飯田桃子

  • 菊池寛「納豆合戦」飯田桃子朗読

    Aug 18, 2018

    納豆合戦

    菊池寛

    皆さん、あなた方は、納豆売の声を、聞いたことがありますか。朝寝坊をしないで、早くからをさましておられると、朝の六時か七時ごろ、冬ならば、まだお日様が出ていない薄暗い時分から、
    「なっと、なっとう!」と、あわれっぽい節を付けて、売りに来る声を聞くでしょう。もっとも、納豆売は、田舎いなかには余りいないようですから、田舎に住んでいる方は、まだお聞きになったことがないかも知れませんが、東京の町々では毎朝納豆売が、一人や二人は、きっとやって来ます。
    私は、どちらかといえば、寝坊ですが、それでも、時々朝まだ暗いうちに、床の中で、眼をさましていると、
    「なっと、なっとう!」と、いうあわれっぽい女の納豆売の声を、よく聞きます。
    私は、「なっと、なっとう!」という声を聞くたびに、私がまだ小学校へ行っていた頃に、納豆売のおばあさんに、いたずらをしたことを思い出すのです。それを、思い出す度に、私は恥しいと思います。悪いことをしたもんだと後悔します。私は、今そのお話をしようと思います。
    私が、まだ十一二の時、私のいえ小石川こいしかわ武島町たけじまちょうにありました。そして小石川の伝通院でんずういんのそばにある、礫川れきせん学校がっこうへ通っていました。私が、近所のお友達四五人と、礫川学校へ行く道で、毎朝納豆売の盲目めくらのお婆さんにいました。もう、六十を越しているお婆さんでした。貧乏なお婆さんと見え、冬もボロボロのあわせを重ねて、足袋たびもはいていないような、可哀かあいそうな姿をしておりました。そして、納豆のつとを、二三十持ちながら、あわれな声で、
    「なっと、なっとう!」と、呼びながら売り歩いているのです。つえを突いて、ヨボヨボ歩いている可哀そうな姿を見ると、大抵たいていいえでは買ってやるようでありました。
    私達は初めのうちは、このお婆さんとれ違っても、たれもお婆さんのことなどはかまいませんでしたが、ある日のことです。私達の仲間で、悪戯いたずらの大将と言われる豆腐屋の吉公きちこうという子が、向うからヨボヨボと歩いて来る、納豆売りのお婆さんの姿を見ると、私達の方を向いて、
    「おい、おれがお婆さんに、いたずらをするから、見ておいで。」と言うのです。
    私達はよせばよいのにと思いましたが、何しろ、十一二という悪戯盛いたずらざかりですから、一体吉公がどんな悪戯をするのか見ていたいという心持もあって、だまって吉公のあとからついて行きました。
    すると吉公はお婆さんのそばへつかつかと進んで行って、
    「おい、お婆さん、納豆をおくれ。」と言いました。すると、お婆さんは口をもぐもぐさせながら、
    「一銭のつとですか、二銭の苞ですか。」と言いました。
    「一銭のだい!」と吉公はしかるように言いました。お婆さんがおずおずと一銭の藁苞わらづとを出しかけると、吉公は、
    「それはいやだ。そっちの方をおくれ。」と、言いながら、いきなりお婆さんの手の中にある二銭の苞を、引ったくってしまいました。お婆さんは、可哀かあいそうに、眼が見えないものですから、一銭の苞の代りに、二銭の苞を取られたことに、気が付きません。吉公から、一銭受け取ると、
    「はい、有難うございます」と、言いながら、又ヨボヨボ向うへ行ってしまいました。
    吉公は、お婆さんから取った二銭の苞を、私達に見せびらかしながら、
    「どうだい、一銭で二銭の苞を、まき上げてやったよ。」と、自分の悪戯を自慢するように言いました。一銭のお金で、二銭の物を取るのは、悪戯というよりも、もっといけない悪いことですが、その頃私達は、まだ何のかんがえもない子供でしたから、そんなに悪いことだとも思わず、吉公がうまく二銭の苞を、取ったことを、何かエライことをでもしたように、感心しました。
    「うまくやったね。お婆さん何も知らないで、ハイ有難うございます、と言ったねえ、ハハハハ。」と、私が言いますと、みんなも声をそろえて笑いました。
    が、吉公は、お婆さんから、うまく二銭の納豆をまき上げたといっても、何も学校へ持って行って、べるというのではありません。学校へ行くと、吉公は私達に、納豆を一つかみずつ渡しながら、
    「さあ、これから、いくさごっこをするのだ。この納豆が鉄砲丸てっぽうだまだよ。これのぶっつけこをするんだ。」と、言いました。私達は二組ふたくみに別れて、雪合戦ゆきがっせんをするように納豆合戦をしました。キャッキャッ言いながら、納豆を敵に投げました。そして面白い戦ごっこをしました。
    あくる朝、又私達は、学校へ行く道で、納豆売のお婆さんに逢いました。すると、吉公は、
    「おい、誰か一銭持っていないか。」と言いました。私は、昨日きのうの納豆合戦の面白かったことを、思い出しました。私は、早速さっそく持っていた一銭を、吉公に渡しました。吉公は、昨日と同じようにして、一銭で二銭の納豆をだまして取りました。その日も、学校で面白い納豆合戦をやりました。

