処の用人だから、毎日詰めていない日はないが、この私が知らない人が、その邸にいる理(わけ)がないよ、きっと邸の名前がちがっているのだろう」
    用人はまた嘲笑った。
    「ところが違わない」
    「違わないことがあるものか、ちがわないと云うなら、お前さんは、邸の名を騙る売僧じゃ」
    用人は憤りだした。
    「それはお前さんが私(わし)を知らないから、そう云うのだ、私は三代前から彼(あ)の邸にいるよ、彼の邸は何時も病人だらけで、先代二人は夭折(わかじに)している、おまえさんは譜代でないから、昔のことは知らないだろうが、彼の邸では、昔こんなこともあったよ――」
    旅僧は用人の聞いている昔主家に起った事件をはじめとして、近比(ごろ)の事件まで手に執るようにくわしく話しだした。用人は驚いて開いた口が塞がらなかった。
    「どうだね、お前さん、思いあたることがあるかね」
    旅僧はにやりと嘲笑を浮べながら煙草の吹殻を掌にころがして、煙管に新らしい煙草を詰めてそれを吸いつけ、
    「寸分もちがっていないだろう、それでもちがうかね」
    「よくあってます」
    用人は煙草の火の消えたのも忘れていた。
    「あってるかね、そりゃあってるよ、毎日邸で見てるからね」
    用人は頭を傾げて旅僧が如何なる者であるかを考えようとした。
    「私が判るかね」
    旅僧は嘲笑いを続けている。
    「判りません、どうした方です」
    「私(わし)は貧乏神だよ」
    「え」
    「三代前から――の邸にいる貧乏神だよ」
    「え」
    「私(わし)がいたために、病人ができる、借金はできる、長い間苦しんだが、やっと、その数が竭(つ)きて私は他へ移ることになったから、これから、お前さんの主人の運も開けて、借金も返される」
    話のうちに草加の宿は通り過ぎたが、用人は霧の深い谷間にいるような気になっていて気がつかなかった。
    「だから、これから、お前さんの心配も無くなるわけだ」
    用人はその詞(ことば)を聞くとなんだか肩に背負っていた重荷が執れたような気がした。
    「では、あなた様は、これから何方(どちら)へお移りになります」
    「私(わし)の往くさきかの、往くさきは、隣の――の邸さ」
    「え」
    「其処へ移るまでに、すこし暇ができたから、越谷にいる仲間の処へ遊びに来たが、明日はもう移るよ」
    用人はその名ざされた家のことを心に浮べた。
    「お前さんが嘘と思うなら、好く見ているが好い、明日からその家では、病人ができ、借金ができて、恰好(ちょうど)お前さんの主人の家のようになるさ」
    「え」
    「だが、これは決して人にもらしてはならんよ」
    「はい」
    「じゃ、もう別れよう」
    用人がはっと気がついた時にはもう怪しい旅僧はいなかった。其処はもう越谷になっていた。

    用人は知行所へ往ったが、度たび無理取立てをしてあるのでとても思うとおりにできまいと心配していた金が、思いのほか多く執れたので、貧乏神の教えもあるし彼は喜び勇んで帰って来た。

