喜多川拓郎

  • 喜多川拓郎朗読宮沢賢治「いちょうの実」

    そらのてっぺんなんかつめたくてつめたくてまるでカチカチのやきをかけたはがねです。
    そしてほしがいっぱいです。けれどもひがしそらはもうやさしいききょうのはなびらのようにあやしい底光そこびかりをはじめました。
    そのがたそらした、ひるのとりでもゆかないたかいところをするどいしものかけらがかぜながされてサラサラサラサラみなみのほうへとんでゆきました。
    じつにそのかすかなおとおかうえの一ぽんいちょうのこえるくらいすみきったがたです。
    いちょうのはみんないちどにをさましました。そしてドキッとしたのです。きょうこそはたしかにたびだちのでした。みんなもまえからそうおもっていましたし、きのうの夕方ゆうがたやってきた二わのカラスもそういいました。
    「ぼくなんかちるとちゅうでがまわらないだろうか。」一つのがいいました。
    「よくをつぶっていけばいいさ。」も一つがこたえました。
    「そうだ。わすれていた。ぼくすいとうにみずをつめておくんだった。」
    「ぼくはね、すいとうのほかにはっかすい用意よういしたよ。すこしやろうか。たびてあんまり心持こころもちのわるいときはちょっとむといいっておっかさんがいったぜ。」
    「なぜおっかさんはぼくへはくれないんだろう。」
    「だから、ぼくあげるよ。おっかさんをわるくおもっちゃすまないよ。」
    そうです。このいちょうのはおかあさんでした。
    ことしは千にん黄金色きんいろどもがまれたのです。
    そしてきょうこそどもらがみんないっしょにたびにたつのです。おかあさんはそれをあんまりかなしんでおうぎがた黄金きんかみをきのうまでにみんなとしてしまいました。
    「ね、あたしどんなとこへいくのかしら。」ひとりのいちょうのおんなそらあげてつぶやくようにいいました。
    「あたしだってわからないわ、どこへもいきたくないわね。」もひとりがいいました。
    「あたしどんなめにあってもいいから、おっかさんとこにいたいわ。」
    「だっていけないんですって。かぜ毎日まいにちそういったわ。」
    「いやだわね。」
    「そしてあたしたちもみんなばらばらにわかれてしまうんでしょう。」
    「ええ、そうよ。もうあたしなんにもいらないわ。」
    「あたしもよ。いままでいろいろわがままばっかしいってゆるしてくださいね。」
    「あら、あたしこそ。あたしこそだわ。ゆるしてちょうだい。」
    ひがしそらのききょうのはなびらはもういつかしぼんだようにちからなくなり、あさ白光しろびかりがあらわれはじめました。ほしが一つずつきえてゆきます。
    のいちばんいちばんたかいところにいたふたりのいちょうのおとこがいいました。
    「そら、もうあかるくなったぞ。うれしいなあ。ぼくはきっと黄金色きんいろのおほしさまになるんだよ。」
    「ぼくもなるよ。きっとここからちればすぐ北風きたかぜそらへつれてってくれるだろうね。」
    「ぼくは北風きたかぜじゃないとおもうんだよ。北風きたかぜはしんせつじゃないんだよ。ぼくはきっとからすさんだろうとおもうね。」
    「そうだ。きっとからすさんだ。からすさんはえらいんだよ。ここからとおくてまるでえなくなるまでひといきんでゆくんだからね。たのんだら、ぼくらふたりぐらいきっといっぺんにあおぞらまでつれていってくれるぜ。」
    「たのんでみようか。はやくるといいな。」
    そのすこししたでもうふたりがいいました。
    「ぼくはいちばんはじめにあんずの王様おうさまのおしろをたずねるよ。そしておひめさまをさらっていったばけものを退治たいじするんだ。そんなばけものがきっとどこかにあるね。」
    「うん。あるだろう。けれどもあぶないじゃないか。ばけものはおおきいんだよ。ぼくたちなんか、はなでふきとばされちまうよ。」
    「ぼくね、いいものっているんだよ。だからだいじょうぶさ。せようか。そら、ね。」
    「これおっかさんのかみでこさえたあみじゃないの。」
    「そうだよ。おっかさんがくだすったんだよ。なにかおそろしいことのあったときはこのなかにかくれるんだって。ぼくね、このあみをふところにいれてばけものにってね。もしもし。こんにちは、ぼくをのめますかのめないでしょう。とこういうんだよ。ばけものはおこってすぐのむだろう。ぼくはそのときばけもののぶくろのなかでこのあみをだしてね、すっかりかぶっちまうんだ。それからおなかじゅうをめっちゃめちゃにこわしちまうんだよ。そら、ばけものはチブスになってぬだろう。そこでぼくはでてきてあんずのおひめさまをつれておしろかえるんだ。そしておひめさまをもらうんだよ。」
    「ほんとうにいいね。そんならそのときぼくはお客様きゃくさまになっていってもいいだろう。」
    「いいともさ。ぼく、くに半分はんぶんわけてあげるよ。それからおっかさんへは毎日まいにちおかしやなんかたくさんあげるんだ。」
    ほしがすっかりきえました。ひがしそらしろくもえているようです。がにわかにざわざわしました。もう出発しゅっぱつもないのです。
    「ぼく、くつがちいさいや。めんどうくさい。はだしでいこう。」
    「そんならぼくのとかえよう。ぼくのはすこしおおきいんだよ。」
    「かえよう。あ、ちょうどいいぜ。ありがとう。」
    「わたしこまってしまうわ、おっかさんにもらったあたらしい外套がいとうえないんですもの。」
    「はやくおさがしなさいよ。どのえだにおいたの。」
    「わすれてしまったわ。」
    「こまったわね。これからひじょうにさむいんでしょう。どうしてもつけないといけなくってよ。」
    「そら、ね。いいぱんだろう。ほしぶどうがちょっとかおをだしてるだろう。はやくかばんへれたまえ。もうおさまがおでましになるよ。」
    「ありがとう。じゃもらうよ。ありがとう。いっしょにいこうね。」
    「こまったわ、わたし、どうしてもないわ。ほんとうにわたしどうしましょう。」
    「わたしとふたりでいきましょうよ。わたしのをときどきかしてあげるわ。こごえたらいっしょににましょうよ。」
    ひがしそらしろくもえ、ユラリユラリとゆれはじめました。おっかさんのはまるでんだようになってじっとっています。
    とつぜんひかりのたばが黄金きんのように一にとんできました。どもらはまるでとびあがるくらいかがやきました。
    きたからこおりのようにつめたいすきとおったかぜがゴーッとふいてきました。
    「さよなら、おっかさん。」「さよなら、おっかさん。」どもらはみんな一あめのようにえだからとびおりました。
    北風きたかぜがわらって、
    「ことしもこれでまずさよならさよならっていうわけだ。」といいながらつめたいガラスのマントをひらめかしてむこうへいってしまいました。
    日様ひさまはもえる宝石ほうせきのようにひがしそらにかかり、あらんかぎりのかがやきをかなしむ母親ははおやたびにでたどもらとにげておやりなさいました。