    その翌日です。私達は、又学校へ行く道で、納豆売のお婆さんにいました。その日は、吉公きちこうばかりでありません。私もつい面白くなって、一銭で二銭のつとだまして取りました。すると、ほかの友達も、
    おれにも、一銭のをおくれ。」と、言いながら、みんな二銭の苞を、騙して取りました。お婆さんが、
    「はい、有難うございます。」と、言っているうちに、お婆さんの手の中の二銭の苞は、見るに二つ三つになってしまいました。
    そのあくる日も、そのあくる日も、私達はこのお婆さんから、二銭の苞を騙して取りました。人のいお婆さんも、うちへ帰って売上げ高を、勘定かんじょうして見ると、お金が足りないので、私達に騙されるのに、気がついたのでしょう。そっと、交番のお巡査まわりさんに、言いつけたと見えます。
    お婆さんが、お巡査さんに言ったとは、夢にも知らない私達は、ある朝、お婆さんに出くわすと、いつもの吉公が、
    「さあ、今日きょうも鉄砲丸を買わなきゃならないぞ。」と、言いながら、お婆さんのそばへ寄ると、
    「おい、お婆さん、一銭のを貰うぜ。」と、言いながら、何時いつものように、二銭の苞を取ろうとしました。すると、丁度その時です。急に、グッグッというくつの音がして、お巡査さんが、急いでけつけて来たかと思うと、二銭の苞を握っている吉公の右の手首を、グッと握りしめました。
    「おい、お前は、いくらの納豆を買ったのだ。」とお巡査さんが、おそろしい声で聞きました。いくら餓鬼大将の吉公だといって、お巡査さんに逢っちゃたまりません。あおくなって、ブルブルふるえながら、
    「一銭のです、一銭のです。」と、泣き声で言いました。すると、お巡査さんは、
    「太いやつだ。これは二銭の苞じゃないか。この間中から、このお婆さんが、納豆を盗まれる盗まれると、こぼしていたが、お前達が、こんな悪戯いたずらをやっていたのか。さあ、交番へ来い。」と、言いながら、吉公を引きずって行こうとしました。吉公は、おいおい泣き出しました。私達も、吉公と同じ悪いことをしているのですから、みんな蒼くなって、ブルブル顫えていました。すると、吉公はお巡査さんに引きずられながら、「私一人じゃありません。みんなもしたのです。私一人じゃありません。」と言ってしまいました。するとお巡査まわりさんは、こわい眼で、私達をにらみながら、
    「じゃ、みんなの名前を言ってご覧。」と言いました。そう言われると、私達はもう堪らなくなって、
    「わあッ。」と、一ぺんに泣き出しました。
    すると、そばにじっと立っていた納豆売のお婆さんです。私達が、一緒に泣き出す声を聞くと、急に盲目めくらの眼を、ショボショボさせたかと思うと、お巡査さんの方へ、手さぐりに寄りながら、
    「もう、旦那だんなさん、勘忍かんにんして下さい。ホンのこの坊ちゃん達のいたずらだ。悪気わるぎでしたのじゃありません。いい加減に、勘忍してあげておんなさい。」と、まだ眼を光らしているお巡査さんをなだめました。見ると、お婆さんは、眼に一杯涙をたたえているのです。お巡査さんは、お婆さんの言葉を聞くと、やっと吉公の手を離して、
    「お婆さんが、そう言うのなら、勘弁かんべんしてやろう。もう一度、こんなことをすると、承知をしないぞ。」と、言いながら、向うへ行ってしまいました。すると、お婆さんは、やっと安心したように、
    「さあ、坊ちゃん方、はやく学校へいらっしゃい。今度から、もうこのお婆さんに、悪戯いたずらをなさるのではありませんよ。」と言いました。私は、お婆さんの眼の見えない顔を見ていると穴の中へでも、這入はいりたいような恥しさと、悪いことをしたという後悔とで、心のうちが一杯になりました。
    このことがあってから、私達がぷっつりと、この悪戯をめたのは、申すまでもありません。その上、餓鬼大将の吉公さえ、前よりはよほどおとなしくなったように見えました。私は、納豆売のお婆さんに、恩返しのため何かしてやらねばならないと思いました。それでその日学校から、うちへ帰ると、
    「家では、納豆を少しも買わないの。」と、おっかさんに、ききました。
    「お前は、納豆をべたいのかい。」と、おっかさんがきき返しました。
    「喰べたくはないんだけれど、可哀かあいそうな納豆売のお婆さんがいるから。」と言いました。
    「お前が、そういう心掛こころがけで買うのなら、時々は買ってもいい。お父様とうさまは、お好きなほうなのだから。」と、おっかさんは言いました。それから、毎朝、お婆さんの声が聞えると、お金をもらって納豆を買いました。そして、そのお婆さんが、来なくなる時まで、私は大抵たいてい毎朝、お婆さんから納豆を買いました。

