物袋綾子

  • 坂口安吾「恋愛論」物袋綾子朗読

    恋愛論

    坂口安吾

     恋愛とはいかなるものか、私はよく知らない。そのいかなるものであるかを、一生の文学に探しつづけているようなものなのだから。
    誰しも恋というものに突きあたる。あるいは突きあたらずに結婚する人もあるかもしれない。やがてしかし良人おっとを妻を愛す。あるいは生れた子供を愛す。家庭そのものを愛す。金を愛す。着物を愛す。
    私はフザけているのではないゝ。
    日本語では、恋と、愛という語がある。いくらかニュアンスがちがうようだ。あるいは二つをずいぶん違ったように解したり感じたりしている人もあるだろう。外国では(私の知るヨーロッパの二三の国では)愛も恋も同じで、人を愛すという同じ言葉で物を愛すという。日本では、人を愛し、人を恋しもするが、通例物を恋すとはいわない。まれに、そういう時は、愛すと違った意味、もう少し強烈な、狂的な力がこめられているような感じである。
    もっとも、恋す、という語には、いまだ所有せざるものに思いこがれるようなニュアンスもあり、愛すというと、もっと落ちついて、静かで、澄んでいて、すでに所有したものを、いつくしむような感じもある。だから恋すという語には、もとめるはげしさ、狂的な祈願がこめられているような趣きでもある。私は辞書をしらべたわけではないのだが、しかし、恋と愛の二語に歴史的な、区別され限定された意味、ニュアンスが明確に規定されているようには思われぬ。
    昔、切支丹キリシタンが初めて日本に渡来したころ、この愛という語で非常に苦労したという話がある。あちらでは愛すは好むで、人を愛す、物を愛す、みな一様に好むという平凡な語が一つあるだけだ。ところが、日本の武士道では、不義はお家の御法度で、色恋というと、すぐ不義とくる。恋愛はよこしまなものにきめられていて、清純な意味が愛の一字にふくまれておらぬのである。切支丹は愛を説く。神の愛、キリシトの愛、けれども愛は不義につらなるニュアンスが強いのだから、この訳語に困惑したので、苦心のあげくに発明したのが、大切という言葉だ。すなわち「デウスのご大切」「キリシトのご大切」と称し、余は汝を愛す、というのを、余は汝を大切に思う、と訳したのである。
    実際、今日われわれの日常の慣用においても、愛とか恋は何となく板につかない言葉の一つで、僕はあなたを愛します、などというと、舞台の上でウワの空にしゃべっているような、われわれの生活の地盤に密着しない空々しさが感じられる。愛す、というのは何となくキザだ。そこで、僕はあなたがすきだ、という。この方がホンモノらしい重量があるような気がするから、要するに英語のラヴと同じ結果になるようだが、しかし、日本語のすきだ、だけでは力不足の感があり、チョコレートなみにしかすきでないような物たりなさがあるから、しかたなしに、とてもすきなんだ、と力むことになる。
    日本の言葉は明治以来、外来文化に合わせて間に合わせた言葉が多いせいか、言葉の意味と、それがわれわれの日常に慣用される言葉のイノチがまちまちであったり、同義語が多様でその各々に靄がかかっているような境界線の不明確な言葉が多い。これを称して言葉の国というべきか、われわれの文化がそこから御利益を受けているか、私は大いに疑っている。
    惚れたというと下品になる、愛すというといくらか上品な気がする。下品な恋、上品な恋、あるいは実際いろいろの恋があるのだろうから、惚れた、愛した、こう使いわけて、たった一字の動詞で簡単明瞭に区別がついて、日本語は便利のようだが、しかし、私はあべこべの不安を感じる。すなわち、たった一語の使いわけによって、いともあざやかに区別をつけてそれですましてしまうだけ、物自体の深い機微、独特な個性的な諸表象を見のがしてしまう。言葉にたよりすぎ、言葉にまかせすぎ、物自体に即して正確な表現を考え、つまりわれわれの言葉は物自体を知るための道具だという、考え方、観察の本質的な態度をおろそかにしてしまう。要するに、日本語の多様性は雰囲気的でありすぎ、したがって、日本人の心情の訓練をも雰囲気的にしている。われわれの多様な言葉はこれをあやつるにきわめて自在豊饒な心情的沃野を感じさせてたのもしい限りのようだが、実はわれわれはそのおかげで、わかったようなわからぬような、万事雰囲気ですまして卒業したような気持になっているだけの、原始詩人の言論の自由に恵まれすぎて、原始さながらのコトダマのさきわう国に、文化の借り衣裳をしているようなものだ。
    人は恋愛というものに、特別雰囲気を空想しすぎているようだ。しかし、恋愛は、言葉でもなければ、雰囲気でもない。ただ、すきだ、ということの一つなのだろう。すきだ、という心情に無数の差があるかもしれぬ。その差の中に、すき、と、恋との別があるのかもしれないが、差は差であって、雰囲気ではないはずである。

