朗読カフェメンバー情報

  • 夏目漱石 「こころ」 十三 山口雄介朗読


    夏目漱石 「こころ」 十四 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」一五山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ一六」山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」一七 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」一八 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」一九 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」二〇 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」二一 二二 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」二三 二四 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」二五 二六 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」27 28 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」29 30 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」31 32 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」33 34 山口雄介朗読


    夏目漱石「こころ」35 36 山口雄介朗読

  • 今回も四人の方に録音会に出演していただきました。ありがとうございます。

     

  • 第二回録音会郷圭子朗読「尾生の信」芥川龍之介

    尾生の信

    芥川龍之介

    尾生びせいは橋の下にたたずんで、さっきから女の来るのを待っている。
    見上げると、高い石の橋欄きょうらんには、蔦蘿つたかずらが半ばいかかって、時々その間を通りすぎる往来の人の白衣はくいの裾が、鮮かな入日に照らされながら、悠々と風に吹かれて行く。が、女は未だに来ない。
    尾生はそっと口笛を鳴しながら、気軽く橋の下のを見渡した。
    橋の下の黄泥こうでいの洲は、二坪ばかりの広さをあまして、すぐに水と続いている。水際みずぎわあしの間には、大方おおかたかに棲家すみかであろう、いくつもまるい穴があって、そこへ波が当る度に、たぶりと云うかすかな音が聞えた。が、女は未だに来ない。
    尾生はやや待遠しそうに水際までを移して、舟一艘いっそう通らない静な川筋を眺めまわした。
    川筋には青いあしが、隙間すきまもなくひしひしと生えている。のみならずその蘆の間には、所々ところどころ川楊かわやなぎが、こんもりと円く茂っている。だからその間を縫う水のおもても、川幅の割には広く見えない。ただ、おびほどの澄んだ水が、雲母きららのような雲の影をたった一つ鍍金めっきしながら、ひっそりと蘆の中にうねっている。が、女は未だに来ない。
    尾生は水際から歩をめぐらせて、今度は広くもないの上を、あちらこちらと歩きながら、おもむろに暮色を加えて行く、あたりの静かさに耳を傾けた。
    橋の上にはしばらくの間、行人こうじんの跡を絶ったのであろう。くつの音も、ひづめの音も、あるいはまた車の音も、そこからはもう聞えて来ない。風の音、蘆の音、水の音、――それからどこかでけたたましく、蒼鷺あおさぎの啼く声がした。と思って立止ると、いつか潮がさし出したと見えて、黄泥こうでいを洗う水の色が、さっきよりは間近に光っている。が、女は未だに来ない。
    尾生は険しくまゆをひそめながら、橋の下のうす暗い洲を、いよいよ足早に歩き始めた。その内に川の水は、一寸ずつ、一尺ずつ、次第に洲の上へ上って来る。同時にまた川から立昇たちのぼ※(「均のつくり」、第3水準1-14-75)においや水の※(「均のつくり」、第3水準1-14-75)も、冷たく肌にまつわり出した。見上げると、もう橋の上には鮮かな入日の光が消えて、ただ、石の橋欄きょうらんばかりが、ほのかに青んだ暮方くれがたの空を、黒々と正しく切り抜いている。が、女は未だに来ない。
    尾生はとうとう立ちすくんだ。
    川の水はもう沓を濡しながら、鋼鉄よりも冷やかな光をたたえて、漫々と橋の下に広がっている。すると、ひざも、腹も、胸も、恐らくは頃刻けいこくを出ない内に、この酷薄こくはくな満潮の水に隠されてしまうのに相違あるまい。いや、そう云う内にも水嵩みずかさますます高くなって、今ではとうとう両脛りょうはぎさえも、川波の下に没してしまった。が、女は未だに来ない。
    尾生は水の中に立ったまま、まだ一縷いちるの望を便りに、何度も橋の空へ眼をやった。
    腹をひたした水の上には、とうに蒼茫そうぼうたる暮色が立ちめて、遠近おちこちに茂った蘆や柳も、寂しい葉ずれの音ばかりを、ぼんやりしたもやの中から送って来る。と、尾生の鼻をかすめて、すずきらしい魚が一匹、ひらりと白い腹をひるがえした。その魚の躍った空にも、まばらながらもう星の光が見えて、蔦蘿つたかずらのからんだ橋欄きょうらんの形さえ、いち早い宵暗の中にまぎれている。が、女は未だに来ない。……

    ―――――――――――――――――――――――――

    夜半、月の光が一川いっせんの蘆と柳とにあふれた時、川の水と微風とは静にささやき交しながら、橋の下の尾生の死骸を、やさしく海の方へ運んで行った。が、尾生の魂は、寂しい天心の月の光に、思いこがれたせいかも知れない。ひそかに死骸を抜け出すと、ほのかに明るんだ空の向うへ、まるで水の※(「均のつくり」、第3水準1-14-75)におい※(「均のつくり」、第3水準1-14-75)が音もなく川から立ち昇るように、うらうらと高く昇ってしまった。……
    それから幾千年かを隔てたのち、この魂は無数の流転るてんけみして、また生を人間じんかんに託さなければならなくなった。それがこう云う私に宿っている魂なのである。だから私は現代に生れはしたが、何一つ意味のある仕事が出来ない。昼も夜も漫然と夢みがちな生活を送りながら、ただ、何かきたるべき不可思議なものばかりを待っている。ちょうどあの尾生が薄暮はくぼの橋の下で、永久に来ない恋人をいつまでも待ち暮したように。

