岡田慎平朗読「三国志」桃園の巻吉川英治 白芙蓉

岡田慎平朗読「三国志」桃園の巻吉川英治 白芙蓉一

びゃくふよう

白芙蓉

それは約五十名ほどの賊の小隊であった。中にに乗っている二、三の賊将が鉄鞭てつべんして、何かいっていたように見えたが、やがて、馬元義の姿を見かけたか、寺のほうへ向って、一散に近づいてきた。
「やあ、李朱氾りしゅはん。遅かったじゃないか」
こなたの馬元義も、石段から伸び上がっていうと、
「おう大方だいほう、これにいたか」と、李と呼ばれた男も、そのほかの仲間も、つづいて驢の鞍から降りながら、
「峠の孔子廟こうしびょうで待っているというから、あれへ行った所、姿が見えないので、俺たちこそ、大まごつきだ。遅いどころじゃない」と、汗をふきふき、かえって馬元義に向って、不平を並べたが、同類の冗談半分とみえて、責められたのほうも、げらげら笑うのみだった。
「ところで、ゆうべの収穫みいりはどうだな。洛陽船をあてに、だいぶ諸方の商人あきんどが泊っていた筈だが」
「大していう程の収穫もなかったが、一村焼き払っただけの物はあった。その財物は皆、荷駄にして、例の通りわれわれの営倉へ送っておいたが」
「近頃は人民どもも、金はけて隠しておく方法をおぼえたり、商人なども、隊伍を組んで、俺たちが襲うまえに、うまく逃げ散ってしまうので、だんだん以前のようにうまいわけには行かなくなったなあ」
「ウム、そういえば、先夜も一人惜しいやつを取逃がしたよ」
「惜しい奴? ――それは何か高価な財宝でも持っていたのか」
「なあに、砂金や宝石じゃないが、洛陽船から、茶を交易した男があるんだ。知っての通り、盟主張角様には、茶ときては、眼のない好物。これはぜひかすめとって、大賢良師だいけんりょうしへご献納もうそうと、そいつの泊った旅籠はたごも目ぼしをつけておき、その近所から焼き払って踏みこんだところ、いつの間にか、逃げせてしまって、とうとう見つからない。――こいつあ近頃の失策だったよ」
賊の李朱氾りしゅはんは、劉備のすぐそばで、それを大声で話しているのだった。
劉備は、驚いた。
そして思わず、懐中ふところに秘していたすずの小さい茶壺ちゃつぼをそっとさわってみた。
すると、馬元義は、
「ふーむ」と、うめきながら、改めて後ろにいる劉青年を振向いてから、さらに、李へ向って、
「それは、幾歳いくつぐらいな男か」
「そうさな。俺も見たわけでないが、ぎつけた部下のはなしによると、まだ若いみすぼらしい風態ふうていの男だが、どこか凛然りんぜんとしているから、油断のならない人間かも知れないといっていたが」
「じゃあ、この男ではないのか」
馬元義は、すぐ傍らにいる劉備を指さして、いった。
「え?」
李は、意外な顔をしたが、馬元義から仔細しさいを聞くとにわかに怪しみ疑って、
「そいつかもしれない。――おういっ、丁峰ていほう、丁峰」
と、池畔にたむろさせてある部下の群れへ向ってどなった。
手下の丁峰は、呼ばれて、屯の中から馳けてきた。李は、黄河で茶を交易した若者は、この男ではないかと、劉の顔を指さして、質問した。
丁は、劉青年を見ると、惑うこともなくすぐ答えた。
「あ。この男です。この若い男に違いありません」
「よし」
李は、そういって、丁峰を退けると、馬元義と共に、いきなり劉備の両手を左右からねじあげた。

「こら、貴様は茶をかくしているというじゃないか。その茶壺をこれへ出してしまえ」
馬元義も責め、李朱氾りしゅはんも共に、劉備のきき腕を、ねじ抑えながらおどした。
「出さぬと、ぶった斬るぞ。今もいった通り、張角良師のご好物だが、良師のご威勢でさえ、めったに手にはいらぬ程の物だ。貴様のような下民げみんなどが、茶を持ったところで、何となるものか。われわれの手を経て、良師へ献納してしまえ」
劉備は、云いのがれのきかないことを、はやくも観念した。しかし、故郷くにの母が、いかにそれを楽しみに待っているかを思うと、自分の生命いのちを求められたより辛かった。
(何とか、ここをのがれる工夫はないものか)
となお、未練をもって、両手の痛みをこらえていると、李朱氾の靴は、気早に劉備の腰を蹴とばして、「おしか、つんぼか、おのれは」と、ののしった。
そして、よろめく劉備の襟がみを、つかみもどして、
「あれに、血に飢えている五十の部下がこちらを見て、を欲しがっているのが、眼に見えないか。返辞をしろ」と、威猛高いたけだかにいった。
劉備は二人の土足の前へ、そうしてひれ伏したまま、まだ、母の歓びを売って、この場を助かる気持になれないでいたが、ふと、眼を上げると、寺門の陰にたたずんで、こちらを覗いていた最前の老僧が、
(物など惜しむことはない。求める物は、何でも与えてしまえ、与えてしまえ)
と、手真似をもって、しきりと彼の善処をうながしている。
劉備もすぐ、(そうだ。この身体を傷つけたら、母にも大不孝となる)と思って、心をきめたが、それでもまだ懐中ふところの茶壺は出さなかった。腰にいている剣の帯革を解いて、
「これこそは、父の遺物かたみですから、自分の生命いのちの次の物ですが、これを献上します。ですから、茶だけは見のがして下さい」と哀願した。
すると、馬元義は、
「おう、その剣は、俺がさっきから眼をつけていたのだ。貰っておいてやる」とり上げて、「茶のことは、俺は知らん」と、空うそぶいた。
李朱氾りしゅはんは、前にもまして怒りだして、一方へ剣を渡して、俺になぜ茶壺を渡さないかと責めた。
劉備は、やむなく、肌深く持っていたすずの小壺まで出してしまった。李は、宝珠ほうしゅをえたように、両掌りょうてを捧げて、
「これだ、これだ。洛陽の銘葉めいように違いない。さだめし良師がおよろこびになるだろう」と、いった。
賊の小隊はすぐ先へ出発する予定らしかったが、ひとりの物見が来て、ここから十里ほどの先の河べりに、県の吏軍が約五百ほど野陣を張り、われわれを捜索しているらしいという報告をもたらした。で、にわかに、「では、今夜はここへ泊れ」となって、約五十の黄巾賊は、そのまま寺を宿舎にして、携帯の糧嚢りょうのうを解きはじめた。
夕方の炊事の混雑をうかがって、劉備は今こそ逃げるによいしおと、薄暮の門を、そっと外へ踏みだしかけた。
「おい。どこへ行く」
賊の哨兵しょうへいは、見つけるとたちまち、大勢して彼を包囲し、奥にいる馬元義と李朱氾へすぐ知らせた。

青空文庫より

 

2016年5月26日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です