  • 芥川龍之介「猿蟹合戦」物袋綾子朗読

    猿蟹合戦

    芥川龍之介

    かにの握り飯を奪ったさるはとうとう蟹にかたきを取られた。蟹はうすはち、卵と共に、怨敵おんてきの猿を殺したのである。――その話はいまさらしないでもい。ただ猿を仕止めたのち、蟹を始め同志のものはどう云う運命に逢着ほうちゃくしたか、それを話すことは必要である。なぜと云えばお伽噺とぎばなしは全然このことは話していない。
    いや、話していないどころか、あたかも蟹は穴の中に、臼は台所の土間どまの隅に、蜂は軒先のきさきの蜂の巣に、卵は籾殻もみがらの箱の中に、太平無事な生涯でも送ったかのようによそおっている。
    しかしそれはいつわりである。彼等はかたきを取った後、警官の捕縛ほばくするところとなり、ことごとく監獄かんごくに投ぜられた。しかも裁判さいばんを重ねた結果、主犯しゅはん蟹は死刑になり、臼、蜂、卵等の共犯は無期徒刑の宣告を受けたのである。お伽噺とぎばなしのみしか知らない読者はこう云う彼等の運命に、怪訝かいがの念を持つかも知れない。が、これは事実である。寸毫すんごうも疑いのない事実である。
    かには蟹自身の言によれば、握り飯とかきと交換した。が、猿は熟柿じゅくしを与えず、青柿あおがきばかり与えたのみか、蟹に傷害を加えるように、さんざんその柿を投げつけたと云う。しかし蟹は猿とのあいだに、一通の証書も取りわしていない。よしまたそれは不問ふもんに附しても、握り飯と柿と交換したと云い、熟柿とは特にことわっていない。最後に青柿を投げつけられたと云うのも、猿に悪意があったかどうか、そのへんの証拠は不十分である。だから蟹の弁護に立った、雄弁の名の高い某弁護士も、裁判官の同情を乞うよりほかに、策の出づるところを知らなかったらしい。その弁護士は気の毒そうに、蟹の泡を拭ってやりながら、「あきらめ給え」と云ったそうである。もっともこの「あきらめ給え」は、死刑の宣告を下されたことをあきらめ給えと云ったのだか、弁護士に大金たいきんをとられたことをあきらめ給えと云ったのだか、それは誰にも決定出来ない。
    その上新聞雑誌の輿論よろんも、蟹に同情を寄せたものはほとんど一つもなかったようである。蟹の猿を殺したのは私憤しふんの結果にほかならない。しかもその私憤たるや、おのれの無知と軽卒けいそつとから猿に利益を占められたのを忌々いまいましがっただけではないか? 優勝劣敗の世の中にこう云う私憤をらすとすれば、愚者にあらずんば狂者である。――と云う非難が多かったらしい。現に商業会議所会頭某男爵だんしゃくのごときは大体かみのような意見と共に、蟹の猿を殺したのも多少は流行の危険思想にかぶれたのであろうと論断した。そのせいか蟹の仇打かたきうち以来、某男爵は壮士のほかにも、ブルドッグを十頭ったそうである。
    かつまた蟹の仇打ちはいわゆる識者のあいだにも、一向いっこう好評を博さなかった。大学教授某博士はかせは倫理学上の見地から、蟹の猿を殺したのは復讐ふくしゅうの意志にたものである、復讐は善と称し難いと云った。それから社会主義の某首領は蟹は柿とか握り飯とか云う私有財産を難有ありがたがっていたから、臼や蜂や卵なども反動的思想を持っていたのであろう、事によると尻押しりおしをしたのは国粋会こくすいかいかも知れないと云った。それから某宗ぼうしゅうの管長某師は蟹は仏慈悲ぶつじひを知らなかったらしい、たとい青柿を投げつけられたとしても、仏慈悲を知っていさえすれば、猿の所業を憎む代りに、かえってそれを憐んだであろう。ああ、思えば一度でもいから、わたしの説教を聴かせたかったと云った。それから――また各方面にいろいろ批評する名士はあったが、いずれも蟹の仇打ちには不賛成ふさんせいの声ばかりだった。そう云う中にたった一人、蟹のために気を吐いたのは酒豪しゅごう兼詩人の某代議士である。代議士は蟹の仇打ちは武士道の精神と一致すると云った。しかしこんな時代遅れの議論は誰の耳にもとまるはずはない。のみならず新聞のゴシップによると、その代議士は数年以前、動物園を見物中、猿に尿いばりをかけられたことを遺恨いこんに思っていたそうである。
    伽噺とぎばなししか知らない読者は、悲しい蟹の運命に同情の涙を落すかも知れない。しかし蟹の死は当然である。それを気の毒に思いなどするのは、婦女童幼のセンティメンタリズムに過ぎない。天下は蟹の死をなりとした。現に死刑の行われた、判事、検事、弁護士、看守かんしゅ、死刑執行人、教誨師きょうかいし等は四十八時間熟睡したそうである。その上皆夢の中に、天国の門を見たそうである。天国は彼等の話によると、封建時代の城に似たデパアトメント・ストアらしい。
    ついでに蟹の死んだのち、蟹の家庭はどうしたか、それも少し書いて置きたい。蟹の妻は売笑婦ばいしょうふになった。なった動機は貧困のためか、彼女自身の性情のためか、どちらかいまだに判然しない。蟹の長男は父の没後、新聞雑誌の用語を使うと、「飜然ほんぜんと心を改めた。」今は何でもある株屋の番頭か何かしていると云う。この蟹はある時自分の穴へ、同類の肉を食うために、怪我けがをした仲間を引きずりこんだ。クロポトキンが相互扶助論そうごふじょろんの中に、蟹も同類をいたわると云う実例を引いたのはこの蟹である。次男の蟹は小説家になった。勿論もちろん小説家のことだから、女にれるほかは何もしない。ただ父蟹の一生を例に、善は悪の異名いみょうであるなどと、加減かげんな皮肉を並べている。三男の蟹は愚物ぐぶつだったから、蟹よりほかのものになれなかった。それが横這よこばいに歩いていると、握り飯が一つ落ちていた。握り飯は彼の好物だった。彼は大きいはさみの先にこの獲物えものを拾い上げた。すると高い柿の木のこずえしらみを取っていた猿が一匹、――その先は話す必要はあるまい。
    とにかく猿と戦ったが最後、蟹は必ず天下のために殺されることだけは事実である。語を天下の読者に寄す。君たちもたいてい蟹なんですよ。

