2015年12月

  • 朗読カフェSTUDIO、岡田慎平朗読「三国志」桃園の巻吉川英治黄巾賊三

    ゆるやかに、江を下ってくる船の影は、うすずを負って黒く、徐々と眼の前に近づいてきた。ふつうの客船や貨船とちがい、洛陽船はひと目でわかる。無数の紅い龍舌旗りゅうぜつきを帆ばしらにひるがえし、船楼せんろうは五さいに塗ってあった。
    「おうーい」
    劉備りゅうびは手を振った。
    しかし船は一個の彼に見向きもしなかった。
    おもむろにかじを曲げ、スルスルと帆をおろしながら、黄河の流れにまかせて、そこからずっと下流の岸へ着いた。
    百戸ばかりの水村すいそんがある。
    今日、洛陽船を待っていたのは、劉備ひとりではない。岸にはがやがやと沢山な人影がかたまっていた。をひいた仲買人の群れだの、鶏車チイチャーと呼ぶ手押し車に、土地の糸や綿を積んだ百姓だの、獣の肉や果物をかごに入れて待つ物売りだの――すでにそこには、洛陽船を迎えて、いちが立とうとしていた。
    なにしろ、黄河の上流、洛陽の都には今、後漢ごかんの第十二代の帝王、霊帝れいてい居城きょじょうがあるし、珍しい物産や、文化のすいは、ほとんどそこでつくられ、そこから全支那へ行きわたるのである。
    幾月かに一度ずつ、文明の製品を積んだ洛陽船が、この地方へも下江かこうしてきた。そして沿岸の小都市、村、部落など、市の立つところに船を寄せて、交易こうえきした。

    青空文庫より

    朗読カフェSTUDIO、岡田慎平朗読「三国志」桃園の巻吉川英治 黄巾賊四


    「持っております」
    彼は、懐中ふところ革嚢かわぶくろを取出し、銀や砂金を取りまぜて、相手の両掌りょうてへ、惜しげもなくそれを皆あけた。
    「ほ……」
    洛陽の商人は、の上の目量めかたを計りながら、
    「あるねえ。しかし、ぎんがあらかたじゃないか。これでは、よい茶はいくらも上げられないが」
    「何ほどでも」
    「そんなに欲しいのかい」
    「母が眼を細めて、よろこぶ顔が見たいので――」
    「お前さん、商売は?」
    むしろすだれを作っています」
    「じゃあ、失礼だが、これだけのかねをためるにはたいへんだろ」
    「二年かかりました。自分の食べたい物も、着たい物も、節約して」
    「そう聞くと、断われないな。けれどとても、これだけの銀と替えたんじゃ引合わない。なにかほかにないかね」
    「これも添えます」
    劉備りゅうびは、剣のにさげている※(「王+干」、第3水準1-87-83)ろうかんの珠を解いて出した。洛陽の商人は琅※(「王+干」、第3水準1-87-83)などは珍しくない顔つきをして見ていたが、
    「よろしい。おまえさんの孝心に免じて、茶と交易してやろう」
    と、やがて船室の中から、すずの小さいつぼを一つ持ってきて、劉備に与えた。
    黄河は暗くなりかけていた。西南方に、妖猫ようびょうの眼みたいな大きな星がまたたいていた。その星の光をよく見ていると虹色のかさがぼっとさしていた。
    ――世の中がいよいよ乱れる凶兆きょうちょうだ。
    と、近頃しきりと、世間の者がこわがっている星である。
    「ありがとうございました」
    劉備青年は、錫の小壺を、両掌りょうてに持って、やがて岸を離れてゆく船の影を拝んでいた。もうまぶたに、母のよろこぶ顔がちらちらする。
    しかし、ここから故郷の※(「さんずい+(冢-冖)」、第3水準1-86-80)県楼桑村たくけんろうそうそんまでは、百里の余もあった。幾夜の泊りを重ねなければ帰れないのである。
    「今夜は寝て――」と、考えた。
    彼方かなたを見ると、水村すいそんが二つ三つまたたいている。彼は村の木賃きちんへ眠った。

