別役みか

  • 猫とモミの木

    キャスト キャラクター紹介

  • 江戸川乱歩「少年探偵団」10 別役みか朗読 消えるインド人


    別役みか朗読「少年探偵団9地下室」江戸川乱歩


    別役みか朗読「少年探偵団」8少年捜索隊江戸川乱歩


    別役みか朗読「少年探偵団」7銀色のメダル江戸川乱歩


    別役みか朗読「少年探偵団」6ふたりのインド人江戸川乱歩


    別役みか朗読「少年探偵団」(5黒い手)江戸川乱歩


    別役みか朗読「少年探偵団」のろいの宝石江戸川乱歩

    のろいの宝石

    さて、門の前に遊んでいた女の子がさらわれた、その夜のことです。篠崎始君のおとうさまは、ひじょうに心配そうなごようすで、顔色も青ざめて、おかあさまと始君とを、ソッと、奥の座敷へお呼びになりました。
    始君は、おとうさまの、こんなうちしずまれたごようすを、あとにも先にも見たことがありませんでした。
    「いったい、どうなすったのだろう。なにごとがおこったのだろう。」
    と、おかあさまも始君も、気がかりで胸がドキドキするほどでした。
    おとうさまは座敷のとこの間の前に、腕組みをしてすわっておいでになります。その床の間には、いつも花びんのおいてある紫檀したんの台の上に、今夜はみょうなものがおいてあるのです。
    内がわを紫色のビロードではりつめた四角な箱の中に、おそろしいほどピカピカ光る、直径一センチほどの玉がはいっています。
    始君は、こんな美しい宝石が、おうちにあることを、今まで少しも知りませんでした。
    「わたしはまだ、おまえたちに、この宝石にまつわる、おそろしいのろいの話をしたことがなかったね。わたしは、そんな話を信じていなかった。つまらない話を聞かせて、おまえたちを心配させることはないと思って、きょうまでだまっていたのだ。
    けれども、もう、おまえたちにかくしておくことができなくなった。ゆうべからの少女誘かいさわぎは、どうもただごとではないように思う。わたしたちは、用心しなければならぬのだ。」
    おとうさまは、うちしずんだ声で、何かひじょうに重大なことを、お話になろうとするようすでした。

    青空文庫より

  • 別役みか朗読 「少年探偵団」3人さらい江戸川乱歩

    少年探偵団

    江戸川乱歩

    人さらい

    墓地のできごとがあってから二日の後、やっぱり夜の八時ごろ、篠崎始君のおうちの、りっぱなご門から、三十歳ぐらいの上品な婦人と、五つぐらいのかわいらしい洋装の女の子とが、出てきました。婦人は始君のおばさん、女の子は小さいいとこですが、ふたりは夕方から篠崎君のおうちへ遊びに来ていて、今、帰るところなのです。
    おばさんは、大通りへ出て自動車をひろうつもりで、女の子の手を引いて、うす暗いやしき町を、急ぎ足に歩いていきました。
    すると、またしても、ふたりのうしろから、例の黒い影があらわれたのです。
    怪物は塀から塀へと伝わって、足音もなく、少しずつ、少しずつ、ふたりに近づいていき、一メートルばかりの近さになったかと思うと、いきなり、かわいらしい女の子にとびかかって、小わきにかかえてしまいました。
    「アレ、なにをなさるんです。」
    婦人はびっくりして、相手にすがりつこうとしましたが、黒い影は、すばやく片足をあげて、婦人をけたおし、その上にのしかかるようにして、あの白い歯をむきだし、ケラケラケラ……と笑いました。
    婦人はたおれながら、はじめて相手の姿を見ました。そして、うわさに聞く黒い魔物だということがわかると、あまりのおそろしさに、アッとさけんだまま、地面にうつぶしてしまいました。
    そのあいだに、怪物は女の子をつれて、どこかへ走りさってしまったのですが、では、黒い魔物は、おそろしい人さらいだったのかといいますと、べつにそうでもなかったことが、その夜ふけになってわかりました。

    青空文庫より

     

     

  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェ 宮沢賢治 いちょうの実

    西村俊彦/二宮隆朗読「一人舞台」ストリンドベルヒ August Strindberg 森鴎外訳


    岡田慎平朗読 菊池寛「形」


    別役みか朗読島崎藤村「足袋」

     