  • 小川未明「金の輪」物袋綾子朗読

    太郎は長いあいだ、病気びょうきでふしていましたが、ようやくとこからはなれて出られるようになりました。けれどまだ三月の末で、朝と晩には寒いことがありました。
    だから、日のあたっているときには、外へ出てもさしつかえなかったけれど、晩がたになると早く家へはいるように、おかあさんからいいきかされていました。
    まだ、さくらの花も、ももの花も咲くには早うございましたけれど、うめだけが、かきねのきわに咲いていました。そして、雪もたいてい消えてしまって、ただ大きな寺のうらや、はたけのすみのところなどに、いくぶんか消えずにのこっているくらいのものでありました。
    太郎は、外に出ましたけれど、往来おうらいにはちょうど、だれも友だちが遊んでいませんでした。みんな天気がよいので、遠くの方まで遊びに行ったものとみえます。もし、この近所であったら、自分も行ってみようと思って、耳をすましてみましたけれど、それらしい声などはきこえなかったのであります。
    ひとりしょんぼりとして、太郎は家のまえに立っていましたが、畑には去年とりのこした野菜やさいなどが、新しくみどり色の芽をふきましたので、それを見ながら細い道を歩いていました。
    すると、よい金の輪のふれあう音がして、ちょうどすずを鳴らすようにきこえてきました。
    かなたを見ますと、往来の上をひとりの少年が、輪をまわしながら、走ってきました。そして、その輪は金色きんいろに光っていました。太郎は目を見はりました。かつてこんなに美しく光る輪を見なかったからであります。しかも、少年のまわしてくる金の輪は二つで、それがたがいにふれあって、よい音色ねいろをたてるのであります。太郎はかつてこんなに手ぎわよく輪をまわす少年を見たことがありません。いったいだれだろうと思って、かなたの往来を走って行く少年の顔をながめましたが、まったく見おぼえのない少年でありました。
    この知らぬ少年は、その往来をすぎるときに、ちょっと太郎の方をむいて微笑びしょうしました。ちょうど知った友だちにむかってするように、なつかしげに見えました。