    青空文庫より

  • 朗読カフェSTUDIO 田中智之朗読 「 競馬」吉川英治

    競馬場がふえ、競馬ファンもふえてきた。応接間の座談として、競馬が語られる時代がきた。その中で、時々、知人のあいだにも、“楽しみを楽しまざる人”がまま多い。――競馬を苦しむ方の人である。
    このあいだも、某社の、記者としても人間としても、有能な若い人だが、競馬に熱中して、社にも負債を生じ、家庭にも困らせている人があるという話が出て――僕はその若い有能な雑誌記者を惜しむのあまり、その人は知らないが、忠告のてがみを送ろうとおもって、客に、姓名まで書いておいてもらったが、やはり未知の者へ、いきなりそんな手紙をやるのもためらわれ、必ず他にも近頃は同病の士も多かろうとおもって、ここに書くことにした。
    ――といっても、僕自身、競馬は好きなのであるから、単に、競馬のへいを説くのではない。
    しかし、楽しみを楽しむには、害をも、理性にとめていなければなるまい。
    害を、強調する者は、よく、そのために産を破り、不義理をし、家庭をそこね、夜逃げまでするような例をあげて――だから有為な者が、近よるべきでないと云ったりする。
    国営になっても、その社会害は、かわらないという。
    その通りである。だが、私はそれだけを思わない。
    あの競馬場の熱鬧は、そのままが、人生の一縮図だと、観るのである。あの渦の中で、自己の理性を失う者は、実際の社会面でも、いつか、その弱点を、出す者にちがいない。
    あの馬券売場の前で、家庭を賭けたり、自分の信用や前途までを、アナ場へ、突ッこんでしまうものは、世間においても、いつか同じ心理のことをやってしまう危険性のある者にちがいない。なぜならば、その人間に、あきらかに、そうした素質があることを、あのるつぼの試練が、実証してみせるからだ。ただ、競馬場は、それを一日の短時間に示し、世間における処世では、それが長い間になされるという――時間のちがいだけしかない。
    競馬場のるつぼほど、自分の脆弱な意志の面と、いろいろな自己の短所がはっきり、心の表に、あらわれてくるものはない。自分ですら気づかなかった根性が、ありありと露呈してくるものである。それを意識にとらえて、理性と闘わせてみることは、大きな自己反省のくりかえしになる。そして、長い人生のあいだに、いつか禍根となるべき自分の短所を、未然に、矯正することができるとおもう。理性をもって、自由な遊戯心を、撓め正すなんてことは、それ自体、遊びではなくなるという人もあろうが、人生の苦しみをも、楽々遊びうる人ならいいが、そうでない限り、苦しみは遊びではなくなる――という結論はどうしようもない。
    ほんの小費いとして持って行ったものを、負けて帰るさえ、帰り途は、朝のように愉快ではない。だから私は、以前の一レース二十円限度時代に、朝、右のズボンのかくしに、十レース分、二百円を入れてゆき、そのうち、一回でも、取った配当は、左のかくしに入れて帰った。その気もちは、どんな遊戯にも、遊興代はかかるものであるから、あらかじめ、遊興費の前払いとおもう額を、右のポケットに入れて出かけるのである。左のポケットに残って帰る分は、たとえいくらでも、儲かったと思って帰ることなのである。――だから私は、どうです馬券は、と人にきかれると、負けたことはありません、と常に答えた。帰り途も、いつでも、朝の出がけの気もちのまま、愉快に帰るために考えついた一方法である。

  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェ別役みか朗読 泉鏡花「山の手小景」

     