  • 別役みか朗読 「少年探偵団」1黒い魔物江戸川乱歩

  • 朗読カフェ第6回ライブ「ありときのこ」宮沢賢治 朗読喜多川拓郎 別役みか 福山美奈子

    ありときのこ

    宮沢賢治

    こけいちめんに、きりがぽしゃぽしゃって、あり歩哨ほしょうてつ帽子ぼうしのひさしの下から、するどいひとみであたりをにらみ、青く大きな羊歯しだの森の前をあちこち行ったり来たりしています。
    こうからぷるぷるぷるぷる一ぴきのあり兵隊へいたいが走って来ます。
    まれ、だれかッ」
    だい百二十八聯隊れんたい伝令でんれい!」
    「どこへ行くか」
    「第五十聯隊 聯隊本部ほんぶ
    歩哨はスナイドルしき銃剣じゅうけんを、こうのむねななめにつきつけたまま、そのの光りようやあごのかたち、それから上着うわぎそで模様もようくつのぐあい、いちいちくわしく調しらべます。
    「よし、通れ」
    伝令はいそがしく羊歯しだの森のなかへはいって行きました。
    きりつぶはだんだん小さく小さくなって、いまはもう、うすいちちいろのけむりにわり、草や木の水をいあげる音は、あっちにもこっちにもいそがしく聞こえだしました。さすがの歩哨もとうとうねむさにふらっとします。
    ひきあり子供こどもらが、手をひいて、何かひどくわらいながらやって来ました。そしてにわかにこうのならの木の下を見てびっくりして立ちどまります。
    「あっ、あれなんだろう。あんなところにまっ白な家ができた」
    「家じゃない山だ」
    「昨日はなかったぞ」
    兵隊へいたいさんにきいてみよう」
    「よし」
    二疋の蟻は走ります。
    「兵隊さん、あすこにあるのなに?」
    「なんだうるさい、帰れ」
    「兵隊さん、いねむりしてんだい。あすこにあるのなに?」
    「うるさいなあ、どれだい、おや!」
    「昨日はあんなものなかったよ」
    「おい、大変たいへんだ。おい。おまえたちはこどもだけれども、こういうときには立派りっぱにみんなのおやくにたつだろうなあ。いいか。おまえはね、この森をはいって行ってアルキル中佐ちゅうさどのにお目にかかる。それからおまえはうんと走って陸地測量部りくちそくりょうぶまで行くんだ。そして二人ともこううんだ。北緯ほくい二十五東経とうけいりんところに、目的もくてきのわからない大きな工事こうじができましたとな。二人とも言ってごらん」
    北緯ほくい二十五東経とうけいりんところ目的もくてきのわからない大きな工事こうじができました」
    「そうだ。では早く。そのうち私はけっしてここをはなれないから」
    あり子供こどもらはいちもくさんにかけて行きます。
    歩哨ほしょうは剣をかまえて、じっとそのまっしろな太いはしらの、大きな屋根やねのある工事をにらみつけています。
    それはだんだん大きくなるようです。だいいち輪廓りんかくのぼんやり白く光ってぶるぶるぶるぶるふるえていることでもわかります。

     

  • 別役みか朗読 宮原晃一郎「虹猫の大女退治」


    虹猫の大女退治

    宮原晃一郎
     木精こだまの国をたつて行つた虹猫にじねこは、しばらく旅行をしてゐるうち、ユタカの国といふ大へん美しい国につきました。
     こゝはふしぎな国でした。大きな森もあれば、えもいはれぬ色や匂にほひのする花の一ぱいに生えた大きな/\野原もありました。空はいつも青々とすみわたつて、その国に住まつてゐる人たちはいつも何の不平もなささうに、にこ/\してゐます。でも、たつた一つのことが気にかゝつてゐるのでした。
     そのわけは、この国のまん中の、高い岩のがけの上に、一つの大きなお城がたつてゐます。そのお城には――土地の人たちが虹猫に話したところによると――一人の悪い大女がゐて、この国の人たちをさかんにいぢめ、しじう、物を盗んで行きます。ひどいことには、子供までもさらつて行くのでした。

