江戸川乱歩「盗難」二宮 隆朗読

江戸川乱歩「盗難」二宮 隆朗読

49.82 May 26, 2018

「ハハハハハハ、分ったかね。じゃ、これで失敬するよ」
突然巡査はそういって立上りました。さつ束は手に持ったままですよ。それから、もう一方の手には、ポケットから取出したピストルを油断なく私達の方へ向けながらですよ。にくらしいじゃありませんか。そんな際にも巡査の句調くちょうを改めないで、失敬するよなんていってるんです。よっぽどたんのすわった奴ですね。
無論、主任も私も、声を立てることも出来ないでぼんやり坐ったままでした。どぎもを抜かれましたよ。まさか戸籍調べに来て顔なじみになっておくという新手しんてがあろうとは気がつきませんや。もうほんとうの巡査だと信じ切っていたのですからね。

2018年7月24日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です