    (大正八年十二月)

  • 久永 亮子朗読「笑わなかった少年」小川未明

     


  • 逢魔の刻

    豊島与志雄

     昔は、逢魔の刻というのがいろいろあった。必ずしも真夜中丑満の頃ばかりでなく、白昼かっと日が照ってる時、眼に見えぬ影――魔気――が街路を通っていったり、薄暗がりの夕方、魔物が厠に潜んでいたりした。
     現在、吾々の生活にも――特に精神生活には、そういう逢魔の刻がいろいろある。「こんなことをして一体に何になるか。」というのがそれだ。物を書いたり、金儲けをもくろんだり、女と戯れたり、人類とか社会とかを考えたり、鍬を執ったり、ハンマーを振上げたり、とにかくいろんなことをしてる最中、ふと、「何になるか」というやつに出逢ったが最後、吾々の精神は白け渡って、溌剌たる生活力は萎微してしまう。
     其奴は、真理の面と詭弁の面とを二重に被ってる恐るべき魔物だ。
     この夏、或る日の午後私は、浅間山麓を迂廻してる草津旧街道の、小さな一軒の茶店に立寄った。電車や自動車が発達してからは、その旧街道を徒歩で辿るような閑な旅客は殆んどなく、野中に孤立してるその茶店に足を止めて、渋茶をすするような好奇な者はめったにない、というような慨歎を、茶店の主人は朴訥なお愛想の調子で私に話すのだった。
    「おっと……ここに一人あらあね。」
     突然大きな声で、そのあとは威勢のいい笑い声となった。
     それは、先刻から――或いはもう幾時間も前から、茶店の上り框の片隅に腰掛けて酒を飲んでる、四十四五の年配の木挽だった。
     茶店の中には、三人きりだった。木挽の言葉は私を指すのか或いは彼自身を指すのか……。腑に落ちない眼付を私は彼の方に向けた。
    「尤もおらあ、お客じゃあねえが、やはり旅の者だあね。ああどうやら、いい気持になった。こんな時には酒に限らあ。旦那も一杯いかがで……。どうもね、旦那、あっしも今日という今日は、年齢としだってことを、つくづく感じたね。」
     そこで、茶店の主人は黙りこみ、木挽が一人で饒舌り立て、私がその聴手となった。
     紺の絆纒、腹掛、脚絆、草鞋ばき、膳の上には鯣と四五本の銚子、風呂敷に包んだ大きな鋸が土間の戸に立掛けてある。そして彼は地酒の酔に日焼の顔を輝かしながら、立続けに饒舌った。その酔余の冗言を言葉通りに写せば長くなるから、概略すれば――
     彼は鋸一本で……それと腕っぷしとで、日本全国を股にかけて歩いてる独り者だった。金がある時には、温泉に浸る、女を買う、兎や山鳥を食う……。金が無くなれば、親分を頼っていって、働かして貰う。マラリアが恐いので台湾には渡らなかったが、朝鮮にはだいぶ居た事があるし、其他、南は鹿児島から北は北海道の果まで、各地を渡り歩いてるのだった。
     ところで、こんど暫く草津の湯にはいってから、小諸に仕事を求めるために、鋸をかついで街道を歩いてきた。朝のことだ。上天気だ。六里ヶ原にさしかかると、早くも秋草が咲いている。牧場の牛が群れている。浅間山の煙が真直に立っている。いい景色だ、と思うと、我知らず心が澄んで、路傍の叢に、かすかに虫の鳴く声がするようだ……。
     その時、ぽかっと、青空の下日の照る中に、数十年間の放浪の生活が――というより、そうした現在の自分自身が、無際限な時と場所とのまんなかに、小さな一点となって浮んできた。
     幻は瞬間に消えたが、彼は眼を瞬き、煙草を吸った。「一体何になるんだ。稼いで、食って、生きて……あああ。」日がかっと照ってるだけに恐ろしかった。花が咲き、虫が鳴き、牛が草食い、浅間の煙が悠長に立ち昇ってるだけに、なお恐ろしかった。
     彼は打ちのめされたような気持になって、肩の鋸も重く、首垂れて歩いた。そして茶店に飛びこんで、酒を煽った。
    「馬鹿なことを考えたもんでさあ。ねえ旦那、浅間の噴火口に飛びこむなんてのも、あんなものかも知れねえ。」そして彼はもうけろりとして、晴々とした哄笑で狭い茶店を満した。
     だが、その「何になるんだ。」という奴が、いつまた彼の前にひょっこり姿を現わさないとも限らない。其奴は、「考える葦」たる吾々人間につきものだから。
     彼がその時恐れた、野の花も、叢の虫も、牧場の牛も、浅間の煙も、日の光も、「何になるんだ。」なんてことを決して考えはしない。夢にも思ってはみないのだ。こんなことをしてそれから……そしてその先は……そして終局は、結局は、何になるんだ、とそんな無駄を考えて時間をつぶしはしない。もっと胎が据ってるんだ。
     その時茶店の中で、私は木挽に右のことを反問するのを止めて、ただ微笑を以て彼の話に答えた。もし私がその反問をしたら、彼はどういう顔付をしただろうか。一層威勢よくなっただろうか、或は全くしょげ返っただろうか、それが私には疑問である。
    青空文庫より

