新美南吉 「赤とんぼ」福山美奈子朗読

新美南吉 「赤とんぼ」福山美奈子朗読

11.22
Sep 11, 2017

赤とんぼ

新美南吉

赤とんぼは、三回ほど空をまわって、いつも休む一本の垣根かきねの竹の上に、チョイととまりました。
山里の昼は静かです。
そして、初夏の山里は、真実ほんとうに緑につつまれています。
赤とんぼは、クルリと眼玉めだまてんじました。
赤とんぼの休んでいる竹には、朝顔あさがおのつるがまきついています。昨年さくねんの夏、この別荘べっそうの主人がえていった朝顔の結んだ実が、またえたんだろう――と赤とんぼは思いました。
今はこの家にはだれもいないので、雨戸がさびしくしまっています。
赤とんぼは、ツイと竹の先からからだをはなして、高い空にい上がりました。

三四人の人が、こっちへやって来ます。
赤とんぼは、さっきの竹にまたとまって、じっと近づいて来る人々を見ていました。
一番最初にかけて来たのは、赤いリボンの帽子ぼうしをかぶったかあいいおじょうちゃんでした。それから、おじょうちゃんのお母さん、荷物にもつをドッサリ持った書生しょせいさん――と、こう三人です。
赤とんぼは、かあいいおじょうちゃんの赤いリボンにとまってみたくなりました。
でも、おじょうちゃんがおこるとこわいな――と、赤とんぼは頭をかたげました。
けど、とうとう、おじょうちゃんが前へ来たとき、赤とんぼは、おじょうちゃんの赤いリボンに飛びうつりました。
「あッ、おじょうさん、帽子ぼうしに赤とんぼがとまりましたよ。」と、書生さんがさけびました。
赤とんぼは、今におじょうちゃんの手が、自分をつかまえに来やしないかと思って、すぐ飛ぶ用意をしました。
しかし、おじょうちゃんは、赤とんぼをつかまえようともせず、
「まア、あたしの帽子ぼうしに! うれしいわ!」といって、うれしさにび上がりました。
つばくらが、風のようにかけて行きます。

かあいいおじょうちゃんは、今まで空家あきやだったその家に住みこみました。もちろん、お母さんや書生しょせいさんもいっしょです。
赤とんぼは、今日も空をまわっています。
夕陽ゆうひが、そのはねをいっそう赤くしています。

「とんぼとんぼ
赤とんぼ
すすきの中は
あぶないよ」

あどけない声で、こんな歌をうたっているのが、聞こえて来ました。
赤とんぼは、あのおじょうちゃんだろうと思って、そのまま、声のする方へ飛んで行きました。
思った通り、うたってるのは、あのおじょうちゃんでした。
おじょうちゃんは、庭で行水ぎょうずいをしながら、一人うたってたのです。
赤とんぼが、頭の上へ来ると、おじょうちゃんは、持ってたおもちゃの金魚をにぎったまま、
「あたしの赤とんぼ!」とさけんで、両手を高くさし上げました。
赤とんぼは、とても愉快ゆかいです。
書生しょせいさんが、シャボンを持ってやって来ました。
「おじょうさん、背中せなかあらいましょうか?」
「いや――」
「だって――」
「いや! いや! お母さんでなくっちゃ――」
こまったおじょうさん。」
書生しょせいさんは、頭をかきながら歩き出しましたが、朝顔の葉にとまって、ふたりの話をきいてる赤とんぼを見つけると、右手を大きくグルーッと一回まわしました。
みょうな事をするな――と思って、赤とんぼはその指先を見ていました。
つづけて、グルグルと書生さんは右手をまわします。そして、だんだん、その円を小さくして赤とんぼに近づいて来ます。
赤とんぼは、大きなをギョロギョロ動かして、書生さんの指先をみつめています。
だんだん、円は小さく近く、そして早くまわって来ます。
赤とんぼは、まいをしてしまいました。
つぎの瞬間しゅんかん、赤とんぼは、書生しょせいさんの大きな指にはさまれていました。
「おじょうさん、赤とんぼをつかまえましたよ。あげましょうか?」
「ばか! あたしの赤とんぼをつかまえたりなんかして――山田のばか!」
おじょうちゃんは、口をとがらして、を書生さんにぶっかけました。
書生さんは、赤とんぼをはなしてげて行きました。
赤とんぼは、ホッとして空へ飛び上がりました。良いおじょうちゃんだな、と思いながら――

