その他

  • 島崎藤村「三人の訪問者」 物袋綾子朗読

    13.43
    Oct 29, 2017

    三人の訪問者

    島崎藤村

    「冬」が訪ねて来た。
    私が待受けて居たのは正直に言うと、もっと光沢つやのない、単調な眠そうな、貧しそうに震えた、醜く皺枯れた老婆であった。私は自分の側に来たものの顔をつくづくと眺めて、まるで自分の先入主となった物の考え方や自分の予想して居たものとは反対であるのに驚かされた。私は尋ねて見た。
    「お前が『冬』か。」
    「そういうお前は一体私を誰だと思うのだ。そんなにお前は私を見損なって居たのか。」
    と「冬」が答えた。
    「冬」は私にいろいろな樹木を指して見せた。あの満天星どうだんを御覧、と言われて見ると旧い霜葉はもうくに落尽して了ったが、茶色を帯びた細く若い枝の一つ一つには既に新生の芽が見られて、そのみずみずしい光沢のある若枝にも、勢いこんで出て来たような新芽にも、冬の焔が流れて来て居た。満天星ばかりではない、梅の素生すばえは濃い緑色に延びて、早や一尺に及ぶのもある。ちいさくなって蹲踞しゃがんで居るのは躑躅だが、でもがつがつ震えるような様子はすこしも見えない。あの椿の樹を御覧と「冬」が私に言った。日を受けて光る冬の緑葉には言うに言われぬかがやきがあって、密集した葉と葉の間からは大きな蕾が顔を出して居た。何かの深い微笑のように咲くあの椿の花の中には霜の来る前に早や開落したのさえあった。
    「冬」は私に八つ手の樹を指して見せた。そこにはまた白に近い淡緑の色彩の新しさがあって、その力のある花の形は周囲の単調を破って居た。
    三年の間、私は異郷の客舎の方で暗い冬を送って来た。寒い雨でも来て障子の暗い日なぞにはよくあの巴里の冬を思出す。そこでは一年のうちの最も日の短いという冬至前後になると、朝の九時頃に漸く夜が明けて午後の三時半には既に日が暮れて了った。あのボオドレエルの詩の中にあるような赤熱の色に燃えてしかも凍り果てるという太陽は、必ずしも北極のはてを想像しない迄も、巴里の町を歩いて居てよく見らるるものであった。枯々としたマロニエの並木の間に冬が来ても青々として枯れずに居る草地の眺めばかりは、特別な冬景色ではあったけれども、あの灰色な深い静寂なシャ※(濁点付き片仮名ワ、1-7-82)ンヌの「冬」の色調こそ彼地の自然にはふさわしいものであった。

  • 樋口一葉「この子」海渡みなみ朗読

    26.93
    Oct 28, 2017

     くちしてわたし我子わがこ可愛かあいいといふことまをしたら、さぞ皆樣みなさま大笑おほわらひをあそばしましやう、それは何方どなただからとて我子わがこにくいはありませぬもの、とりたてゝなに自分じぶんばかり美事みごとたからつてるやうにほこがほまをすことの可笑をかしいをおわらひにりましやう、だからわたしくちして其樣そん仰山ぎやうさんらしいことひませぬけれど、こゝろのうちではほんに/\可愛かあいいのにくいのではありませぬ、あはせてをがまぬばかりかたじけないとおもふてりまする。
    わたし此子このこはゞわたしためまもがみで、此樣こん可愛かあい笑顏ゑがほをして、無心むしんあそびをしてますけれど、此無心このむしん笑顏ゑがほわたしをしへてれましたこと大層たいそうなは、のこりなくくちにはくされませぬ、學校がくかうみました書物しよもつ教師けうしからかしてれました樣々さま/″\ことは、それはたしかにわたしためにもなり、ことあるごとおもしてはあゝでつた、うでつたと一々いち/\かへりみられまするけれど、此子このこ笑顏ゑがほのやうに直接ぢかに、眼前まのあたり、かけあしとゞめたり、くるこゝろしづめたはありませぬ、此子このこなん小豆枕あづきまくらをして、兩手りやうてかたのそばへ投出なげだして寢入ねいつてとき其顏そのかほといふものは、大學者だいがくしやさまがつむりうへから大聲おほごゑ異見いけんをしてくださるとはちがふて、しんからそこからすほどのなみだがこぼれて、いかに強情がうじやうまんのわたしでも、子供こどもなんぞちつとも可愛かあいくはありませんと威張ゐばつたことはれませんかつた。