     

  • 新美南吉「一年生たちとひよめ」飯田桃子朗読

    3.70
    Dec 12, 2017

    一年生たちとひよめ

    新美南吉

    学校へいくとちゅうに、大きないけがありました。
    一年生たちが、朝そこを通りかかりました。
    池の中にはひよめが五六っぱ、黒くうかんでおりました。
    それをみると一年生たちは、いつものように声をそろえて、ひイよめ、
    ひよめ、
    だんごやアるに
    くウぐウれッ、

    とうたいました。
    するとひよめは頭からぷくりと水のなかにもぐりました。だんごがもらえるのをよろこんでいるようにみえました。
    けれど一年生たちは、ひよめにだんごをやりませんでした。学校へゆくのにだんごなどもっている子はありません。
    一年生たちは、それから学校にきました。
    学校では先生が教えました。
    「みなさん、うそをついてはなりません。うそをつくのはたいへんわるいことです。むかしの人は、うそをつくと死んでから赤鬼あかおにに、したべろをくぎぬきでひっこぬかれるといったものです。うそをついてはなりません。さあ、わかった人は手をあげて。」
    みんなが手をあげました。みんなよくわかったからであります。
    さて学校がおわると、一年生たちはまた池のふちを通りかかったのでありました。
    ひよめはやはりおりました。一年生たちのかえりを待っていたかのように、水の上からこちらをみていました。

    ひイよめ、
    ひよめ、

    と一年生たちは、いつものくせでうたいはじめました。
    しかし、そのあとをつづけてうたうものはありませんでした。「だんごやるに、くぐれ」とうたったら、それはうそをいったことになります。うそをいってはならない、と今日きょう学校でおそわったばかりではありませんか。
    さて、どうしたものでしょう。
    このままいってしまうのもざんねんです。そしたらひよめのほうでも、さみしいと思うにちがいありません

  • 福娘童話集 青森県の民話「友助たぬき」飯田桃子朗読

    5.82
    Nov 22, 2017

    福娘童話集より