  • 物袋綾子朗読「かげ」新美南吉

  • 物袋綾子朗読「納豆の茶漬け」北大路魯山人

    納豆の茶漬けは意想外に美味いものである。しかも、ほとんど人の知らないところである。食通間といえども、これを知る人は意外に少ない。と言って、私の発明したものではないが、世上これを知らないのはふしぎである。

    納豆の拵え方

    ここでいう納豆のこしらえ方とは、ねり方のことである。このねり方がまずいと、納豆の味が出ない。納豆を器に出して、それになにも加えないで、そのまま、二本の箸でよくねりまぜる。そうすると、納豆の糸が多くなる。蓮から出る糸のようなものがふえて来て、かたくて練りにくくなって来る。この糸を出せば出すほど納豆は美味くなるのであるから、不精をしないで、また手間を惜しまず、極力ねりかえすべきである。
    かたく練り上げたら、醤油を数滴落としてまた練るのである。また醤油数滴を落として練る。要するにほんの少しずつ醤油をかけては、ねることを繰り返し、糸のすがたがなくなってどろどろになった納豆に、辛子を入れてよく攪拌する。この時、好みによって薬味(ねぎのみじん切り)を少量混和すると、一段と味が強くなって美味い。茶漬けであってもなくても、納豆はこうして食べるべきものである。
    最初から醤油を入れてねるようなやり方は、下手なやり方である。納豆食いで通がる人は、醤油の代りに生塩を用いる。納豆に塩を用いるのは、さっぱりして確かに好ましいものである。しかし、一般にはふつうの醤油を入れる方が無難なものが出来上がるであろう。

    お茶潰けのやり方

    そこで以上のように出来上がったものを、まぐろの茶漬けなどと同様に、茶碗に飯を少量盛った上へ、適当にのせる。納豆の場合は、とりわけ熱飯がよい。煎茶をかけ、納豆に混和した醤油で塩加減が足りなければ、飯の上に醤油を数滴たらすのもいい。最初から納豆の茶漬けのためにねる時は、はじめから醤油を余計まぜた方がいい。元来、いい味わいを持つ納豆に対して、化学調味料を加えたりするのは好ましいやり方ではない。そうして飯の中に入れる納豆の量は、飯の四分の一程度がもっとも美味しい。納豆は少なきに過ぎては味がわるく、多きに過ぎては口の中でうるさくて食べにくい。
    これはたやすいやり方で、簡単にできるものである。早速、秋の好ましいたべものとして、口福を満たさるべきではなかろうか。

    納豆のよしあし

    納豆には美味いものと不味いものとある。不味いのは、ねっても糸をひかないで、ざくざくとしている。それは納豆として充分に発酵していない未熟な品である。糸をひかずに豆がざくざくぽくぽくしている。充分にかもされている納豆は、豆の質がこまかく、豆がねちねちしていないものは、手をいかに下すとも救い難いものである。だから、糸をひかない納豆は食べられない。一番美味いのは、仙台、水戸などの小粒の納豆である。神田で有名な大粒の納豆も美味い。しかし、昔のように美味くなくなったのは遺憾である。豆が多くて、素人目にはよい納豆にはなっているが。

    (昭和七年)