  • O・ヘンリー 翻訳 山本ゆうじ「魔女のパン」石丸絹子朗読

    11.75
    Oct 18, 2017

  • 沖野岩三郎「硯箱と時計」田中智之朗読

    15.87
    Oct 12, 2017

    硯箱と時計

    沖野岩三郎

    石之助いしのすけが机にむかつて、算術をかんがへてゐますと、となりのきんさんが来て、
    佐太さださん。石さんはよく勉強するね。きつと硯箱すずりばこになりますよ。」と、言ひました。すると佐太夫は、
    「いいえ。石之助はとても硯箱にはなれませんよ。硯箱になるのは、あんたの所の茂丸しげまるさんですよ。」と、申しました。
    ふすまのこちらで、お父さまと金さんの話をきいてゐた石之助は、へんなことをいふものだなあと思ひました。
    しばらくして、金さんが帰つたので、石之助はすぐ、お父さまの所へ行つて、
    ぼくが、硯箱になれないつて、何の事ですか。」と、きいてみました。
    石之助が、あまり不思議さうな顔をしてゐるので、お父さまは、ひざをたたいて笑ひながら、
    たぬき茶釜ちやがまになつた話はあるが、人間が硯箱になつた話は、きいたことがない。こりやあ、私たちの言葉のつかひ方が悪かつた。硯箱になるのは、茂丸さんか、お前か、どつちだらうと言つたのは、かういふわけだ。」と、云つて、お父さまは、硯箱になるといふ話を説明しました。
    「石之助、お前は殿様のお名前を、知つてゐるだらう。」
    「知つてゐます。山野やまの紀伊きいかみです。」
    「さうだ。元は三万八千石の殿様で、今は子爵様だ。東京にゐらつしやる。」
    「馬に乗るのが上手でせう。」
    「その殿様は、もう、お亡くなりになつて、今は若殿様が子爵さまになつてゐられる。山野紀伊の守様が、東京へお引越になられてから、もう五十七年になる。その間に一度もこの町へお帰りにならないので、この町の人たちは、だんだんと、殿様の事を忘れてしまひさうだ。昨年若殿様が御病気なされた時、ひとりも、お見舞ひの手紙をさし上げたものがなかつた。それは町の人もわるいが、五十七年間、一度もこの町へおいでにならなかつた殿様も悪い。そこで、殿様とこの町の人たちが、もつと仲よくなるために、今年からこの町の学校を卒業する優等生に、殿様から御褒美ごはうびを下さることになつたのだ。中学校の優等生には鉄側時計、女学校の優等生には銀側時計、小学校の優等生には硯箱を下さるんだ。御定紋のついた硯箱だよ。」
    お父さまが、それだけ言つた時、石之助は、
    「わかつた、わかつた。僕その硯箱をほしいなあ。」と、云ひました。
    「うん、ほしからう。私もお前が、その硯箱をもらつてくれればよいがと思つてゐる。ところで今、六年生の一番は茂丸さんだといふぢやないか。茂丸さんは、あれは士族ぢやないんだ。出来ることなら、昔の家来であつた士族がもらひたいもんだ。ここは代代足軽といふ役をしてゐた士族だから、お前がその硯箱をもらつてくれたなら、殿様も、さぞお喜び下さるだらう。」
    お父さまの佐太夫は、さういつて涙ぐんでゐました。
    「お父さま大丈夫だ。僕、きつとその硯箱をもらつてみせる。」
    石之助は元気に、にぎりこぶしで、ひざをたたきながら言ひました。
    「さうか。そのかくごはよい。お前は茂丸さんに勝つ見こみがあるか。」
    お父さまは、心配さうに問ひました。
    「あります。僕きつと、一番になつてみせます。」
    石之助は、自信のあるやうに言ひました。
    そのあくる日から、石之助は、どうしても殿様から、硯箱をもらはなければならないと思つて、必死に勉強しはじめました。
    一月二月がすぎ、三月が来ました。卒業試験が近づいてきたのです。けれども正直に言ふなら、算術は茂丸の方がよく出来ます。習字も茂丸の方が上手です。どうも茂丸の方が一番になりさうです。だから何とかして、茂丸を二番にする方法はないものかと、考へてばかりゐました。
    茂丸は石之助よりも、からだが弱いので、あまり勉強はいたしません。お父さまの金太夫きんだいふさんが、いろいろと硯箱のことを言ひますが、茂丸はただにこにこ笑つてゐて、そんなものをほしいとも何とも言ひません。金太夫さんは、茂丸には勇気がなくていけない、やつぱり平民の子はだめだと、言つてゐました。
    いよいよ卒業試験が始まりました。ところが、二日目の算術と綴方の試験の日、茂丸はひどく熱を出したので、学校を休みました。
    石之助は試験がすむと、おうちへとんで帰りました。そして、
    「お父さま、大丈夫硯箱はもらはれますよ。」と、申しました。
    「大丈夫か。」と、佐太夫さだいふは申しました。
    「大丈夫です。今日は茂丸さんが、熱を出して休んだから、きつと僕が一番になるよ。」
    石之助は手をたたいて、ざしき中をはねまはりました。お父さんの佐太夫も喜びました。
    お隣の金太夫さんは、たうとう硯箱は石之助さんのものだと言つて、ほろほろ涙をこぼしてゐました。けれども茂丸は、
    「なあに、落第しつこはないよ。」と、言つて、おふとんの上で童話の雑誌を読んでゐました。