  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェ 宮沢賢治 いちょうの実

    西村俊彦/二宮隆朗読「一人舞台」ストリンドベルヒ August Strindberg 森鴎外訳


    岡田慎平朗読 菊池寛「形」


    別役みか朗読島崎藤村「足袋」

     

  • 朗読カフェ第6回ライブ「ありときのこ」宮沢賢治 朗読喜多川拓郎 別役みか 福山美奈子

    ありときのこ

    宮沢賢治

    こけいちめんに、きりがぽしゃぽしゃって、あり歩哨ほしょうてつ帽子ぼうしのひさしの下から、するどいひとみであたりをにらみ、青く大きな羊歯しだの森の前をあちこち行ったり来たりしています。
    こうからぷるぷるぷるぷる一ぴきのあり兵隊へいたいが走って来ます。
    まれ、だれかッ」
    だい百二十八聯隊れんたい伝令でんれい!」
    「どこへ行くか」
    「第五十聯隊 聯隊本部ほんぶ
    歩哨はスナイドルしき銃剣じゅうけんを、こうのむねななめにつきつけたまま、そのの光りようやあごのかたち、それから上着うわぎそで模様もようくつのぐあい、いちいちくわしく調しらべます。
    「よし、通れ」
    伝令はいそがしく羊歯しだの森のなかへはいって行きました。
    きりつぶはだんだん小さく小さくなって、いまはもう、うすいちちいろのけむりにわり、草や木の水をいあげる音は、あっちにもこっちにもいそがしく聞こえだしました。さすがの歩哨もとうとうねむさにふらっとします。
    ひきあり子供こどもらが、手をひいて、何かひどくわらいながらやって来ました。そしてにわかにこうのならの木の下を見てびっくりして立ちどまります。
    「あっ、あれなんだろう。あんなところにまっ白な家ができた」
    「家じゃない山だ」
    「昨日はなかったぞ」
    兵隊へいたいさんにきいてみよう」
    「よし」
    二疋の蟻は走ります。
    「兵隊さん、あすこにあるのなに?」
    「なんだうるさい、帰れ」
    「兵隊さん、いねむりしてんだい。あすこにあるのなに?」
    「うるさいなあ、どれだい、おや!」
    「昨日はあんなものなかったよ」
    「おい、大変たいへんだ。おい。おまえたちはこどもだけれども、こういうときには立派りっぱにみんなのおやくにたつだろうなあ。いいか。おまえはね、この森をはいって行ってアルキル中佐ちゅうさどのにお目にかかる。それからおまえはうんと走って陸地測量部りくちそくりょうぶまで行くんだ。そして二人ともこううんだ。北緯ほくい二十五東経とうけいりんところに、目的もくてきのわからない大きな工事こうじができましたとな。二人とも言ってごらん」
    北緯ほくい二十五東経とうけいりんところ目的もくてきのわからない大きな工事こうじができました」
    「そうだ。では早く。そのうち私はけっしてここをはなれないから」
    あり子供こどもらはいちもくさんにかけて行きます。
    歩哨ほしょうは剣をかまえて、じっとそのまっしろな太いはしらの、大きな屋根やねのある工事をにらみつけています。
    それはだんだん大きくなるようです。だいいち輪廓りんかくのぼんやり白く光ってぶるぶるぶるぶるふるえていることでもわかります。

