宮沢賢治「水仙月の四日」喜多川拓郎朗読

宮沢賢治「水仙月の四日」喜多川拓郎朗読

25.23
Nov 12, 2017

水仙月の四日

宮沢賢治

雪婆ゆきばんごは、遠くへ出かけてりました。
ねこのやうな耳をもち、ぼやぼやした灰いろの髪をした雪婆んごは、西の山脈の、ちぢれたぎらぎらの雲を越えて、遠くへでかけてゐたのです。
ひとりの子供が、赤い毛布けつとにくるまつて、しきりにカリメラのことを考へながら、大きな象の頭のかたちをした、雪丘のすそを、せかせかうちの方へ急いで居りました。
(そら、新聞紙しんぶんがみとがつたかたちに巻いて、ふうふうと吹くと、炭からまるで青火が燃える。ぼくはカリメラなべに赤砂糖を一つまみ入れて、それからザラメを一つまみ入れる。水をたして、あとはくつくつくつと煮るんだ。)ほんたうにもう一生けん命、こどもはカリメラのことを考へながらうちの方へ急いでゐました。
お日さまは、空のずうつと遠くのすきとほつたつめたいとこで、まばゆい白い火を、どしどしおきなさいます。
その光はまつすぐに四方に発射し、下の方に落ちて来ては、ひつそりした台地の雪を、いちめんまばゆい雪花石膏せつくわせきかうの板にしました。
ひき雪狼ゆきおいのが、べろべろまつ赤な舌を吐きながら、象の頭のかたちをした、雪丘の上の方をあるいてゐました。こいつらは人の眼には見えないのですが、一ぺん風に狂ひ出すと、台地のはづれの雪の上から、すぐぼやぼやの雪雲をふんで、空をかけまはりもするのです。
「しゆ、あんまり行つていけないつたら。」雪狼のうしろから白熊しろくまの毛皮の三角帽子をあみだにかぶり、顔を苹果りんごのやうにかがやかしながら、雪童子ゆきわらすがゆつくり歩いて来ました。
雪狼どもは頭をふつてくるりとまはり、またまつ赤な舌を吐いて走りました。
「カシオピイア、
もう水仙すゐせんが咲き出すぞ
おまへのガラスの水車みづぐるま
きつきとまはせ。」
雪童子はまつ青なそらを見あげて見えない星に叫びました。その空からは青びかりが波になつてわくわくと降り、雪狼どもは、ずうつと遠くでほのほのやうに赤い舌をべろべろ吐いてゐます。
「しゆ、戻れつたら、しゆ、」雪童子がはねあがるやうにしてしかりましたら、いままで雪にくつきり落ちてゐた雪童子の影法師は、ぎらつと白いひかりに変り、狼どもは耳をたてて一さんに戻つてきました。
「アンドロメダ、
あぜみの花がもう咲くぞ、
おまへのラムプのアルコホル、
しゆうしゆと噴かせ。」
雪童子ゆきわらすは、風のやうに象の形の丘にのぼりました。雪には風で介殻かひがらのやうなかたがつき、その頂には、一本の大きなくりの木が、美しい黄金きんいろのやどりぎのまりをつけて立つてゐました。

2017年12月29日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です