  • 物袋綾子朗読「二ひきの蛙」新美南吉

    二ひきの蛙

    新美南吉

    緑のかえると黄色のかえるが、はたけのまんなかでばったりゆきあいました。
    「やあ、きみは黄色だね。きたない色だ。」
    と緑のかえるがいいました。
    「きみは緑だね。きみはじぶんを美しいと思っているのかね。」
    と黄色のかえるがいいました。
    こんなふうに話しあっていると、よいことはこりません。二ひきのかえるはとうとうけんかをはじめました。
    緑のかえるは黄色のかえるの上にとびかかっていきました。このかえるはとびかかるのが得意とくいでありました。
    黄色のかえるはあとあしですなをけとばしましたので、あいてはたびたび目玉からすなをはらわねばなりませんでした。
    するとそのとき、寒い風がふいてきました。
    二ひきのかえるは、もうすぐ冬のやってくることをおもいだしました。かえるたちは土の中にもぐって寒い冬をこさねばならないのです。
    「春になったら、このけんかの勝負しょうぶをつける。」
    といって、緑のかえるは土にもぐりました。
    「いまいったことをわすれるな。」
    といって、黄色のかえるももぐりこみました。
    寒い冬がやってきました。かえるたちのもぐっている土の上に、びゅうびゅうと北風がふいたり、霜柱しもばしらが立ったりしました。
    そしてそれから、春がめぐってきました。
    土の中にねむっていたかえるたちは、せなかの上の土があたたかくなってきたのでわかりました。
    さいしょに、緑のかえるが目をさましました。土の上に出てみました。まだほかのかえるは出ていません。
    「おいおい、おきたまえ。もう春だぞ。」
    と土の中にむかってよびました。
    すると、黄色のかえるが、
    「やれやれ、春になったか。」
    といって、土から出てきました。
    去年きょねんのけんか、わすれたか。」
    と緑のかえるがいいました。
    「待て待て。からだの土をあらいおとしてからにしようぜ。」
    と黄色のかえるがいいました。
    二ひきのかえるは、からだから泥土どろつちをおとすために、いけのほうにいきました。
    いけには新しくわきでて、ラムネのようにすがすがしい水がいっぱいにたたえられてありました。そのなかへかえるたちは、とぶんとぶんととびこみました。
    からだをあらってから緑のかえるが目をぱちくりさせて、
    「やあ、きみの黄色は美しい。」
    といいました。
    「そういえば、きみの緑だってすばらしいよ。」
    と黄色のかえるがいいました。
    そこで二ひきのかえるは、
    「もうけんかはよそう。」
    といいあいました。
    よくねむったあとでは、人間でもかえるでも、きげんがよくなるものであります。
    青空文庫より

     

  • 朗読カフェSTUDIO 物袋綾子朗読「デンデンムシノ カナシミ」新美南吉


    デンデンムシノ カナシミ

    新美南吉

    イツピキノ デンデンムシガ アリマシタ。
    アル ヒ ソノ デンデンムシハ タイヘンナ コトニ キガ ツキマシタ。
    「ワタシハ イママデ ウツカリシテ ヰタケレド、ワタシノ セナカノ カラノ ナカニハ カナシミガ イツパイ ツマツテ ヰルデハ ナイカ」
    コノ カナシミハ ドウ シタラ ヨイデセウ。
    デンデンムシハ オトモダチノ デンデンムシノ トコロニ ヤツテ イキマシタ。
    「ワタシハ モウ イキテ ヰラレマセン」
    ト ソノ デンデンムシハ オトモダチニ イヒマシタ。
    「ナンデスカ」
    ト オトモダチノ デンデンムシハ キキマシタ。
    「ワタシハ ナント イフ フシアハセナ モノデセウ。ワタシノ セナカノ カラノ ナカニハ カナシミガ イツパイ ツマツテ ヰルノデス」
    ト ハジメノ デンデンムシガ ハナシマシタ。
    スルト オトモダチノ デンデンムシハ イヒマシタ。
    「アナタバカリデハ アリマセン。ワタシノ セナカニモ カナシミハ イツパイデス。」

    ソレヂヤ シカタナイト オモツテ、ハジメノ デンデンムシハ、ベツノ オトモダチノ トコロヘ イキマシタ。
    スルト ソノ オトモダチモ イヒマシタ。
    「アナタバカリヂヤ アリマセン。ワタシノ セナカニモ カナシミハ イツパイデス」
    ソコデ、ハジメノ デンデンムシハ マタ ベツノ オトモダチノ トコロヘ イキマシタ。
    カウシテ、オトモダチヲ ジユンジユンニ タヅネテ イキマシタガ、ドノ トモダチモ オナジ コトヲ イフノデ アリマシタ。
    トウトウ ハジメノ デンデンムシハ キガ ツキマシタ。
    「カナシミハ ダレデモ モツテ ヰルノダ。ワタシバカリデハ ナイノダ。ワタシハ ワタシノ カナシミヲ コラヘテ イカナキヤ ナラナイ」
    ソシテ、コノ デンデンムシハ モウ、ナゲクノヲ ヤメタノデ アリマス。

    青空文庫より


  • 海渡みなみさんの朗読 林芙美子「絵本」

    菱田 盛之 朗読 夢野久作「きのこ会議」

    物袋綾子 朗読 新美南吉「手袋を買いに」

    久永亮子さん 朗読 立原道造「夢見たものは」
    浅井照子朗読 花岡大学「百羽のツル
    非公開