  • えうれか 第二回公演岸田國士 短編四作品上演えうれか 第二回公演岸田國士 短編四作品上演

    『岸田國士 短編四作品上演』/えうれか
    2015年11月20日 12:00
    昨年出演しました団体・えうれか
    の公演に、再び出演致します。

    今回は岸田國士作品。

    えうれか 第二回公演
    『岸田國士 短編四作品上演』
    作:岸田國士
    演出:花村雅子

    :演目/出演者:

    「ヂアロオグ・プランタニエ」
    黒沢佳奈<火遊び>
    梢栄

    「命を弄ぶ男ふたり」
    大塚 公祐(劇団InnocentSphere)
    垣内 健吾

    「ぶらんこ」
    上田晃之
    佐々木史(劇団mahoroba+α)

    「恋愛恐怖病」
    西村俊彦
    大森茉利子(あやめ十八番)
    奥田一平

    舞台監督:佐藤秀憲(ステージメイツ)
    照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd)
    照明操作:吉村愛子
    音響:瀬野豪志(蘇音)
    美術:北川 聖子
    演奏:久保山有造[ヴィオラ]、山田直敬[ヴィオラ]、松岡祐子[パーカッション]
    制作/宣伝美術:森慶太(gekipon)
    当日運営にむらかおり

    :日程:

    2015年12月8日(火) ~ 12月13日(日)

    8日(火)18:30(ヂ・命・ぶ・恋) ※公開ゲネプロ
    9日(水)19:00(ヂ・命・ぶ・恋)
    10日(木)15:00 (ヂ・命)/19:30 (ぶ・恋)
    11日(金)15:00(ヂ・命)/19:30 (ぶ・恋)
    12日(土)13:00(ヂ・命・ぶ・恋)/19 :00( ヂ・命・ぶ・恋 )
    13日(日)13:00(ヂ・命・ぶ・恋)

    :会場:
    渋谷 ギャラリー・ルデコ 5階

    :料金:
    四作品上演 2,200円 /二作品上演 1,500円/公開ゲネプロ 1,000円

    ※全席自由です。先着順の入場となります。
    ※四作品上演は途中に10分の休憩が入ります。
    ※二作品上演をご覧のお客様は、他の二作品上演回を700円でご覧いただけます。


  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェ第5回ライブ 岩見聖次朗読「女」芥川龍之介

    芥川龍之介
     雌蜘蛛めぐもは真夏の日の光を浴びたまま、紅い庚申薔薇こうしんばらの花の底に、じっと何か考えていた。
     すると空に翅音はおとがして、たちまち一匹の蜜蜂が、なぐれるように薔薇の花へ下りた。蜘蛛くもは咄嗟とっさに眼を挙げた。ひっそりした真昼の空気の中には、まだ蜂はちの翅音の名残なごりが、かすかな波動を残していた。
     雌蜘蛛はいつか音もなく、薔薇の花の底から動き出した。蜂はその時もう花粉にまみれながら、蕊しべの下にひそんでいる蜜へ嘴くちばしを落していた。
     残酷な沈黙の数秒が過ぎた。
     紅い庚申薔薇こうしんばらの花びらは、やがて蜜に酔よった蜂の後へ、おもむろに雌蜘蛛の姿を吐はいた。と思うと蜘蛛は猛然と、蜂の首もとへ跳おどりかかった。蜂は必死に翅はねを鳴らしながら、無二無三に敵を刺さそうとした。花粉はその翅に煽あおられて、紛々と日の光に舞い上った。が、蜘蛛はどうしても、噛みついた口を離さなかった。
    青空文庫より

  •  朗読カフェSTUDIO 青空文庫名作文学の朗読 岩見聖次朗読「沼地」芥川龍之介

    沼地
    芥川龍之介
     ある雨の降る日の午後であった。私わたくしはある絵画展覧会場の一室で、小さな油絵を一枚発見した。発見――と云うと大袈裟おおげさだが、実際そう云っても差支えないほど、この画だけは思い切って彩光の悪い片隅に、それも恐しく貧弱な縁ふちへはいって、忘れられたように懸かっていたのである。画は確か、「沼地」とか云うので、画家は知名の人でも何でもなかった。また画そのものも、ただ濁った水と、湿った土と、そうしてその土に繁茂はんもする草木そうもくとを描かいただけだから、恐らく尋常の見物からは、文字通り一顧さえも受けなかった事であろう。
    青空文庫より


  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO

    岩見聖次朗読

    「義人の姿」田中貢太郎


  • 朗読カフェSTUDIO 兼定将司朗読、田島 秀彦「瞳の中の子どもたち」