朗読カフェメンバー情報

  • 第二回録音会郷圭子朗読「尾生の信」芥川龍之介

    尾生の信

    芥川龍之介

    尾生びせいは橋の下にたたずんで、さっきから女の来るのを待っている。
    見上げると、高い石の橋欄きょうらんには、蔦蘿つたかずらが半ばいかかって、時々その間を通りすぎる往来の人の白衣はくいの裾が、鮮かな入日に照らされながら、悠々と風に吹かれて行く。が、女は未だに来ない。
    尾生はそっと口笛を鳴しながら、気軽く橋の下のを見渡した。
    橋の下の黄泥こうでいの洲は、二坪ばかりの広さをあまして、すぐに水と続いている。水際みずぎわあしの間には、大方おおかたかに棲家すみかであろう、いくつもまるい穴があって、そこへ波が当る度に、たぶりと云うかすかな音が聞えた。が、女は未だに来ない。
    尾生はやや待遠しそうに水際までを移して、舟一艘いっそう通らない静な川筋を眺めまわした。
    川筋には青いあしが、隙間すきまもなくひしひしと生えている。のみならずその蘆の間には、所々ところどころ川楊かわやなぎが、こんもりと円く茂っている。だからその間を縫う水のおもても、川幅の割には広く見えない。ただ、おびほどの澄んだ水が、雲母きららのような雲の影をたった一つ鍍金めっきしながら、ひっそりと蘆の中にうねっている。が、女は未だに来ない。
    尾生は水際から歩をめぐらせて、今度は広くもないの上を、あちらこちらと歩きながら、おもむろに暮色を加えて行く、あたりの静かさに耳を傾けた。
    橋の上にはしばらくの間、行人こうじんの跡を絶ったのであろう。くつの音も、ひづめの音も、あるいはまた車の音も、そこからはもう聞えて来ない。風の音、蘆の音、水の音、――それからどこかでけたたましく、蒼鷺あおさぎの啼く声がした。と思って立止ると、いつか潮がさし出したと見えて、黄泥こうでいを洗う水の色が、さっきよりは間近に光っている。が、女は未だに来ない。
    尾生は険しくまゆをひそめながら、橋の下のうす暗い洲を、いよいよ足早に歩き始めた。その内に川の水は、一寸ずつ、一尺ずつ、次第に洲の上へ上って来る。同時にまた川から立昇たちのぼ※(「均のつくり」、第3水準1-14-75)においや水の※(「均のつくり」、第3水準1-14-75)も、冷たく肌にまつわり出した。見上げると、もう橋の上には鮮かな入日の光が消えて、ただ、石の橋欄きょうらんばかりが、ほのかに青んだ暮方くれがたの空を、黒々と正しく切り抜いている。が、女は未だに来ない。
    尾生はとうとう立ちすくんだ。
    川の水はもう沓を濡しながら、鋼鉄よりも冷やかな光をたたえて、漫々と橋の下に広がっている。すると、ひざも、腹も、胸も、恐らくは頃刻けいこくを出ない内に、この酷薄こくはくな満潮の水に隠されてしまうのに相違あるまい。いや、そう云う内にも水嵩みずかさますます高くなって、今ではとうとう両脛りょうはぎさえも、川波の下に没してしまった。が、女は未だに来ない。
    尾生は水の中に立ったまま、まだ一縷いちるの望を便りに、何度も橋の空へ眼をやった。
    腹をひたした水の上には、とうに蒼茫そうぼうたる暮色が立ちめて、遠近おちこちに茂った蘆や柳も、寂しい葉ずれの音ばかりを、ぼんやりしたもやの中から送って来る。と、尾生の鼻をかすめて、すずきらしい魚が一匹、ひらりと白い腹をひるがえした。その魚の躍った空にも、まばらながらもう星の光が見えて、蔦蘿つたかずらのからんだ橋欄きょうらんの形さえ、いち早い宵暗の中にまぎれている。が、女は未だに来ない。……

    ―――――――――――――――――――――――――

    夜半、月の光が一川いっせんの蘆と柳とにあふれた時、川の水と微風とは静にささやき交しながら、橋の下の尾生の死骸を、やさしく海の方へ運んで行った。が、尾生の魂は、寂しい天心の月の光に、思いこがれたせいかも知れない。ひそかに死骸を抜け出すと、ほのかに明るんだ空の向うへ、まるで水の※(「均のつくり」、第3水準1-14-75)におい※(「均のつくり」、第3水準1-14-75)が音もなく川から立ち昇るように、うらうらと高く昇ってしまった。……
    それから幾千年かを隔てたのち、この魂は無数の流転るてんけみして、また生を人間じんかんに託さなければならなくなった。それがこう云う私に宿っている魂なのである。だから私は現代に生れはしたが、何一つ意味のある仕事が出来ない。昼も夜も漫然と夢みがちな生活を送りながら、ただ、何かきたるべき不可思議なものばかりを待っている。ちょうどあの尾生が薄暮はくぼの橋の下で、永久に来ない恋人をいつまでも待ち暮したように。

    (大正八年十二月)

  • 久永 亮子朗読「笑わなかった少年」小川未明

     