     虹猫は、じつさいに、目のあたりこの大女を見たといふ人には、誰たれともあひませんでした。が、大女の恐ろしい顔や、そのすることについて、身の毛もよだつやうな話を聞かされました。
     なんでも、その大女は、あたりまへの人間のせいの三倍も高くて、その髪はふとい繩なはのやうによれて目からは焔ほのほが吹ふき出してゐる。くさめをすると、まるで雷が鳴るやうな、凄すごい音がして、木や草は嵐あらしにあつたやうに吹きなびかされる。ぢだんだをふむと小さな村なんか一ぺんで、ひつくり返つてしまふ。そればかりでなく、その大女は魔物だけあつて、魔法をつかふことができるといふので、土地の人たちは何よりもそれを一ばん恐こはがつてゐました。

     暗い夜など、大女は六疋ぴきの竜にひかせた車にのつて、お城から降りてくるといふのでした。で、土地の人たちはそのすごい音を聞くと、めい/\自分の家ににげこんで戸をしめ、窓に錠をかけて、ぶるぶるふるへてゐるのでした。うちにゐても、納屋だの倉だの小屋だのを大女が家やさがしして、牛や馬をひき出して行く音が聞えるのでした。
     さうかと思ふと、闇やみのうちに大きな声がして、
    「こら、きさまたちの宝を出せ、出さないと子供をとつて行くぞ。」といふ叫びが聞えるのです。土地の人たちは、仕方なしに窓を開けて、こは/″\、その宝物を外に投げ出すのです。
     又ときには、いつか知ら、立札が出て、これ/\の品物をお城の門のところへ持つて来て置かないと大女が降りて来て、みんなをひどい目にあはすぞと書いてあることもあります。土地の人たちは、その立札どほり品物を持つて行つて、お城の門へ置いて来ますが、そのたんびに、そこで見て来たいろんな恐ろしい話を伝へます。

     或人あるひとは、大女の靴くつを女中が磨みがいてゐるのを見たと言ひます。その靴は、ちやうど乾草ほしくさをつんだ大きな荷車ほどあつたといふ話です。
     又他ほかの者は、大女が洗濯物せんたくものを繩に干してゐるのを見て、腰をぬかさんばかりに驚いて、走つて自分の家に帰つたが、一週間ばかりは起きることができなかつたとも言ひます。
     けれども、一ばん悪いことは家うちのそばを少し遠くはなれた子供が、ふつと姿を隠して、それつきり帰つて来ないことでした。
     取り残された子供の話によると、とほうもなく大きなマントを頭からかぶつた、えたいの知れないものが、どこからかヒヨツクリ飛び出して、自分たちの仲間の一人を引つさらつて森の中へ走つてにげたといふのでした。
     だから、親たちは、ちよつとの間でもその子供から目をはなすことができなくなつていつ大女が出てくるかと、そればかり心配してゐるので、仕合せといふものが、国ぢうから、だん/\消えてなくなりました。
    青空文庫より

  • 別役みか朗読 「虹猫と木精」宮原晃一郎

    虹猫と木精

    宮原晃一郎

     第一回の旅行をすまして、おうちへ帰つた虹猫にじねこは、第二回の旅行にかゝりました。
    或日あるひ、れいのとほり、仕度をして、ぶらりとうちを出て、どことはなしに、やつて行きますと、とうとう木精こだまの国に来てしまひました。木精といふやつは面白い、愉快な妖精えうせいで、人に害をするやうなこともなく、たゞ鳥のやうに木にすまつてゐるのです。けれども鳥とちがつて、飛ぶことはできないのです。もつとも、鳥とはだいの仲よしで、鳥の言葉がよくわかりますから、郵便や電信などによらないで、おたがひに通信ができるのでした。

    冬になりますと、木精は木からうつゝて、地の下の穴の中に入るのです。何しろ、はれ/″\とした木の上から、じめ/\して、きたならしい土の下に行くのですもの、大へんなちがひです。だから木精はだれもみな、春になるのを待ちどほしがつて、草が芽をふき、鳥がのどを鳴らして、春を知らせると、もう大よろこびなのです。
    木精の国にはほかに動物はゐません。けれども虹猫は、古くから、この国に出入りして、おなじみですから、いつか雲の国に行つたと同様、かんげいされたのです。
    木精は風がはりなたちで、人は人、自分は自分といふ風で、ほかの妖精を自分の国に住まはせません。それだからといつて、別だん、他の妖精と喧嘩けんくわをするわけでもありません。いや/\、かへつて、みんなと仲好くしてゐます。さうして、木精は、音楽をよくしますけれど、そのおもな仕事は、妖精の着物をこしらへることなのです。
    その着物といふのは、とても想像も及ばぬほど、小さな/\、微妙な織物で、いろ/\さま/″\な、美しい、価のたかい材料で出来てゐるのです。たとへば、金蜘蛛きんぐも銀蜘蛛ぎんぐもといふ、とくべつな蜘蛛の糸はもちろんのこと、その外に月の光り、蚕からとつた、それは/\柔かい生糸、魔術の井戸水にひたして色のさめないやうにした花びら、もうせんごけ、水のあわ、草の葉の筋など、そのほか、数かぎりのない材料が使はれるのです。