空は真青まっさおに晴れています。どこまでもんでいます。
赤とんぼは、まどはねを休めて、書生さんのお話に耳をかたむけています、かあいいおじょうちゃんと同じように。
「それからね、そのとんぼは、おこって大蜘蛛ぐものやつにくいかかりました。くいつかれた大蜘蛛ぐもは、いたい! いたい! 助けてくれってね、大声にさけんだのですよ。すると、出て来たわ、出て来たわ、小さな蜘蛛くもが、雲のように出て来ました。けれども、とんぼは、もともと強いんですから、片端かたはしから蜘蛛くもにくいついて、とうとう一ぴきのこらずころしてしまいました。ホッとしてそのとんぼが、自分の姿すがたを見ると、これはまあどうでしょう、蜘蛛くもの血が、まっかについてるじゃありませんか。さあ大変だって、とんぼは、泉へ飛んで行って、からだをあらいました。が、赤い血はちっともとれません。で、神様におねがいしてみると、お前は、つみの無い蜘蛛くもをたくさんころしたから、そのたたりでそんなになったんだと、しかられてしまいました。そのとんぼが今の赤とんぼなんですよ。だから、赤とんぼは良くないとんぼです。」
書生しょせいさんのお話は終わりました。
わたしは、そんなむごい事をしたおぼえはないがと、赤とんぼが、首をひねって考えましたとき、おじょうちゃんが大声でさけびました。
うそうそだ! 山田のお話は、みんなうそだよ。あんなかあいらしい赤とんぼが、そんなむごい事をするなんて、蜘蛛くもの赤血だなんて――みんなうそだよ。」
赤とんぼは、真実ほんとうにうれしく思いました。
例の書生さんは、顔をあかくして行ってしまいました。
まどからはなれて、赤とんぼは、おじょうちゃんのかたにつかまりました。
「まア! あたしの赤とんぼ! かあいい赤とんぼ!」
おじょうちゃんのひとみは、黒くんでいました。
あつかった夏は、いつの間にかすぎさってしまいました。
朝顔あさがおは、垣根かきねにまきついたまま、しおれました。
鈴虫すずむしが、すずしい声でなくようになりました。
今日も、赤とんぼは、おじょうちゃんに会いにやって来ました。
赤とんぼは、ちょっとびっくりしました。それは、いつも開いているまどが、みなしまっているからです。
どうしたのかしら? と、赤とんぼが考えたとき、玄関げんかんからだれび出して来ました。
おじょうちゃんです。あのかあいいおじょうちゃんです。
けれども、今日のおじょうちゃんは、悲しい顔つきでした。そして、この別荘べっそうへはじめて来たときかぶってた、赤いリボンの帽子ぼうしを着け、きれいなふくを着ていました。
赤とんぼはいつものように飛んで行って、おじょうちゃんのかたにとまりました。
「あたしの赤とんぼ……かあいい赤とんぼ……あたし、東京へ帰るのよ、もうお別れよ。」
おじょうちゃんは、小さい細い声でくように言いました。
赤とんぼは悲しくなりました。自分もおじょうちゃんといっしょに東京へ行きたいなと思いました。
そのとき、おじょうちゃんのお母さんと、赤とんぼにいたずらをした書生しょせいさんが、出てまいりました。
「ではまいりましょう。」
みな、歩き出しました。
赤とんぼは、やがておじょうちゃんのかたはなれて、垣根かきねの竹の先にうつりました。
「あたしの赤とんぼよ、さようなら――」
かあいいおじょうちゃんは、なんべんもふりかえっていいました。
けど、とうとう、みな姿すがたは見えなくなってしまったのです。
もう、これからは、この家は空家あきやになるのかな――赤とんぼは、しずかに首をかたむけました。

さびしい秋の夕方など、赤とんぼは、尾花おばな穂先ほさきにとまって、あのかあいいおじょうちゃんを思い出しています。

2017年11月7日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です