    卒業式の日が来ました。いろいろの式があつたあとで、山野やまの紀伊きいかみの家老を務めてゐたといふひげの白い老人が、殿様の代理で、
    「本年から優等生に、旧藩公山野子爵閣下より、御定紋付の硯箱を下さることになりました。」と、申しました。そしで、校長さまから、
    粉白石之助こしろいしのすけ……」と、呼ばれた時の石之助の喜びは、口にも筆にも現はせないほど大きなものでした。
    式が終つて、おうちへ帰りますと、佐太夫は、早速の硯箱を仏壇の前にそなへて、
    「お父さま。お母さま。おぢいさま。おばあさま。喜んで下さい。今度せがれの石之助は、殿様から御定紋付の硯箱を頂きました。どうぞ石之助をほめてやつて下さい。」と、申しました。おつ母さんも、仏壇の前でほろほろと、うれしなみだを流してゐました。

    三月の終に、石之助も茂丸も中学校の入学試験を受けました。石之助が一番、茂丸が三番で入学しました。それを見た金太夫さんは、中学校の鉄側時計も、石之助さんのものだと、思ひました。
    中学の一年から二年になる時、石之助が一番で、茂丸が五番でした。三年になつた時、石之助が一番で、茂丸が七番でした。四年になつた時、石之助が一番で、茂丸が九番でした。
    いよいよ卒業の時が来ました。卒業式には県知事さんが来ました。髯の白い家老さんも来ました。そして殿様の定紋を刻みつけた鉄側時計は、石之助に下さいました。
    町の小い新聞には、大きな活字で、石之助のことを、ほめてほめて書いてありました。
    茂丸は十番で卒業しました。身体からだが弱くて時時休んだからでした。けれども、東京へ出て、高等学校の入学試験を受けますと、石之助も茂丸も入学は出来ましたが、どうしたものか、今度は石之助が五番で、茂丸が一番でした。
    石之助は何だか、殿様に申しわけがないやうに思ひましたが、国を出る時お父さまの佐太夫から、
    「試験がすんだなら、すぐ殿様の所へ、お礼に行くんだぞ。」と、言はれてゐたので、田端たばたの丘の上にある、山野やまの子爵家に、たづねて行きました。
    表げんくわんから取次を頼みますと、ひとりの老人が出て来て、住所姓名を尋ねた上、
    「旧藩時代の御身分は。」と、むつかしいことを問ひました。そこで、石之助は、
    「おぢいさまの時まで、足軽といふ役を勤めてゐたさうでございます。」と、答へますと、
    「さうですか。では表げんくわんから、入つてはいけません。あちらの小玄関からお入り下さい。」と、申しました。
    石之助は、へんだなあと思ひながら、小玄関へ行つてみますと、短いはかまをはいた書生さんが出て来て、
    「こちらの応接室へお入り下さい。」と、言ひました。
    石之助は、ほこりまみれになつたくつをぬいで、げんくわんへ上りました。書生さんが、どあをあけてくれました。見れば応接室の奥に、色の白い青年が椅子にかけてゐました。その青年が、殿様の山野子爵だつたのです。
    石之助は顔をまつかにして、応接室へ入つて行きました。そして、硯箱と時計とのお礼を申しますと、殿様は、
    「不思議だね、ぼくはそんなものを、君にあげた覚えはありませんよ。第一僕と君とは、今はじめて会つたのではないか。」と、申しました。