    さて、この着物ができあがると、鳥がそれをもつて、妖精のところへ行き、代りの註文を受取つてくるのです。
    ごくとくべつの場合には、註文ちゆうもんをした妖精が寸法を合はせに来たり、服地やら、スタイルやらをえらびに、自分から出かけてくることもありますが、そんなことは、さう、たび/\ではありません。なぜかといふに、木精の縫つた服は、よくからだに合ひスタイルも見事だからです。

    虹猫にじねこは木精の国に行くことが、大へん好きでした。
    虹猫は、木精の国では、美しい、ぶなの木に住まつてゐました。朝日が、木の葉をとほして、射すときには、その小さなおうちは、なんともいへない、可愛らしい薔薇色ばらいろにそまつて、それはきれいに見えるのです。毎朝、小さな鳥が声をそろへて、歌をうたつて、虹猫に聞かせ、又夕方になると、いつも子守歌をうたつて、すや/\ねむらせてくれます。
    小さな鳥どもは、虹猫を、大へん立派な、きれいな人だと思つてゐました。そしてそれはじつさいのことです。

  • 別役みか朗読 「走馬灯~海外援助 その1」カトウ先生のミニ・エッセイより

    カトウ先生が携帯で綴ったミニ・エッセイを朗読させていただきました。
    別役みかの朗読

  • 青空文庫名作文学の朗読

    虹猫の話
    宮原晃一郎

     いつの頃ころか、あるところに一疋ぴきの猫ねこがゐました。この猫はあたりまへの猫とはちがつた猫で、お伽とぎの国から来たものでした。お伽の国の猫は毛色がまつたく別でした。まづその鼻の色は菫すみれの色をしてゐます。それに目玉はあゐ、耳朶みみたぶはうす青、前足はみどり、胴体は黄きい、うしろ足は橙色オレンヂで、尾は赤です。ですから、ちやうど、虹にじのやうに七色をしたふしぎな猫でした。
     その虹猫にじねこは、いろ/\と、ふしぎな冒険をしました。次にお話するのはやつぱり、そのうちの一つです。

     ある日、七色の虹猫は日向ぼつこをしてゐました。すると、何だか、たいくつで仕方がなくなりました。といふのは、近頃、お伽の国は天下太平で、何事もなかつたからです。
    「どうも、かういつも、あつけらかんとして遊んでばかりゐては、体が悪くなつていけない。」と、猫は考へました。「どれ、一つ、そこいらに出かけて、冒険でもやらうか知ら。」
     そこで、猫は、戸口にはり札をしました。
    「二三日、留守をしますから、郵便や小包が、もし留守中にきましたら、どうか、煙突の中に投げこんで置いて下さい。――郵便屋さんへ。」
     それから、ちよつとした荷物をこしらへて、それを尻尾しつぽのさきにつゝかけ、えつちやら、おつちやら、お伽の国境までやつて来ました。すると、ちやうど、そこに雲がむく/\と起つて来ました。
    「どれ一つ、雲の人たちのところに、顔出ししてみようかな。」
     猫はひとりごとを言ひながら、雲の土手をのぼり始めました。
     雲の国に住まつてゐる人たちは、たいへん愉快な人たちでした。仕事といつては、べつだん何にもしないのですが、それでも、怠けてゐるからつて、世の中が面白くないわけでもないのです。そして、みんな立派な雲の御殿に住まつてゐますが、御殿は地球から見える方よりも、見えない側がかへつて大へん美しいのです。
     雲の人たちは、とき/″\、一しよに、真珠色の馬車をはしらせたり、又軽いボートにのつて、帆をかけたりします。空の中に住まつてゐるので、たつた一人、恐こはいものは、雷様だけです。何しろ、雷様ときては、怒りつぽく、よく空をごろ/\と、足をふみ鳴らして、雲の人たちの家を叩たたきまはるからむりもないわけです。
    青空文庫より