  • 江戸川乱歩 少年探偵団12「さかさの首」別役みか朗読


    江戸川乱歩少年探偵団13 「屋上の怪人」別役みか朗読


    江戸川乱歩少年探偵団14 「悪魔の昇天」別役みか朗読


    江戸川乱歩 少年探偵団15「怪軽気球の最後」別役みか朗読


    江戸川乱歩少年探偵団16「黄金の塔」別役みか朗読


    江戸川乱歩少年探偵団17「怪少女」別役みか朗読


    江戸川乱歩少年探偵団18「奇妙なはかりごと」別役みか朗読

  • 江戸川乱歩少年探偵団11「四つのなぞ」別役みか朗読

    江戸川乱歩少年探偵団12「さかさの首」別役みか朗読

    さかさの首

    明智探偵は、ふたりのインド人に部屋を貸していた洋館の主人春木氏に、一度会っていろいろきいてみたいというので、さっそく同氏に電話をかけて、つごうをたずねますと、昼間は少しさしつかえがあるから、夜七時ごろおいでくださいという返事でした。
    探偵は電話の約束をすませますと、すぐさま事務所を出かけました。春木氏に会うまでに、ほかにいろいろしらべておきたいことがあるからということでした。
    小林少年は、ぜひ、いっしょにつれていってください、とたのみましたが、きみは、まだつかれがなおっていないだろうからと、るす番を命じられてしまいました。
    それから明智探偵が、どこへ行って、何をしたか、それはまもなく読者諸君にわかるときがきますから、ここにはしるしません。その夜の七時に、探偵が春木氏の洋館をたずねたところから、お話をつづけましょう。
    青年紳士春木氏は、自分で玄関へ出むかえて、明智探偵の顔を見ますと、ニコニコと、さもうれしそうにしながら、
    「よくおいでくださいました。ご高名こうめいは、かねてうかがっております。いつか一度お目にかかってお話をうけたまわりたいものだとぞんじておりましたが、わざわざおたずねくださるなんて、こんなにうれしいことはありません。さあ、どうか。」
    と、二階のりっぱな応接室に案内しました。
    ふたりは、テーブルをはさんで、イスにかけましたが、初対面のあいさつをしているところへ、三十歳ぐらいの白いつめえりの上着を着た召し使いが、紅茶を運んできました。
    「わたしは、妻をなくしまして、ひとりぼっちなんです。家族といっては、このコックとふたりきりで、家が広すぎるものですから、あんなインド人なんかに部屋を貸したりして、とんだめにあいました。でも、たしかな紹介状を持ってきたものですから、つい信用してしまいましてね。」
    春木氏は、立ちさるコックのうしろ姿を、目で追いながら、いいわけするようにいうのでした。
    それをきっかけに、明智探偵は、いよいよ用件にはいりました。
    「じつは、あの夜のことを、あなたご自身のお口から、よくうかがいたいと思って、やってきたのですが、どうも、ふにおちないのは、ふたりのインド人が、わずかのあいだに消えうせてしまったことです。
    もう、ご承知でしょうが、子どもたちがむじゃきな探偵団をつくっていましてね。あの晩、中村係長たちが、ここへかけつける二十分ほどまえに、その子どもたちが、どの部屋ですか、ここの二階にふたりのインド人がいることを、ちゃんと、たしかめておいたのです。それが、警官たちよりも早くあなたがお帰りになったときに、もう、家の中にいなくなっていたというのは、じつにふしぎじゃありませんか。
    そのあいだじゅう、六人の子どもたちが、おたくのまわりに、げんじゅうな見はりをつづけていたのです。表門はもちろん、裏門からでも、あるいは塀を乗りこえてでも、インド人が逃げだしたとすれば、子どもたちの目をのがれることはできなかったはずです。」
    すると、春木氏はうなずいて、
    「ええ、わたしも、その点が、じつにふしぎでしかたがないのです。あいつらは、何かわれわれには想像もできない、妖術のようなものでもこころえていたのではないでしょうか。」
    と、いかにも、きみ悪そうな表情をしてみせました。
    「ところが、もう一つ、みょうなことがあるのですよ。あなたがお帰りになったのは、子どもたちがインド人がいることをたしかめてから、警官がくるまでのあいだでしたね。すると、そのときはもう、子どもたちは、ちゃんと見はりの部署についていたはずなのですが……、あなたは、むろん表門からおはいりになったのでしょうね。」
    「ええ、表門からはいりました。」
    「そのとき、表門には、ふたりの子どもが番をしていたのですよ。その子どもたちを、ごらんになりましたか。門柱のところに、番兵ばんぺいのように立っていたっていうのですが。」
    「ほう、そうですか。わたしはちっとも気がつきませんでしたよ。ちょうどそのとき、子どもたちがわきへ行っていたのかもしれませんね。げんじゅうな見はりといったところで、なにしろ年はもいかない小学生のことですから、あてにはなりませんでしょう。」
    「ところが、子どもというものはばかになりませんよ。何かに一心になると、おとなのように、ほかのことは考えませんからね。ぼくはこういうばあいには、おとなよりも子どものほうが信用がおけると思います。