    石之助は、小学校卒業の時に、硯箱をいただいたこと。中学校卒業の時に、時計をいただいたことを、申し上げますと、殿様は腹をかかへて、笑ひました。
    「僕は知らないよ。僕はそんなものを、君達きみたちにあげた覚えはないよ。多分山野家が、だんだんと、昔の家来たちに、忘れられて行くのを苦しく思つて、家令どもが、そんな事をはじめたのだらう。へえん、さうかなあ。僕の名前で硯箱だの時計だのを、君に上げたのかい。実はね、僕は身体からだがよわくて、学習院の中学部で、二度も落第したんだぜ。だから、たうとう高等部に入学できないで、かうして毎日、ぶらぶら遊んでばかりゐるんだよ。世間には、僕のやうな落第生から、賞品をもらつて喜んでゐるやつがあるのかい。」
    殿様はそんな事を言つて、また大きな声で笑ひました。
    石之助はびつくりして、ぼんやりしてゐました。すると殿様は、
    「粉白石之助君。君は今まで僕を君よりえらい人間だと思つてゐたんだらうね。昔は殿様がえらくて、足軽は、ひくい役人だつたが、今は中学の落第生よりも、高等学校の学生さんの方がえらいんだよ。だから、君の方が僕より二倍も三倍もえらいんだよ。」と、申しました。
    石之助は、ますます、びつくりするばかりでした。殿様はまた申しました。
    「君、硯箱だの時計だのを、もらひたさに、勉強するやうではだめだぜ。学問を勉強しなくてはならないよ。本当の学問を……」
    そのとき石之助は、この落第生の殿様を、何だかえらい人のやうに思ひました。
    それから石之助は、勉強の目的をかへました。今までのやうに、褒美をもらつたり、一番になつたりするための勉強ではなく、自分の志したお医者になるための学問を、必死に勉強しました。
    大学を出る時、茂丸は理科の一番でした。石之助も医科の一番でした。
    落第生の殿様は、そのころすつかり、からだが達者になつて、北海道で牧畜をして大成功してゐました。
    「殿様の牛乳配達」といふ記事が、日本中の新聞にのつたのは、二人が大学を卒業した年の夏でした。

    青空文庫より

     

  • 田山花袋「少女病」海渡みなみ朗読

    50.88
    Oct 08, 2017


  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO 西村俊彦 朗読 渡辺温「兵隊の死」


  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO 
    田中智之 朗読
    土田耕平「柿」


  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO渡辺温 アンドロギュノスの裔より 
    六本木シンフォニーサロン 第4回朗読カフェライブ


  • 青空文庫名作文学の朗読、朗読カフェSTUDIO 朗読 萩柚月 水野仙子「犬の威厳」


  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO 西村俊彦さんの朗読、梶井基次郎「桜の樹の下には」