     

  • 喜多川拓郎朗読 高村光太郎 智恵子抄「レモン哀歌」

    智恵子抄

    高村光太郎

    レモン哀歌

    そんなにもあなたはレモンを待つてゐた
    かなしく白くあかるい死の床で
    わたしの手からとつた一つのレモンを
    あなたのきれいな歯ががりりと噛んだ
    トパアズいろの香気が立つ
    その数滴の天のものなるレモンの汁は
    ぱつとあなたの意識を正常にした
    あなたの青く澄んだ眼がかすかに笑ふ
    わたしの手を握るあなたの力の健康さよ
    あなたの咽喉のどに嵐はあるが
    かういふ命の瀬戸ぎはに
    智恵子はもとの智恵子となり
    生涯の愛を一瞬にかたむけた
    それからひと時
    山巓さんてんでしたやうな深呼吸を一つして
    あなたの機関はそれなり止まつた
    写真の前に挿した桜の花かげに
    すずしく光るレモンを今日も置かう

    昭和一四・二

  • 喜多川拓郎朗読「どんぐりと山猫」宮沢賢治

     
    どんぐりと山猫
    宮沢賢治
     おかしなはがきが、ある土曜日の夕がた、一郎のうちにきました。

    かねた一郎さま 九月十九日
    あなたは、ごきげんよろしいほで、けっこです。
    あした、めんどなさいばんしますから、おいで
    んなさい。とびどぐもたないでくなさい。
                    山ねこ 拝

     こんなのです。字はまるでへたで、墨すみもがさがさして指につくくらいでした。けれども一郎はうれしくてうれしくてたまりませんでした。はがきをそっと学校のかばんにしまって、うちじゅうとんだりはねたりしました。
     ね床どこにもぐってからも、山猫のにゃあとした顔や、そのめんどうだという裁判のけしきなどを考えて、おそくまでねむりませんでした。
     けれども、一郎が眼めをさましたときは、もうすっかり明るくなっていました。おもてにでてみると、まわりの山は、みんなたったいまできたばかりのようにうるうるもりあがって、まっ青なそらのしたにならんでいました。一郎はいそいでごはんをたべて、ひとり谷川に沿ったこみちを、かみの方へのぼって行きました。
     すきとおった風がざあっと吹ふくと、栗くりの木はばらばらと実をおとしました。一郎は栗の木をみあげて、
    「栗の木、栗の木、やまねこがここを通らなかったかい。」とききました。栗の木はちょっとしずかになって、
    「やまねこなら、けさはやく、馬車でひがしの方へ飛んで行きましたよ。」と答えました。
    「東ならぼくのいく方だねえ、おかしいな、とにかくもっといってみよう。栗の木ありがとう。」
     栗の木はだまってまた実をばらばらとおとしました。
     一郎がすこし行きますと、そこはもう笛ふえふきの滝たきでした。笛ふきの滝というのは、まっ白な岩の崖がけのなかほどに、小さな穴があいていて、そこから水が笛のように鳴って飛び出し、すぐ滝になって、ごうごう谷におちているのをいうのでした。
    青空文庫名よ


  • 朗読カフェSTUDIO 喜多川拓郎朗読 宮沢賢治「とっこべとら子」


  • 朗読カフェSTUDIO 喜多川拓郎朗読 宮沢賢治「注文の多い料理店」


  • 青空文庫名作文学の朗読、喜多川拓郎の朗読 宮沢賢治チューリップの幻術。


  • 朗読カフェSTUDIOメンバーによる文学作品の朗読をお楽しみ下さい
    青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO野村胡堂「銭形平次捕り物控」
    「平次女難」より 
    朗読カフェSTUDIO第4回ライブ


  • 青空文庫名作文学の朗読 朗読カフェSTUDIO宮沢賢治「まなづるとダァリア」
    第4回ライブ