    青空文庫より

  • 猫とモミの木

    キャスト キャラクター紹介

  • 江戸川乱歩「少年探偵団」10 別役みか朗読 消えるインド人


    別役みか朗読「少年探偵団9地下室」江戸川乱歩


    別役みか朗読「少年探偵団」8少年捜索隊江戸川乱歩


    別役みか朗読「少年探偵団」7銀色のメダル江戸川乱歩


    別役みか朗読「少年探偵団」6ふたりのインド人江戸川乱歩


    別役みか朗読「少年探偵団」(5黒い手)江戸川乱歩


    別役みか朗読「少年探偵団」のろいの宝石江戸川乱歩

    のろいの宝石

    さて、門の前に遊んでいた女の子がさらわれた、その夜のことです。篠崎始君のおとうさまは、ひじょうに心配そうなごようすで、顔色も青ざめて、おかあさまと始君とを、ソッと、奥の座敷へお呼びになりました。
    始君は、おとうさまの、こんなうちしずまれたごようすを、あとにも先にも見たことがありませんでした。
    「いったい、どうなすったのだろう。なにごとがおこったのだろう。」
    と、おかあさまも始君も、気がかりで胸がドキドキするほどでした。
    おとうさまは座敷のとこの間の前に、腕組みをしてすわっておいでになります。その床の間には、いつも花びんのおいてある紫檀したんの台の上に、今夜はみょうなものがおいてあるのです。
    内がわを紫色のビロードではりつめた四角な箱の中に、おそろしいほどピカピカ光る、直径一センチほどの玉がはいっています。
    始君は、こんな美しい宝石が、おうちにあることを、今まで少しも知りませんでした。
    「わたしはまだ、おまえたちに、この宝石にまつわる、おそろしいのろいの話をしたことがなかったね。わたしは、そんな話を信じていなかった。つまらない話を聞かせて、おまえたちを心配させることはないと思って、きょうまでだまっていたのだ。
    けれども、もう、おまえたちにかくしておくことができなくなった。ゆうべからの少女誘かいさわぎは、どうもただごとではないように思う。わたしたちは、用心しなければならぬのだ。」
    おとうさまは、うちしずんだ声で、何かひじょうに重大なことを、お話になろうとするようすでした。

    青空文庫より

  • 別役みか朗読 「少年探偵団」3人さらい江戸川乱歩

    少年探偵団

    江戸川乱歩

    人さらい

    墓地のできごとがあってから二日の後、やっぱり夜の八時ごろ、篠崎始君のおうちの、りっぱなご門から、三十歳ぐらいの上品な婦人と、五つぐらいのかわいらしい洋装の女の子とが、出てきました。婦人は始君のおばさん、女の子は小さいいとこですが、ふたりは夕方から篠崎君のおうちへ遊びに来ていて、今、帰るところなのです。
    おばさんは、大通りへ出て自動車をひろうつもりで、女の子の手を引いて、うす暗いやしき町を、急ぎ足に歩いていきました。
    すると、またしても、ふたりのうしろから、例の黒い影があらわれたのです。
    怪物は塀から塀へと伝わって、足音もなく、少しずつ、少しずつ、ふたりに近づいていき、一メートルばかりの近さになったかと思うと、いきなり、かわいらしい女の子にとびかかって、小わきにかかえてしまいました。
    「アレ、なにをなさるんです。」
    婦人はびっくりして、相手にすがりつこうとしましたが、黒い影は、すばやく片足をあげて、婦人をけたおし、その上にのしかかるようにして、あの白い歯をむきだし、ケラケラケラ……と笑いました。
    婦人はたおれながら、はじめて相手の姿を見ました。そして、うわさに聞く黒い魔物だということがわかると、あまりのおそろしさに、アッとさけんだまま、地面にうつぶしてしまいました。
    そのあいだに、怪物は女の子をつれて、どこかへ走りさってしまったのですが、では、黒い魔物は、おそろしい人さらいだったのかといいますと、べつにそうでもなかったことが、その夜ふけになってわかりました。

