青空文庫名作文学の朗読「朗読カフェ」メンバー

二宮隆 理系朗読家二宮 隆
高校の時に放送部でアナウンスを学んで以来、
時間のあるときに、好きな小説や新聞コラムなどを声に出して練習していました。
細々とではありますが、もう30年位やっていることになります。
普段の生活の中にきらっと輝くこと、
何気ない生活の中にちょっと感動してしまうこと、涙してしまうこと。
そんな人生の機微な側面を切り取ったエッセイを読むのが好きです。
平凡だと思っている人生にだって、いろいろある。みんなそれぞれ一生懸命。
そんな作品の雰囲気を声で伝えられたらいいなと思っています。
淡々に、押し付けることなく、作品の空気を伝えられたら・・と思っています