    山の手小景

    泉鏡花

    矢來町やらいちやう

    「お美津みつ、おい、一寸ちよつと、あれい。」とかた擦合すりあはせて細君さいくんんだ。旦那だんなふは、しま銘仙めいせんあはせ白縮緬しろちりめんおびしたにフランネルの襯衣シヤツ、これを長襦袢ながじゆばんくらゐ心得こゝろえひとだから、けば/\しく一着いつちやくして、羽織はおりず、洋杖ステツキをついて、紺足袋こんたび山高帽やまたかばういたゞいてる、たか人物じんぶつ
    なんですか。」
    一寸ちよつと横顏よこがほ旦那だんなはう振向ふりむけて、ぐに返事へんじをした。細君さいくんが、またたゞちに良人をつとくちおうじたのは、けだめづらしいので。……西洋せいやうことわざにも、能辯のうべんぎんごとく、沈默ちんもくきんごとしとある。
    れば、神樂坂かぐらざかきがけに、前刻さつき郵便局いうびんきよくまへあたりで、水入みづいらずの夫婦ふうふ散歩さんぽたのに、あまはなしがないから、
    美津みつ下駄げたうてやるか。)とつてたが、だまつて返事へんじをしなかつた。貞淑ていしゆくなる細君さいくんは、品位ひんゐたもつこと、あたか大籬おほまがき遊女いうぢよごとく、廊下らうか會話くわいわまじへるのは、はしたないとおもつたのであらう。
    (あゝん、のさきの下駄げたはうえゝか、おまへすきところへ、あゝん。)とねんれてたが、矢張やつぱりだまつて、爾時そのときは、おなじ横顏よこがほ一寸ちよつとそむけて、あらぬところた。
    丁度ちやうど左側ひだりがはを、二十はたちばかりのいろしろをとことほつた。旦那だんなやゝにごつたこゑ調子高てうしだかに、
    (あゝん、うぢや。)
    いやですことねえ、)となにともかぬことをつたのであるが、其間そのかん消息せうそくおのづか神契しんけい默會もくくわい
    (にやけたやつぢや、國賊こくぞくちゆう!)とこゝろよげに、小指こゆびさきほどな黒子ほくろのあるひらた小鼻こばなうごめかしたのである。ふまでもないが、のほくろはきはめて僥倖げうかうなかばひげにかくれてるので。さて銀側ぎんがは懷中くわいちう時計どけいは、散策さんさくさいはなさず、くだんおび卷着まきつけてあるのだから、とき自分じぶんにもあきらかであらう、さき郵便局いうびんきよくまへとほつたのが六時ろくじ三十分さんじつぷんで、かへみち通懸とほりかゝつたのが、十一時じふいちじ少々せう/\ぎてた。

  • えうれか 第二回公演岸田國士 短編四作品上演えうれか 第二回公演岸田國士 短編四作品上演

    『岸田國士 短編四作品上演』/えうれか
    2015年11月20日 12:00
    昨年出演しました団体・えうれか
    の公演に、再び出演致します。

    今回は岸田國士作品。

    えうれか 第二回公演
    『岸田國士 短編四作品上演』
    作:岸田國士
    演出:花村雅子

    :演目/出演者:

    「ヂアロオグ・プランタニエ」
    黒沢佳奈<火遊び>
    梢栄

    「命を弄ぶ男ふたり」
    大塚 公祐(劇団InnocentSphere)
    垣内 健吾

    「ぶらんこ」
    上田晃之
    佐々木史(劇団mahoroba+α)

    「恋愛恐怖病」
    西村俊彦
    大森茉利子(あやめ十八番)
    奥田一平

    舞台監督:佐藤秀憲(ステージメイツ)
    照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd)
    照明操作:吉村愛子
    音響:瀬野豪志(蘇音)
    美術:北川 聖子
    演奏:久保山有造[ヴィオラ]、山田直敬[ヴィオラ]、松岡祐子[パーカッション]
    制作/宣伝美術:森慶太(gekipon)
    当日運営にむらかおり

    :日程:

    2015年12月8日(火) ~ 12月13日(日)

    8日(火)18:30(ヂ・命・ぶ・恋) ※公開ゲネプロ
    9日(水)19:00(ヂ・命・ぶ・恋)
    10日(木)15:00 (ヂ・命)/19:30 (ぶ・恋)
    11日(金)15:00(ヂ・命)/19:30 (ぶ・恋)
    12日(土)13:00(ヂ・命・ぶ・恋)/19 :00( ヂ・命・ぶ・恋 )
    13日(日)13:00(ヂ・命・ぶ・恋)

    :会場:
    渋谷 ギャラリー・ルデコ 5階

    :料金:
    四作品上演 2,200円 /二作品上演 1,500円/公開ゲネプロ 1,000円

    ※全席自由です。先着順の入場となります。
    ※四作品上演は途中に10分の休憩が入ります。
    ※二作品上演をご覧のお客様は、他の二作品上演回を700円でご覧いただけます。