    青空文庫より

     

     

  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェ 宮沢賢治 いちょうの実

    西村俊彦/二宮隆朗読「一人舞台」ストリンドベルヒ August Strindberg 森鴎外訳


    岡田慎平朗読 菊池寛「形」


    別役みか朗読島崎藤村「足袋」

     

  • 別役みか朗読 「少年探偵団」1黒い魔物江戸川乱歩

  • 朗読カフェ第6回ライブ「ありときのこ」宮沢賢治 朗読喜多川拓郎 別役みか 福山美奈子

    ありときのこ

    宮沢賢治

    こけいちめんに、きりがぽしゃぽしゃって、あり歩哨ほしょうてつ帽子ぼうしのひさしの下から、するどいひとみであたりをにらみ、青く大きな羊歯しだの森の前をあちこち行ったり来たりしています。
    こうからぷるぷるぷるぷる一ぴきのあり兵隊へいたいが走って来ます。
    まれ、だれかッ」
    だい百二十八聯隊れんたい伝令でんれい!」
    「どこへ行くか」
    「第五十聯隊 聯隊本部ほんぶ
    歩哨はスナイドルしき銃剣じゅうけんを、こうのむねななめにつきつけたまま、そのの光りようやあごのかたち、それから上着うわぎそで模様もようくつのぐあい、いちいちくわしく調しらべます。
    「よし、通れ」
    伝令はいそがしく羊歯しだの森のなかへはいって行きました。
    きりつぶはだんだん小さく小さくなって、いまはもう、うすいちちいろのけむりにわり、草や木の水をいあげる音は、あっちにもこっちにもいそがしく聞こえだしました。さすがの歩哨もとうとうねむさにふらっとします。
    ひきあり子供こどもらが、手をひいて、何かひどくわらいながらやって来ました。そしてにわかにこうのならの木の下を見てびっくりして立ちどまります。
    「あっ、あれなんだろう。あんなところにまっ白な家ができた」
    「家じゃない山だ」
    「昨日はなかったぞ」
    兵隊へいたいさんにきいてみよう」
    「よし」
    二疋の蟻は走ります。
    「兵隊さん、あすこにあるのなに?」
    「なんだうるさい、帰れ」
    「兵隊さん、いねむりしてんだい。あすこにあるのなに?」
    「うるさいなあ、どれだい、おや!」
    「昨日はあんなものなかったよ」
    「おい、大変たいへんだ。おい。おまえたちはこどもだけれども、こういうときには立派りっぱにみんなのおやくにたつだろうなあ。いいか。おまえはね、この森をはいって行ってアルキル中佐ちゅうさどのにお目にかかる。それからおまえはうんと走って陸地測量部りくちそくりょうぶまで行くんだ。そして二人ともこううんだ。北緯ほくい二十五東経とうけいりんところに、目的もくてきのわからない大きな工事こうじができましたとな。二人とも言ってごらん」
    北緯ほくい二十五東経とうけいりんところ目的もくてきのわからない大きな工事こうじができました」
    「そうだ。では早く。そのうち私はけっしてここをはなれないから」
    あり子供こどもらはいちもくさんにかけて行きます。
    歩哨ほしょうは剣をかまえて、じっとそのまっしろな太いはしらの、大きな屋根やねのある工事をにらみつけています。
    それはだんだん大きくなるようです。だいいち輪廓りんかくのぼんやり白く光ってぶるぶるぶるぶるふるえていることでもわかります。