  • えうれか 第二回公演岸田國士 短編四作品上演えうれか 第二回公演岸田國士 短編四作品上演

    『岸田國士 短編四作品上演』/えうれか
    2015年11月20日 12:00
    昨年出演しました団体・えうれか
    の公演に、再び出演致します。

    今回は岸田國士作品。

    えうれか 第二回公演
    『岸田國士 短編四作品上演』
    作:岸田國士
    演出:花村雅子

    :演目/出演者:

    「ヂアロオグ・プランタニエ」
    黒沢佳奈<火遊び>
    梢栄

    「命を弄ぶ男ふたり」
    大塚 公祐(劇団InnocentSphere)
    垣内 健吾

    「ぶらんこ」
    上田晃之
    佐々木史(劇団mahoroba+α)

    「恋愛恐怖病」
    西村俊彦
    大森茉利子(あやめ十八番)
    奥田一平

    舞台監督:佐藤秀憲(ステージメイツ)
    照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd)
    照明操作:吉村愛子
    音響:瀬野豪志(蘇音)
    美術:北川 聖子
    演奏:久保山有造[ヴィオラ]、山田直敬[ヴィオラ]、松岡祐子[パーカッション]
    制作/宣伝美術:森慶太(gekipon)
    当日運営にむらかおり

    :日程:

    2015年12月8日(火) ~ 12月13日(日)

    8日(火)18:30(ヂ・命・ぶ・恋) ※公開ゲネプロ
    9日(水)19:00(ヂ・命・ぶ・恋)
    10日(木)15:00 (ヂ・命)/19:30 (ぶ・恋)
    11日(金)15:00(ヂ・命)/19:30 (ぶ・恋)
    12日(土)13:00(ヂ・命・ぶ・恋)/19 :00( ヂ・命・ぶ・恋 )
    13日(日)13:00(ヂ・命・ぶ・恋)

    :会場:
    渋谷 ギャラリー・ルデコ 5階

    :料金:
    四作品上演 2,200円 /二作品上演 1,500円/公開ゲネプロ 1,000円

    ※全席自由です。先着順の入場となります。
    ※四作品上演は途中に10分の休憩が入ります。
    ※二作品上演をご覧のお客様は、他の二作品上演回を700円でご覧いただけます。


  • 朗読カフェSTUDIO 兼定将司朗読、田島 秀彦「瞳の中の子どもたち」


  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO

    兼定将司朗読「蘭丸の絵」牧野信一

  • d5e134c2

    イエローモンスター×日本芸術専門学校コラボレーション公演
    『黄色い月 レイラとリーのバラッド』
    作:デイヴィッド・グレッグ
    翻訳:油上恵子 設樂竜一 桜井久直 アマンダ・ワデル
    演出:巣山賢太郎(tarinainanika)

    :あらすじ:
    スコットランドの港町。高校生のリーとレイラ。
    ある日、リーは母親の恋人をはずみで殺してしまう。
    居合わせた自傷癖のレイラを巻き込み、幼い頃別れた父を求めて北へ逃亡する。
    雪山で森の管理人フランクに助けられ、森で暮らすことに…
    交わるはずのなかったそれぞれの時間と傷が一つの場所に引き寄せられる。
    ―行く?それとも来る?

    出演:石田博英(劇団昴)、高山佳音里(劇団昴)、西村俊彦、備本愛香、チェロ:大島純(山猫合奏団)
    演出助手:松本純一
    照明:日本芸術専門学校大森校
    音響:藤平美保子(山北音響)
    舞台監督:加賀谷崇文(劇団昴)

    :日程:2015年8月20~23日
    8月20日(木)19:30
    8月21日(金)19:30
    8月22日(土)13:30/17:30
    8月23日(日)13:30
    開場は開演の30分前です。

    :料金:
    全席自由席
    一般:3000円
    ※25歳未満:2000円
    ※ご来場の際に年齢確認出来るものをご持参下さい。
    ご予約はこちらのチケットフォームから
    または、私まで直接御連絡下さい。

    :会場:
    日本芸術専門学校大森校劇場
    〒143-0023
    東京都大田区山王2-12-13
    JR京浜東北線 大森駅西口改札より徒歩3分

    facebookページ、こりっち舞台芸術にも登録しています。
    ご利用の方は、是非是非クチコミ、いいね下さい。

  • RO-DOKU音戯草子2015
    6月28日(日)夜の部 17:00~
    有楽町ニッポン放送・イマジンスタジオ
    2015年06月13日22時53分14秒.02png_ページ_1_R
    2015年06月13日22時53分14秒.02png_ページ_2_R

  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO 持丸あい 朗読 太宰治「黄金風景」


  • 朗読カフェ  山崎雄也 朗読 梶井基次郎「桜の樹の下には」


  • 海渡みなみさんの朗読 林芙美子「絵本」

    菱田 盛之 朗読 夢野久作「きのこ会議」

    物袋綾子 朗読 新美南吉「手袋を買いに」

    久永亮子さん 朗読 立原道造「夢見たものは」
    浅井照子朗読 花岡大学「百羽のツル
    非公開